牛乳を飲む健康上の利点とリスクについて

12月 25, 2019
牛乳は、天然の主要なカルシウム源の一つであり、カルシウムは、骨の形成と健康維持に不可欠な栄養素です。今回は、牛乳を飲むことの健康上の利点とリスクをご紹介します。

成長には、牛乳を飲むことが不可欠だと言われたことはありませんか?

牛乳に含まれる栄養素であるカルシウムは、骨と歯の健康維持に役立ちますが、牛乳や乳製品の消費が、特定の健康問題を引き起こす可能性があることも忘れてはいけません。

しかし全体的に見ると、やはり牛乳の消費には多くの利点があるのは間違いありません。

今回の記事では、牛乳を飲む健康上の利点とリスクについて説明します。

牛乳を飲むことの利点

牛乳を飲む健康上の利点とリスクについて 牛乳を飲む女の子

牛乳は何千年もの間、多くの国や文化で人間の食事の一部として取り入れられています。

人間は、およそ11,000年前に家畜の飼育を始め、牛乳の消費が始まったと言われています。

現在人間が消費する牛乳は、多くの場合、その組成にわずかな変動を引き起こす超高温処理で処理されます。

牛乳は、カルシウムの自然の主な供給源の1つです。

カルシウムは骨の形成と健康維持にとても大切なので、子供には牛乳が推奨されます。

またカルシウムだけでなく、その他のミネラルも含む牛乳は、「完全」な食品の一つと呼ばれることもあります。

牛乳は、バター、チーズ、ヨーグルト、クリームなどの乳製品の原料ですが、今回は、牛乳そのものに焦点を当てます。

牛乳の成分

  • 水:牛乳の80-87%は水分でできています。
  • 炭水化物:乳糖は牛乳の主な糖分です。この成分は、牛乳を飲むことが危険な理由の1つです。
  • タンパク質:牛乳のタンパク質は生物学的価値が高く、多くの必須アミノ酸が含まれています。牛乳は3-4%のタンパク質で構成されています。
  • 脂肪:これは牛乳の3〜6%を占めます。ただし、これは牛の栄養と品種によって大きく異なります。全体として、牛乳の脂肪の90%はトリグリセリドです
  • ビタミン:牛乳には多くのビタミンが含まれていますが、その中でも、ビタミンA、ビタミンD、リボフラビン(B2)、シアノコバラミン、およびチアミンが特に言及に値します。
  • ミネラル:牛乳には、カルシウム、カリウム、リン、ヨウ素、ナトリウム、塩化物、マグネシウム、亜鉛などのミネラルが含まれています。

発見:子供に一番良いのはどのミルク?

牛乳を飲むリスク

1. 乳糖不耐症

乳糖不耐性

2人に1人は乳糖不耐症だと言われており、前述したように、牛乳の主要な糖である乳糖がその原因の一つだと言われています。

乳糖不耐性であることに気づかず、牛乳の摂取を続ける人が少なくありません。

世界の人口から見ても、かなりの割合の人が乳糖不耐症です。

人間は2歳から4歳までの間に、体が乳糖の消化の原因となる酵素ラクターゼの合成を停止するため、乳糖不耐性は一般的な症状であり、病気ではないと考えられます。

乳糖不耐性の人が牛乳を飲み続けると、乳糖が消化されずに腸内に残り、結腸細菌によって発酵されます。

その結果、ガス、痛み、時には下痢を引き起こします。

2. カルシウムの吸収不良

動物性タンパク質を消費すると、血液のpHが酸性になります。

体の反応としては、骨のカルシウムの一部を使用して酸性度を中和します。

乳製品やカルシウムが豊富な食品を消費することは、骨折のリスクに対する保護因子にはならないことが一部の研究で示されています。

牛乳には必須栄養素が含まれていますが、牛乳から摂取する必要はなく、野菜などにもビタミンやカルシウムが豊富に含まれています。

ご存知ですか?:カルシウムたっぷりの植物性食品

3. アレルギーや喘息のリスクが高まる

牛乳には、母乳の3倍のタンパク質が含まれており、消化が難しいことがあります。

一部の人々は、牛乳のタンパク質(カゼインなど)が腸のリンパ管に付着し、栄養分の吸収を防ぎます。

そして、免疫系の問題、アレルギー、喘息などを引き起こす可能性があります。

結論

牛乳を摂取することで起こる健康問題を避けるためにも、乳糖不耐症かどうかを知ることが大切です。

ただし、乳糖不耐症ではない人が、適量の牛乳を飲むことは、健康に多くの利点があります。

  • García-López, R. (2011). Composición e inmunología de la leche humana. Acta Pediátrica de México.
  • Sánchez, J., Restrepo, M. N., Mopan, J., Chinchilla, C., & Cardona, R. (2013). Alergia a la leche y al huevo: diagnóstico, manejo e implicaciones en América Latina. Biomédica. https://doi.org/10.7705/biomedica.v34i1.1677
  • Negri, L. (2005). EL pH y acidez de la leche. Manual de Referencias Técnicas Para El Logro de Leche de Calidad.