非ステロイ ド抗炎症薬:アセクロフェナクの効果について

12月 31, 2019
アセクロフェナクは、リウマチ性関節炎、変形性関節症、強直性脊椎炎に起因する疼痛のエピソードを治療する際に、主に使用される非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)です。

アセクロフェナクは、リウマチ性疾患に伴う痛みと炎症の緩和に広く使用されている非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)です。

鎮痛効果、抗炎症効果、抗リウマチ効果があります。

今回の記事では、アセクロフェナクの効果について説明します。

化学的に見ると酢酸誘導体であるアセクロフェナクは、他の鎮痛薬であるジクロフェナクと似た構造をしています。

医師は、腰痛、歯痛、関節痛などの炎症や痛みを伴う症状を治療する必要がある場合や、変形性関節症、関節リウマチ、および脊椎炎などの慢性の疼痛や炎症を治療するためにアセクロフェナクを処方します。

関節リウマチとは何ですか?

非ステロイ ド抗炎症薬:アセクロフェナクの効果について 膝の関節リウマチ

関節リウマチは慢性の炎症性自己免疫疾患で、複数の関節に影響を及ぼします。

一般的な症状だけでなく非特異的な症状を引き起こす関節リウマチは、適切な治療が行われないと、患者の生活の質を著しく悪化させる、深刻な身体的制限を発症する可能性があります。

関節リウマチの症状は、痛みやこわばりを伴って現れ、小さな関節から大きな関節まで動かすことが困難になります。

関節への症状に先行して、関節リウマチの進行とともに現れる一般的な症状をご紹介します。

  • 倦怠感
  • 微熱
  • 気分が悪い
  • 食欲減少
  • 減量

これらの症状が現れることがありますが、最も一般的な症状は、やはり朝に起こる手と足のこわばりです。

関節リウマチの原因は現在の段階では不明ですが、前述したように自己免疫疾患であり、遺伝的要因や非遺伝的要因をはじめとするあらゆる要因が発症につながる可能性があります。

変形性関節症

医師は、変形性関節症にもアセクロフェナクを推奨しています。

変形性関節症は、関節軟骨を損傷するリウマチ性疾患の一つです。

関節には、滑膜が生成する滑液という液体が含まれており、関節を形成する骨は、関節軟骨で覆われています。

この軟骨が損傷を受けると、痛み、こわばり、機能障害を引き起こします。

変形性関節症の診断においては、関節炎との区別をすることが大切です。

関節炎は、軟骨の摩耗ではなく、関節の炎症が原因で発症しますが、どちらも痛みを引き起こすため、治療においてはどちらの場合にもアセクロフェナクが有効です。

こちらもご参考に:なんで変形性関節症が膝の痛みを引き起こすのだろう?

強直性脊椎炎

非ステロイ ド抗炎症薬:アセクロフェナクの効果について 脊柱

強直性脊椎炎は、脊椎および仙腸関節の炎症を引き起こす別のリウマチ性疾患です。

この病気の正確な原因は現時点では不明ですが、一部の専門家は、遺伝的要因と関連づけることができる特定のケースがあることを明らかにしています。

一般的には、思春期や若年成人期に現れ、発生率は男性の方が高くなります。

女性が発症した場合は、症状が軽くなる傾向があると言われていますが、これが診断を難しくします。

症状としては、脊椎全体や末梢関節に影響を与える腰痛のエピソードが現れ、脊椎全体や末梢関節の痛みや脊椎の硬直、可動性の喪失、進行性の関節変形を引き起こします。

アセクロフェナクの効果

薬を持つ医師の手

アセクロフェナクの抗炎症効果は、シクロオキシゲナーゼ(COX)酵素の阻害によるプロスタグランジン合成阻害によって起こる可能性があります。

プロスタグランジンは、痛みの感覚などの多くの身体プロセスに作用するタンパク質構造なので、その合成を阻害することにより、痛みの感覚が減少します。

アセクロフェナクには解熱効果もありますが、これは視床下部に対する中枢作用が引き起こす末梢血管拡張による可能性があります。

プロスタグランジンの合成を阻害することによって起こる次のような作用もあります。

  • 胃粘膜の保護の低下:アセクロフェナクは胃潰瘍を引き起こす可能性があります。
  • 腎機能障害
  • 血小板凝集の抑制

発見:イブプロフェンについて知っておくべき事

結論

アセクロフェナクは、主に関節リウマチ、変形性関節症、強直性脊椎炎によって引き起こされる痛みのエピソードの治療に使用される非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)です。

しかし他の薬物と同様に、胃腸障害やめまいなど、様々な副作用が現れる可能性があります。

この薬について質問や疑問がある場合は、必ず医師か薬剤師に相談してください。

  • Chandrasekharan, N. V. (2011). Aceclofenac. In xPharm: The Comprehensive Pharmacology Reference. https://doi.org/10.1016/B978-008055232-3.61154-7
  • Brogden, R. N., & Wiseman, L. R. (1996). Aceclofenac : A Review of its Pharmacodynamic Properties and Therapeutic Potential in the Treatment of Rheumatic Disorders and in Pain Management. Drugs Drugs.
  • Legrand, E. (2004). Aceclofenac in the management of inflammatory pain. Expert Opinion on Pharmacotherapy. https://doi.org/10.1517/14656566.5.6.1347