肥満手術後の運動について知っておくべきこと

手術後のリバウンドが怖いという方に、今回は安全に運動を行うべき理由をお伝えします。ぜひお読みください!
肥満手術後の運動について知っておくべきこと

最後の更新: 02 7月, 2022

体重を減らすために外科的手術を受けた後、身体活動を再開したり、これから始めたりすることは難しいかもしれません。しかし、少しの辛抱と忍耐があれば、達成できることにビックリすることでしょう。肥満手術後の運動について知っておく必要のあることはすべて、この記事でご紹介します。

肥満手術は、消化器系を変化させ、体重を減らすことを目的としています。胃のバイパスと他の同様の操作は、このタイプの介入の例です。

病的な肥満に悩む人や、厳しい食事制限や運動では良好な結果が得られない人が利用するのが一般的です。しかし、手術だけでは十分でなく、健康的な食事と身体活動の両方が基本的な柱になります。

肥満手術後の運動の重要性

病的な肥満に悩まされ、体重を減らすために肥満手術を受けた場合、新しい体型を維持するために定期的な運動が欠かせません。そして、運動することはより良い回復に役立ちます。

肥満手術前後の身体トレーニングの効果に関する2021年の研究では、肥満手術後の運動は状態を改善し、体重と脂肪のわずかな追加減少につながり、一方で骨の減少を防ぐことができると結論付けています。

肥満手術後 運動の重要性
肥満手術は、その後の回復時間を考慮しなければならない外科手術です

肥満手術後、いつ運動を開始できる?

手術後に運動を始めるというよりは、手術前に運動の習慣を始めていることが理想的です。専門家の中には、手術の少なくとも1ヶ月前に身体的な準備をし、約1ヶ月後に活動を再開することを勧める人もいます。

ただし、ジョギングのような無理のない運動であることが重要です。また、それぞれのケースに適した運動計画を立てることができる専門家の監督を頼りにすることも必要でしょう。

しかし、肥満手術の患者さんの多くは、運動をする習慣がありません。このような場合、少し時間がかかるかもしれません。しかし、常に長期的な視野で考え、落胆しないようにする必要があります。障壁を乗り越えて体を動かすことで、より質の高い生活を手に入れることができるのです。

こちらもお読みください:運動を始めるべき8つの理由

安全に運動を再開するために気をつけるべきポイント

肥満手術の後は、新しい体に適応しなければなりません。筋肉量は失われ、おそらく弱くなったと感じるでしょう。

手術を受ける前の体調が、運動を再開するまでの期間の判断材料になります。しかし、ひとつだけはっきりさせておきたいのは、常に身体を動かすことが大切だということです。

ここでは、安全に実施するためのコツを紹介します。

  • ゆっくり始める。術後の運動で数キロ余分に体重を減らすことができるかもしれませんが、目標は体重を減らすことではなく、維持することであることを心に留めておいてください。しかし、体重を減らすことが目的ではなく、体重を維持することが目的であることを忘れないでください。
  • 他人と自分を比べないようにしましょう。理想的な運動計画は人それぞれで、受けた手術の種類に加え、それぞれの特徴や体調によって異なる場合があります。
  • 定期的に運動する。非常に厳しいトレーニングを行うよりも、適度な頻度で活動を実施する方がよいでしょう。
  • 辛抱強くいること。急ぐ必要はなく、定期的かつ継続的に行うことが大切です。その変化は、長期的に見たときに顕著に現れます。

手術後にできる運動

定期的なトレーニングは、健康的な習慣を身につけることに加えて、肥満手術後に望ましい結果を得て維持するための最良の方法です。気分があがれば、あらゆる活動へのモチベーションも高まります。

ここでは、術後の回復の段階別にできる運動をご紹介します。

  • 第一段階。身体の状態にもよりますが、手術後数週間から1ヵ月後に始めることができます。短い日課が理想的です。短い散歩で、あまり疲労に悩まされることなく、体を動かすことができます。徐々に、緩やかなジョギングや階段の上り下りのようなアクティビティに挑戦してみましょう。
  • 第二段階。心拍数を高めるエクササイズに挑戦してみましょう。散歩の時間も長くなり、ペースも改善されます。サイクリングや水泳は、健康増進に効果的な楽しい運動です。
  • 第三段階。これは、手術後6ヶ月程度の時期です。筋肉組織を強調する必要があります。目的は、体を強化し、調子を整えることです。ジムに通ったり、ルーチンの精緻化のために専門家の助けを借りたりするのも良いでしょう。
手術後にできる運動 エクササイズ
手術前にトレーニング計画を開始することが重要です。運動することで、手術後の回復も簡単になります。

肥満手術後の運動の利点

新しい体格に順応し、より良い生活を送るためには、運動は必須です。ここでは、手術後に運動することのメリットをご紹介します。

  • より多くの体重を減らすことができる。
  • 無駄のない筋肉を維持することができる。
  • 高血圧、2型糖尿病、睡眠時無呼吸症候群など、特定の病気のリスクを軽減する。
  • 飲酒や喫煙などの有害な習慣を排除するのに役立つ。
  • 不安やストレスに対して作用する。
  • 休息に役立つ。

こちらもお読みください:パレオダイエットの初心者ガイド

良い栄養が鍵

体重を減らすために必要なのは運動だけではありません。健康的な食事が伴わなければ、良い結果が出にくいのです。つまり、理想的な体重になるための努力期間というよりは、ライフスタイルを変えることが重要だということです。

肥満手術前後の栄養と身体活動に関する研究によると、手術の件数は2011年の158,000件から2015年には196,000件に増加しました。しかし、このように侵襲的な手法が増えたからといって、不健康な習慣がなくなるわけではなく、元の生活習慣に戻り、結果が出なくなった人も多いということなのです。

短期間でこれだけの体の変化があれば、新しい生活がゆるぎなく始まります。過剰な体重のためにできなかった活動を楽しむためのエネルギーに満ちた人生にするかどうかは、あなた次第です。

定期的に運動し、適切な食事をとり、肥満手術後にしっかり休息をとることで、体調を維持することができます。提案された目標を達成するために、忍耐強く、専門家の指示に注意を払いましょう。

こちらの記事もおすすめです。

肥満の予防に役立つ食品のタイプとは?
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
肥満の予防に役立つ食品のタイプとは?

肥満を予防するためには、バランスの取れた健康的な食事と定期的な運動計画に従うことが大切です。食事と運動のどちらも、専門医の指導のもとで行う必要があります。ただし、厳しい制限のある食事療法は、決して健康的ではないことを忘れないようにしてください。



  • Bellicha A, van Baak MA, Battista F, Beaulieu K, Blundell JE, Busetto L, Carraça EV, Dicker D, Encantado J, Ermolao A, Farpour-Lambert N, Pramono A, Woodward E, Oppert JM. Effect of exercise training before and after bariatric surgery: A systematic review and meta-analysis. Obes Rev. 2021 Jul;22 Suppl 4(Suppl 4):e13296. doi: 10.1111/obr.13296. Epub 2021 Jun 3. PMID: 34080281; PMCID: PMC8365633. Disponible en: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34080281/
  • Tabesh MR, Maleklou F, Ejtehadi F, Alizadeh Z. Nutrition, Physical Activity, and Prescription of Supplements in Pre- and Post-bariatric Surgery Patients: a Practical Guideline. Obes Surg. 2019 Oct;29(10):3385-3400. doi: 10.1007/s11695-019-04112-y. Erratum in: Obes Surg. 2020 Feb;30(2):793. PMID: 31367987. Disponible en: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31367987/