皮膚炎の症状を緩和する自然療法

· 2月 6, 2019

皮膚炎や湿疹は、ほとんどの場合、皮膚の腫れ、乾燥やかゆみをひき起こします。

体の中でも以下の部分によく発生します。

  • 肘の内側
  • 膝の裏
  • 手と足

さらにかゆみから患部を掻くことで、いわゆる「引っかき傷」が患部を広げる原因になります。

皮膚炎のタイプはその特徴によって以下のように分類することができます:

  • アトピー性皮膚炎:アトピー性皮膚炎にはいくつかの種類がありますが、一般的にはかゆみ、赤み、そしてかさぶたなどが肌にできます。アトピー性皮膚炎の治療は、必ず医師に相談の上で行ってください。
  • 脂漏性皮膚炎:脂漏性皮膚炎は皮膚がうろこ状になる皮膚炎で、通常は頭皮や顔などに現れますが、フケと混同しないように気をつけてください。
  • 接触性皮膚炎:接触性皮膚炎は、皮膚が何らかの異物と接触することで怒る皮膚の炎症です。

これらのほとんどが一般的な症状であり、症状を予防・緩和する自然療法があります。

ただし、皮膚炎をすでに発症している場合は、自然療法を試す前に必ず医師に相談してください。

ハチミツ

ハチミツ

抗菌作用のあるハチミツは、湿疹などをはじめとする皮膚炎の症状を緩和するのに役立つと言われています。

材料

  • ハチミツ 大さじ4(100g)

使用方法

  • 円を描くようにハチミツを患部に塗ります。
  • 2時間そのままにしてハチミツを浸透させます。
  • たっぷりの水で洗い流した後、自然乾燥させてください。

こちらも記事もご覧ください:ハチミツの6つの効能

オリーブオイル

オリーブオイルの持つ保湿効果などの特性が、皮膚炎の症状を緩和するのに役立つと言われています。

  • 湿疹による炎症を緩和するのに役立つと言われるオリーブオイルは、表皮の深くまで浸透しアレルギー反応を起こすことなく肌を引き締めながら柔らかくします。
  • ビタミンEとオメガ3脂肪酸が含まれているオリーブオイルは、肌の潤いを保ちながら乾燥を防ぎます。
  • 抗炎症性および抗酸化性化合物であるスクアラネルとオレオカンタルを含んでいます。
  • チロソールとベータシトステロールにより、炎症性化合物の生産を最小限に抑えます。
  • 皮膚の細菌の量を減らします。

材料

  • オリーブオイル 大さじ4(60ml)

使用方法

  • オリーブオイルを肌に塗ります。清潔なタオルを使って円を描くように優しくマッサージしながら塗り込みます。
  • 最良の効果を得るために、2時間このままにしておくことが大切です。
  • 時間が経過したらたっぷりの冷水で洗い流し、自然乾燥させてください。

この記事もご参考に:エキストラバージン オリーブオイル の驚きの活用法10

アップルサイダービネガー

抗菌作用があることでも知られる酢を、湿疹や皮膚炎の自然療法薬として利用すると、症状が悪化するのを防ぐだけでなく、将来的に新たな皮膚炎が発生するのを予防する効果も期待できます。

材料

  • アップルサイダービネガー 大さじ4杯(60 ml)

使用方法

  • アップルサイダービネガーを患部に塗布します。清潔なタオルを使って塗布することもできます。
  • 2時間そのままにしてください。
  • たっぷりの冷水で洗い流し、自然乾燥させてください。

オレンジなどの柑橘系果物

オレンジなどの果物は、体内で放出されるヒスタミンの量を減らす効果があると言われるビタミンCを大量に含んでいます。

ヒスタミンとは、アレルゲンに直面したときに体が放出する化合物ですが、これが過剰反応することで、皮膚炎が発症するため、アトピー性湿疹を発症している人にとっては効果を発揮すると考えられています。

材料

  • オレンジ
  • クレメンタイン(小型のオレンジ)
  • グアバ

使用方法

  • オレンジ、クレメンタイン、またはグアバを食べると、湿疹の症状を防ぐのに役立ちます。
  • 食後にこれらの果物のどれか1個を食べると良いでしょう。

アロエ

アロエベラ

アロエベラの持つ抗炎症作用と抗微生物作用により、湿疹をはじめとする皮膚炎による刺激を軽減するのに役立ちます。

また皮膚炎による暗めの傷跡や皮膚の変色などにも効果があると考えられています。

材料

  • アロエベラのゲル(15ml)

使用方法

  • 通常の湿疹がある部分にアロエベラのゲルを塗ります。
  • 指先を使って円を描くように塗布してください。
  • 20時間そのままにした後、たっぷりの冷水で洗い流します。
  • Lera Imbuluzqueta, J. M., Bernad Alonso, I., Ivars Lleó, M., & España Alonso, A. (2014). Dermatitis de contacto. Medicine (Spain). https://doi.org/10.1016/S0304-5412(14)70703-6
  • Maibach, H. (1980). Dermatitis de Contacto. Archives of Dermatology. https://doi.org/10.1001/archderm.1980.01640340112031
  • Arribas, M. P., Soro, P., & Silvestre, J. F. (2013). Dermatitis de contacto alérgica por fragancias. Parte II. Actas Dermo-Sifiliograficas. https://doi.org/10.1016/j.ad.2012.03.005
  • Rodríguez M. (2003). Dermatitis de contacto irritativa profesional: causas, prevención y tratamiento. Piel. https://doi.org/10.1016/S0213-9251(03)72695-1