ヘルシースープの作り方

· 7月 23, 2016
スープはホッと心までも温まる美味しい料理であるというだけでなく、病気の時にもお勧めです。病気と闘う体に栄養と水分を補給してくれるのです。

長い一日を終え家に帰ってくる・・・そんな時に体も心も温めてくれる熱いスープがあればホッとしますね。

スープは美味しいだけでなく、栄養価も高く、おそらく食べると幼い頃を思い出す人も多いかと思います。

今日は、スープを飲むことの利点とヘルシーなスープの作り方について見ていきましょう。

スープが体に良い理由

寒い時や病気になった時、家族で囲む食事…スープは様々な場面で使える料理です。

スープは昔から受け継がれてきた

2-vegetable-soup

スープは、時代を超えて世界中で作られてきた料理です。スープが初めて歴史に登場したのはなんと旧石器時代だということを知っていましたか?フランスのレゼジー‐ド‐タヤックの洞窟には、スープを作っている人々を表す洞窟壁画が残されているのです。

しかし、そこまで歴史を遡る必要はありません。子供の頃、お母さんやおばあちゃん、おばさんが作ってくれた温かいスープの思い出が皆さんにもあるではないでしょうか。日本人なら味噌汁や、それぞれの家庭ならではの具だくさんの自慢の汁物があるでしょう。

スープは誰にでも食べやすい

野菜たっぷりのスープは幼児、子供、大人、お年寄り・・・あらゆる年代の人にぴったりです。心まで温まるような美味しいスープは特に秋冬の寒い時期に最高ですよね。

だからこそ、ディナーコースの中では最初にスープが出されることが多いのです。美味しいスープがあれば、家族みんなが集まって笑顔になるのではないでしょうか。

スープは栄養価満点

栄養面から見てみると、スープにはビタミンやタンパク質が豊富に含まれています。野菜で作られることが多いですが、牛肉や鶏肉、魚、パスタ、米などを加えても美味しくいただけます。一つの料理で様々なグループの食物が食べられるのです。

スープは体に水分を補給する

3-soup

熱があって体が辛い時、医師はスープを飲むように勧めます。水分やミネラルがしっかり摂れるため、体が脱水症状になるのを防ぎます。

スープは低カロリー

もちろん、低カロリーにしようと思うなら、スープは野菜と水だけで作りましょう。例えばパスタなど、炭水化物や脂肪分の多い食材は加えてはいけません。野菜だけのスープはそのボリュームに対し、非常に低カロリーです。

低カロリーであるということに加え、スープを飲むと満腹感が得やすく間食防止になるため、ダイエット中の方にもお勧めです。

スープは消化に良い

スープに入れる野菜は、既に細かく切られているかブレンドされているため、消化しやすくなっています。したがって幼児やお年寄りにお勧めなのです。

スープは薬の働きもする

4-bean-soup

栄養たっぷりのスープを飲むと、冬の間の風邪やインフルエンザの予防となります。例えばチキンスープは、欧米諸国では風邪の時に飲む自然療法として受け継がれています。チキンスープには抗菌作用、抗炎症作用があるからです。

スープは安く作れる

最後に、スープはとても簡単に作ることができ、またその材料も特別なものではありません。棚を開けてスパイスを取り出し、冷蔵庫の残り物と水でできてしまう場合もあるでしょう。

最高のスープを作るには?

スープのレシピは数え切れないほどあり、その多くは何十年も昔から、母から子へと代々受け継がれてきたものです。 今日は”基本的な”レシピをご紹介します。

材料

  • タマネギ
  • 赤や緑のパプリカ
  • ニンジン
  • セロリ
  • リーク
  • ニンニク
  • パセリ

その他お好みで何でも加えることができます。

  • トマト
  • ジャガイモ
  • ズッキーニ
  • フェンネル
  • 不断草(チャード)
  • ほうれん草

 

5-soup-and-bread

香辛料もお忘れなく!

  • タイム
  • オレガノ
  • 月桂樹
  • オリーブオイル

さらに追加するなら

  • パスタ
  • 牛肉
  • 鶏肉
  • マッシュルーム

スープは様々な種類があります。

ジュリエンヌ

このレシピは野菜の切り方(ジュリエンヌ=千切り)から名付けられています。ビタミン、食物繊維、カルシウムが豊富な色鮮やかなスープです。

野菜をチキンやビーフなどのブロス(だし汁)で柔らかくなるまで煮ます。米やパスタを加えてもよいでしょう。

クリーム

クリームスープを作るには、材料をソースパンに入れる前にちょっとしたプロセスが必要となります。まずは野菜をブレンダーにかけましょう。牛乳などを加えることもできます。セモリナ粉を加える人もいます。

ソテー

6-mushroom-soup

野菜を切った後、煮込む前にまず少量のオリーブオイルでソテーします。その後、水かチキン、ビーフなどのブロスを加え、ゆっくりと煮込みましょう。

単一材料

クリーム状、千切り、みじん切りなどお好みで野菜を下準備しますが、使う野菜は一種類のみです。例えば、カボチャ、トマト、ジャガイモなどが適しているでしょう。

冷製スープ

7-chicken-soup

冷静スープは暑い夏の時期にお勧めです。寒い季節が来るまで待てないというスープが大好きな方にもぴったりです。ビーツやキュウリなどでスープを作り、冷たく冷やしていただきましょう。

固形ブイヨンについて

スープに固形ブイヨンを加えることについては、賛否両論に分かれています。

固形ブイヨンにはたくさんの塩分が含まれているということは事実です。しかし、スープだけでなく様々な料理の味に深みを出してくれるという点も忘れることができないでしょう。

ブイヨンを使わずに、乾燥野菜など別の方法に置き換えているという人もいます。高血圧や腎臓系の病気のある方は、ブイヨンを使うかどうかまず主治医に相談してみましょう。