片頭痛の原因、症状、診断、そして治療法について

8月 28, 2019
今回の記事では、片頭痛について知っておくべきことが見つかります!

定期的に片頭痛に悩む人が多くいます。

神経障害である片頭痛は、私たちの生活の質に悪影響を与え、気分が低下するだけでなく、うつ症状や孤独を感じる人もいます。

本記事は、片頭痛の原因、診断、そしてその治療法についてご紹介します。

片頭痛とは何ですか?

片頭痛は、重度の頭痛を特徴とする神経障害で、ストレス、緊張、または不安に起因することが多いと考えられています。

片頭痛の症状 片頭痛 原因

片頭痛は、頭の片側または両側に局所的な痛みを伴って発生しますが、その痛みは患者が完全に無力化するほどだと言われています。

一般的には、成人女性の約18%、そして成人男性の約6%が片頭痛に悩まされているという統計があります。

片頭痛の「前兆」として知られる頭痛は、視力に関する症状から始まり、閃光や盲点などの感覚障害が現れると、これらの症状が通常10〜30分続きます。

こちらもご参考に:読む:5つのおいしいスムージーで自然に片頭痛と戦う方法

片頭痛の原因

片頭痛に苦しむ人々は、一般的にさまざまなタイプの痛みを経験する傾向があり、一生を通じて、片頭痛に起因する痛みに苦しむこともあります。

つまり、片頭痛の原因を知ることはとても大切で、痛みを緩和したり解消するためには原因の特定が先決です。

片頭痛の引き金になると考えられているものをご紹介します:

  • 喫煙と飲酒
  • ストレス
  • 睡眠障害
  • 強い臭気
  • 急激な気候変動
  • 特定の食品(MSG、人工甘味料、大豆、乳製品、カフェイン、チョコレート、柑橘類、バナナ、アボカドなど)の摂取
  • 明るい光への過度の露出
  • 処方薬の副作用

片頭痛の症状

片頭痛の症状には特徴があり、多くの場合は認識が可能です:

主な症状

  • 頭、首、顔の筋肉から広がる激しい頭痛:この痛みは4〜72時間続くことがあります。
  • 吐き気と嘔吐
  • 羞明または音恐怖症:片頭痛は、光と音に対する過敏症を引き起こします。
  • 青白い皮膚
  • 疲労感
  • 動悸

視覚的な症状

  • 閃輝暗点、目のチカチカ、ギザギザの線、部分的な視力喪失、視野の欠け、目の痛み

心理的な症状

  • ストレス、不安、不眠症、うつ病、さらには緊張感や攻撃性など

ここまででわかるように、片頭痛の症状が現れると、日常生活を送ることが困難になります。

また以下のような一般的ではない症状が現れることもあるため、注意が必要です。

  • めまい
  • かゆみ、うずき、くすぐったい感覚
  • 不随意の体の動き
  • 不明瞭な会話

片頭痛の診断

片頭痛の診断法 片頭痛 原因

診断は主に、患者の症状に基づきます。

そのため、患者が医師に提供する情報がとても重要な役割を果たします。

神経科に行く必要はほとんどありませんが、片頭痛が他の病気の兆候であるという病理が疑われている場合にのみ、MRIおよびCATスキャンといった画像を用いた検査が行われます。

こちらもご参考に:アメリカ食品医薬品局が片頭痛予防薬を承認

片頭痛の治療法

片頭痛の治療には、薬理学的治療と自然療法の二つがあります。

薬理学的治療

使用する薬物は片頭痛の原因によって異なります。

  • 鎮痛剤およびイブプロフェン、アスピリン、パラセタモールなどの抗炎症薬:これらの薬は軽度または中程度の片頭痛に対してのみ有効であることが証明されています。
  • 制吐剤:片頭痛に伴う嘔吐や吐き気を抑えるために使用されます。
  • 降圧薬:高血圧によって片頭痛が起こる場合に使われる薬です。
  • 抗うつ剤:うつ病や緊張感によって起こる片頭痛や頭痛に最適です。

自然療法

片頭痛を緩和するための自然療法は、患者の食生活と大きな関わりがあります。

  • 天然の食材の摂取を増やし、加工製品(ペストリーやお菓子、スナック菓子、調理済み食品など)の摂取を極力減らすことが不可欠です。
  • グルテン不耐性や乳糖不耐症をはじめとする食物不耐症がある人は、不耐性を発症する原因を取り除くことが大切です。

自然療法では、ホルモン、肝機能、腎臓と腸、感情面などに関連して起こる症状を治療し、健康全般を維持することに焦点を置きます。

鍼療法、ホメオパシー、磁石療法、および色彩療法は、様々な手法の中でも良い効果が現れると言われています。

  • Carod-Artal, F. J., Irimia, P., & Ezpeleta, D. (2012). Migraña crónica: definición, epidemiología, factores de riesgo y tratamiento. Rev Neurol, 54(1), 629-37.
  • Pascual, J. (2001). Migraña: diagnóstico y tratamiento. Medicina clínica, 116(14), 550-555.
  • Pedra, M. P. (1992). Influencia del estrés en el padecimiento de la migraña. Anuario de psicología/The UB Journal of psychology, (54), 97-108.