変形性斜頭症の予防と治療法について

4月 4, 2020
変形性斜頭症は、治療をせずに成長すると子供の自尊心を妨げ、小児期と青年期の精神状態に影響を与える可能性があります。今回の記事では、その詳細と予防方法、そして治療法について説明します。

変形性斜頭症は、最も一般的な頭蓋の変形です。

一般的には、赤ちゃんの頭蓋骨の非対称的な歪みなどが起こり、頭蓋骨は後(後頭)領域で平らなひし形になります。

変形性斜頭症は純粋に審美面での問題であり、赤ちゃんの知的発達には影響しません。

発生率が高く、その原因は主に赤ちゃんが寝ている姿勢です。たとえば、赤ちゃんが常に仰向けに寝ている場合や、頭が常に同じ側に傾いている場合に発生する可能性があります。

しかし、出生時に変形性斜頭症をすでに発症している場合があり、この場合は、母親の骨盤が狭くなっていたことが原因で起きた出産時の合併症が原因である可能性があります。

今日の記事では、変形性斜頭症を予防する方法と治療法について説明します。

変形性斜頭症はなぜ起こるのですか?

変形性斜頭症は、赤ちゃんの頭蓋骨にかかる圧力が原因で、胎児の発育中、出産時、または出産後に発生することがあります。

欧米ではうつぶせ寝の文化がありましたが現在は、小児科医が赤ちゃんが寝るときに赤ちゃんを仰向けの姿勢にするようにアドバイスしているため、変形性斜頭症の発生率が著しく増加しました。

仰向け寝の推奨は、赤ちゃんが寝ている時に起こる可能性がある、乳幼児突然死症候群を防ぐためです。

しかし頭蓋骨という観点からは、頭蓋骨の同じ領域に連続的な圧力を加え、最終的にそれを変形させる原因となります。

同様に、ベビーカーやカーシートなども変形性斜頭症の発生率の増加の原因となっていると考えられています。

変形性斜頭症の予防と治療法について 母親と赤ちゃん

変形性斜頭症を引き起こす可能性のある状況は次のとおりです。

  • 早産
  • 先天性の筋肉斜頸:赤ちゃんが常に頭蓋骨の同じ面に休むことになります。
  • 子宮内の不適切な位置
  • 出産時の外傷

続きはこちらから:着床前遺伝子診断ってなんですか?:メリットと倫理の関係

変形性斜頭症の症状

これは主に審美的な問題であり、赤ちゃんの知的発達を損なうものではありません。

ただし、顔面および頭蓋の非対称性につながるため、誰の目からもわかる可能性があります。

変形性斜頭症が、子供の将来の自尊心を損なう原因になる可能性があるため、赤ちゃんの頃に予防や治療を行うように、親がしっかりと理解して対策を講じることが大切です。

変形性斜頭症の予防

赤ちゃんは仰向けに寝る必要があるため、頭の姿勢が変わるように動かす必要があります。理想的には、寝ているときにサポートをする側を左右交互に切り替えます。

医師は、子供が起きている間ならば、うつ伏せになる時間を推奨しています。

英語で「タミータイム」と呼ばれるうつ伏せの時間は、赤ちゃんの運動能力を伸ばす良い方法です。

ただし、うつ伏せは赤ちゃんが起きている間にだけ行いましょう。

親は、赤ちゃんを自分の胸、ベッド、またはその他の快適な表面にうつ伏せにしてください。赤ちゃんの筋力強化にも役立ちます。

赤ちゃんをうつ伏せにしているときは、安全のため、常に赤ちゃんを観察してください。

ただし、同じ姿勢で長時間頭を支えるのは避けてください。

赤ちゃんを腕に抱っこするか、頭蓋骨に圧力をかけない椅子に入れるなどで、頭に力がかからないようにしながら姿勢を変えます。

カーシートなどは、赤ちゃんを同じ姿勢に保つことになるため、必要ないときは使用しないでください。

使用する必要がある場合は、できる限り休憩を取り、位置を変えるのに役立ててください。

また、赤ちゃんと遊ぶことで様々な姿勢を経験させましょう。

ベビーベッドの反対側におもちゃを置くと、赤ちゃんを頭を動かしておもちゃをとる必要があります。

また、マットレスを少し傾ける方法もあります。

こちらもご参考に:最適なおしゃぶりの選び方

変形性斜頭症の治療

変形性斜頭症の予防と治療法について 赤ちゃんのお世話

治療は、予防策などが効果的に機能しなかった場合にのみ適用されます。

まず、頭蓋骨に適度な圧力をかけるための専用のヘルメットを作って着用します。

これは、変形した側に形が寄るのを防ぎます。

矯正頭蓋形成システムである専用のヘルメットは、赤ちゃんが生後3か月になった頃から使用できます。

これは医師が頻繁に診察と確認を行う必要があります。

医師は重症の場合にのみ手術に頼ります。予防策や治療法が効果を発揮しない場合の最後の手段としてのみ、手術に頼ります。

結論として

変形性斜頭症を予防するためには、予防措置に従う必要があります。

審美面での問題ですが、赤ちゃんが将来自尊心を失わないようにするためにも、シンプルながら重要な予防法に従いましょう。

何か疑問点がある場合や異常が見られる場合は、小児科医に相談してください。

小児科医は、赤ちゃんの助けになる治療法や予防法を提案するでしょう。

  • Deformidades de la cabeza: la plagiocefalia postural | EnFamilia. (n.d.). Retrieved May 29, 2019, from https://enfamilia.aeped.es/temas-salud/plagiocefalia-postural
  • PLAGIOCEFALIA. Tratamiento niños de Plagiocefalia, braquicefalia y escafocefalia. (n.d.). Retrieved May 29, 2019, from http://www.plagiocefalia.es/
  • Vergara-Acevedo, S. E., & Criales-Cort??s, J. L. (2001). Plagiocefalia. Gaceta Medica de Mexico, 137(4), 371–372.
  • Esparza, J., Hinojosa, J., Muñoz, M., Romance, A., García-Recuero, I., & Muñoz, A. (2014). Diagnóstico y tratamiento de la plagiocefalia posicional. Protocolo para un Sistema Público de Salud. Neurocirugía, 18(6), 457–467. https://doi.org/10.1016/s1130-1473(07)70252-x