着床前遺伝子診断ってなんですか?:メリットと倫理の関係

8月 22, 2019
着床前遺伝子診断をご存知ですか?本記事で詳しくご紹介したいと思います。

着床前遺伝子診断(PGD)は、女性が自然妊娠できない場合に行われる人工授精とも呼ばれる生殖補助医療の際に任意で行われます。

今回の記事では、着床前遺伝子診断(PGD)についてご説明します。また、この方法が妊娠にどう役立つのか、そして妊娠の成功を確実にするために医師が行う方法をご説明します。

着床前遺伝子診断とは何ですか?

人工授精

着床前遺伝子診断は、基本的に卵子と胚を研究することです。これは、着床後に中絶につながる可能性のある胚の移植や、完全に健康ではない卵子と胚を避けるために行われます。

自然な妊娠の場合は、健康な胚と不健康な胚を選択することはできませんが、この着床前の遺伝子診断により、赤ちゃんがダウン症候群やターナー症候群などで生まれるのを防ぐという利点があります。

こちらもご参考に:性別の遺伝的起源:XとYの染色体

診断法

女性の子宮に卵子を移植する前に、医師は着床前の遺伝子診断を行います。

  • 体外受精を実行する際に、ガラスカプセルに受精卵を入れます。
  • 3〜5日間、どのように成長しているかを分析します。
  • 医師は各胚の生検を行い、遺伝的な問題があるかを検査します。
  • 医師は最大3つの健康な胚を選択し、女性の子宮に移植します。

この診断の利点

着床前遺伝子診断の利点

深刻な遺伝病などを持つ家族がいる人や、本人が遺伝病を発症している場合に特に効果を発揮する方法です。

また、女性が自然に妊娠できない場合にのみ実施すると考えられますが、実際には、遺伝する病気を発症する家族の病歴がある人にも活用できる方法です。

人生を変えるような、遺伝性疾患のない健康な胚を選ぶことができるため、医療専門家が推奨する方法でもありますが、まだ議論を呼ぶトピックでもあります。

流産のリスクを軽減するために横を向いて寝よう!

着床前遺伝子診断の倫理

胚の処分に関しては倫理的に反対する意見があります。

人間の胚の持つ個人的な尊厳を心配し、物事の自然な秩序を維持するように主張する人もいる一方で、着床前の遺伝子診断は医療専門家が遺伝的変化のない最も健康な胚を選択できるため、必要な医療行為だと考える人もいます。

どちらの意見にせよ、心に留めておく大切な議論であることは間違いありません。

賛否両論があるものの、生まれてから数時間しか生きられないような遺伝性疾患を予防する効果や、遺伝する病気を発症している女性が母親になるのを可能にしています。

家族が変性疾患が発生した場合、本記事でご紹介した着床前遺伝子診断を受けますか?

  • Alvarado Marambio, José Tomás, & Santos Alcántara, Manuel J.. (2018). Ethical Problems with the Preimplantation Genetic Diagnosis of Human Embryos. Acta bioethica, 24(1), 75-83. https://dx.doi.org/10.4067/S1726-569X2018000100075
  • López, Paul W., López, Rosmary, Noriega, Luis G., & Sepúlveda, Soledad. (2013). Diagnóstico genético preimplantacional: análisis de aneuploidías únicas. Anales de la Facultad de Medicina, 74(1), 11-14. Recuperado en 19 de abril de 2019, de http://www.scielo.org.pe/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1025-55832013000100003&lng=es&tlng=es.
  • Moya-González, Marina, & Ramón-Fernández, Francisca. (2018). El diagnóstico genético preimplantacional: aspectos jurídicos en el derecho español. Revista de Derecho Privado, (34), 87-121. https://dx.doi.org/10.18601/01234366.n34.04