最適なおしゃぶりの選び方

20 2月, 2020
おしゃぶりの使用には、賛否両論があります。でも、もし使うことに決めたなら、最適なおしゃぶりの選び方を知っておきましょう!

赤ちゃんが生まれたばかり、またはもうすぐ生まれてくる場合、「どうやっておしゃぶりを選べばいいんだろう?」と疑問に思うかもしれません。おそらく、おしゃぶりの品質は心配だと思います。でも、実にいろんな種類が売られているので、選ぶのだって難しいですよね。

いわゆる専門家たちの意見はどうなのでしょう?

この記事では、赤ちゃんに最適なおしゃぶりの選び方に関するヒントをお伝えします。子どもの健康に1番なものを与えるためには、最新情報を入手することが重要です。

おしゃぶりは使っていいの?

おしゃぶりを買う前に、そもそもおしゃぶりを買うべきかどうかを考えなければなりません。赤ちゃんに関することはどれもそうですが、おしゃぶりも多くの議論の対象です。

おしゃぶりは、赤ちゃんにとって快適さの源であるため、世界中で使われています。しかし、その形状、素材、さらには使用時間についても、さまざまな意見があります。

こちらもお読みください:赤ちゃんと長旅をする時のコツ

一般的に、おしゃぶりの最大のセールスポイントは、赤ちゃんを落ち着かせる効果にあります。一部の人々は、おしゃぶりで乳幼児突然死症候群のリスクを減らすことができるとさえ主張します。

逆に、反対派は、食べ物でないものを吸引する習慣が母乳育児に害を及ぼす可能性を主張しています。おしゃぶりは、とりわけ、歯の奇形、急性再発性中耳炎、および事故のリスク増加とも関連している、との主張もあります。

一般的な推奨事項

最適なおしゃぶり 赤ちゃん
おしゃぶりで一般的に同意されていることは、生後1歳を超えて使わない、ということです。

広く議論されていますが、おしゃぶりに関して3つの重要な点については一般的に同意されています。

  • 生後15日間は、おしゃぶりを赤ちゃんに与えない。
  • 生後8か月から徐々に使用を制限する。
  • 1歳からは完全に使用を止める。

赤ちゃんに最適なおしゃぶりを選ぶ方法

まず、赤ちゃんに最適なおしゃぶりを選ぶ前に、年齢、母乳育児が困難かなど、いくつかの要因を考慮する必要があります。

形状と材料に関しては、いくつかのガイドラインがあります。詳しくは後ほど説明します。ただし、それぞれの赤ちゃんのニーズに留意してくださいね。

こちらもお読みください:指しゃぶりを止めさせる為の4つのヒント

1.形状

おしゃぶりを選ぶ 特徴
おしゃぶりの形状は、洗いやすいように隙間がなくて滑らかなものでなければなりません。

おしゃぶりを選ぶときは、掃除が簡単かどうかを検討しましょう。水分が乾かずカビの温床になりそうな穴や隙間がないことを確認してください。

おしゃぶりが複数の部品を組み合わせるものでない、というのも重要です。つまり、分離して赤ちゃんが窒息する可能性のある作りになっていないことを確認しましょう。

2.素材

おしゃぶりに最適な材料は、ビスフェノールA(BPA)を含まない医療グレードのソフトシリコンです。BPAは、ホルモンの変化や癌などに直接関連しています。

おしゃぶりは温かく湿った状態になり、それが他の毒素と一緒にBPAの放出を促進することに注意しましょう。ですので、BPAが含まれるおしゃぶりは避けてください。

綺麗にしやすいかも考えることが重要です。たとえば、バクテリアはシリコンよりもゴムを好みます。

3.特定のニーズ

最適なおしゃぶりの選び方
母乳育児や口腔発達の促進など、特定のニーズのためのおしゃぶりがあります。

母乳育児を促進するための特別なおしゃぶりがあります。母親の乳首の形状や柔らかさを真似て作られており、赤ちゃんの口の圧力にうまく適応します。こういったおしゃぶりは、母親のミルクを飲んでいるときと同じ位置に舌を置く助けになります。

また、妊娠30週前に生まれた赤ちゃん用に、特別に設計されたおしゃぶりもあります。軽く、小さく、小さな新生児の親指の形を模倣しています。

他にも、乳児の口腔の適切な発達を促進する歯列矯正おしゃぶりがあります。口と歯の良好な成長を助ける形をしているのですが、すべての赤ちゃんが好んで使ってくれるわけではありません。また、使う位置を間違えると、効果がなくなります。

何よりも、おしゃぶりを選ぶ際に大切なのは、赤ちゃんが気に入ってくれること!形や色でまずは興味を示したとしても、口に入れると嫌いになることがあります。辛抱強く選びましょう。

今回お伝えした内容が、赤ちゃんに最適なおしゃぶりを見つけるのに役立つことを願っています!

  • Martínez Sánchez, L., Díaz González, E. P., García-Tornel Florensa, S., & Gaspà Martí, J. (2013). Uso del chupete: beneficios y riesgos. Anales de Pediatría. https://doi.org/10.1016/s1695-4033(00)77502-3
  • Aliprandini, P., Ferreira, F. B., Bertol, L. S., & Kindlein, J. (2011). Comparison of design, materials selection and characterization of pacifiers produced in Brazil. Australasian Medical Journal. https://doi.org/10.4066/AMJ.2011.529
  • Sexton, S., & Natale, R. (2009). Risks and benefits of pacifiers. American Family Physician.