透明の歯科矯正装置:クリアアライナーについて

05 1月, 2020
クリアアライナーは、革新的な歯科矯正装置です。これまでに使われている矯正器具よりも審美的にも優れていて魅力的です。今回の記事では、クリアアライナーについて詳しく説明します。

クリアアライナーは、歯を矯正するために使用される透明なマウスピースの歯科矯正装置です。

一般的な歯科矯正装置と比べて審美的であるため、その人気が高まっています。

しかし、クリアアライナーについて詳しく理解している人は多くありません。

今回は、透明のマウスピースを使う矯正装置であるクリアアライナーについての詳細をご紹介します。

歯列矯正について

歯列矯正は、歯と顎のサイズ、位置、および形状の異常を研究し、予防や治療を行う歯科の分野の一つです。

歯科矯正は、最適な口腔衛生と笑顔、そして正しい歯並びの調和を達成することを目指しています。

歯科矯正の専門医は、歯を矯正するためにさまざまな装置を使います。

一般的に使われるのはブラケットで、金属製またはセラミック製です。

歯科矯正医は、ブラケットの上からアーチワイヤーを配置します。

このワイヤーとブラケットが摩擦を発生させながら歯を動かすことができます。

科学的進歩のおかげで、歯科矯正の分野は大きな進歩を遂げています。

現在では、透明なアライナーという装置を使って矯正を行うことができるようになりました。

透明の歯科矯正装置:クリアアライナーについて 治療中の女性
歯列矯正は、顎顔面構造の障害の矯正に役立つ治療法です。

クリアアライナーとは何ですか?

クリアアライナーは、透明のマウスピースを使う矯正装置です。

クリアアライナーを使う歯科矯正では、患者の歯型、歯の3D、現在の歯の位置と矯正後の歯の位置のモデルを、コンピューターを使って作成する必要があります。

アライナーは、厚さ0.5 mmの熱可塑性素材でできているため、ほとんど目立ちません。

クリアアライナーとは別に、歯の動きをサポートするために、歯科矯正医はスプリントと呼ばれる透明なボールを歯に付着させます。

スプリントは、クリアアライナーが計画通りの動きをするのを助けます。

1~2週間ごとに新しいアライナーと交換する必要があります。

治療期間は、患者が必要とする矯正の程度に応じて、4か月~2年まで範囲で行われます。

ただし、すべての矯正にクリアアライナーを使用できるわけではないことを理解しましょう。

多くの矯正が必要な人には、従来の矯正装置を推奨されます。

ご存知ですか?:天然素材を使った歯のホワイトニング法

クリアアライナーの利点

  • とても審美的な治療法です。
  • 従来の装具やアーチワイヤーが引き起こす可能性のある摩擦、傷、痛みを防ぐため、治療期間中に患者がより快適に過ごすことができます。
  • より良い衛生状態を保つことができます。歯磨きの前にアライナーを外すことができるため、ブラケットよりも容易に歯磨きを行うことができます。従来の矯正装置では、歯肉の近くに歯垢が蓄積して、歯肉炎などの炎症を引き起こすという問題があります。
  • 歯科医は、患者の歯型を使用してアライナーを作成するため、完全にカスタマイズされた治療です。
  • 衛生状態を改善することにより、患者は虫歯や歯肉炎をはじめとする歯の問題が、治療中に起こりにくくなります。
  • 歯の矯正が微調整の場合、クリアアライナーを使って、従来の歯科矯正と同様の効果が得られると言われています。中には、従来の治療よりも早く治療が完了するケースもあります。
透明の歯科矯正装置:クリアアライナーについて 歯に装着する女性
クリアアライナーは、従来の矯正装置よりも審美的な治療法として注目を集めています。

クリアアライナーの欠点

  • 患者は、1日20時間以上アライナーを着用する必要があります。食事や歯磨きの時だけ外すことができます。
  • 患者の不注意によりアライナーを着用しない場合、治療に時間がかかり、状態がさらに悪化する可能性があります。
  • 歯ぎしりをする患者は、アライナーを磨耗させるため、頻繁に交換する必要があります。
  • クリアアライナーは、従来の矯正装置よりも高価です。

続きを読む:歯の膿瘍と治療法

子供と大人のどちらもクリアアライナーを使用できます。

ただし、歯の矯正を始める前に、歯のクリーニング、虫歯の治療、根管治療など全ての歯の問題を治療する必要があります。

結論

クリアアライナーは革新的な矯正治療で、審美面と快適さを向上しながら希望の結果を達成することができます。

専用の3Dソフトウェアを使用して、治療計画を立てることで、より正確な治療を行うことができます。

  • Anbuselvan GJ, Karthi M, Raja S, Prabhakar K, Mahabob MB. Advancement of orthodontic and craniofacial research sites in the last three decades. J Pharm Bioallied Sci. 2012;4(Suppl 2):S283–S284. doi:10.4103/0975-7406.100273
  • Kumar, K., Bhardwaj, S., & Garg, V. (2018). Invisalign: A Transparent Braces. Journal of Advanced Medical and Dental Sciences Research. https://doi.org/http://dx.doi.org/10.21276/jamdsr
  • AH Ali, S. A., & Miethke, H. R. (2017). Invisalign®, an innovative invisible orthodontic appliance to correct malocclusions: advantages and limitations. Dental Update. https://doi.org/10.12968/denu.2012.39.4.254
  • Malik, O. H., McMullin, A., & Waring, D. T. (2013). Invisible orthodontics part 1: invisalign. Dental Update.
  • McMullin, A., Waring, D. T., & Malik, O. H. (2017). Invisible orthodontics part 2: lingual appliance treatment. Dental Update. https://doi.org/10.12968/denu.2013.40.5.391
  • Waring, D. T., McMullin, A., & Malik, O. H. (2017). Invisible orthodontics part 3: aesthetic orthodontic brackets. Dental Update. https://doi.org/10.12968/denu.2013.40.7.555