変形性脊柱症の診断と治療法について知っておくべきこと

2月 24, 2020
ある特定の年齢以上の成人には、椎間板変性の兆候が現れることがあります。今回の記事では、変形性脊柱症の診断と治療について学びます。

変形性脊柱症のは椎間板の髄核の変性であり、その厚さと密度が失われます。

一般的には、椎間板の摩耗が原因だと考えられています。

変形性脊柱症のの進行

年齢を重ねるにつれて、若い頃は厚かったゼラチン状の椎間板が薄くなり、その弾力性が失われて骨と骨を結合する力が弱くなります。

30~40歳までの間に、レントゲンによって変形性脊柱症の初期兆候が現れるのは一般的で、痛みを引き起こす可能性があります。

椎間板がすり減って薄くなると、衝撃を吸収する力が低下して椎骨への負荷が増加します。

骨と骨の結合の弱さを補強しようとする生体反応によって、脊椎の端にトゲのような骨棘ができます。

これが変形性脊椎症と呼ばれる状態で、脊柱管狭窄症を起こすか、神経を圧迫するときにのみ問題を引き起こします。

遺伝的要因、栄養面での要因、そして外傷などの要因も、発症や症状の進行に影響を与えます。

多くの人が変形性脊柱症に悩んでおり、特にある特定の年齢を超えると、その兆候を示す可能性が高まります。

危険因子

さまざまな科学的な研究により、危険因子に関しては次のことが明らかになっています。

  • 太りすぎが変形性脊柱症ののリスクを高めるわけではないものの、現時点では太り過ぎの体重増加の影響は明らかになっていない
  • 喫煙は悪影響を及ぼす
  • 重い負荷の作業しても、変形性脊柱症のへの影響は最小限
  • 遺伝は変形性脊柱症の主要な危険因子の一つ

続きを読む:変形性関節症について知っておくべきこと

変形性脊柱症の症状

変形性脊柱症の症状の一部をご紹介します。

椎間板がすり減ると、筋肉は背骨を支えて運動中のバランスを維持するために、より激しく働く必要が生まれます。

筋肉が強く弾力性があり、他の筋肉群と協調している場合は、より激しい動きにも対処できると考えられています。

ある研究では、椎間板の摩耗と痛みの間に相関関係がないことが示されました。これは、筋肉の発達が大きいほど、直接的な関係は少ないと考えられます。

このため、変形性脊柱症が進行していても、十分な筋肉組織があるために痛みを全く感じない人もいます。

ご存知ですか?:変形性膝関節症に役立つ3つのエクササイズ

診断

変形性脊柱症の診断と治療法について知っておくべきこと 腰痛の女性

医師は、痛み、こわばり、動きの制限などの症状に基づいて、変形性脊柱症の診断を行います。

医師は、痛みがあり、腰椎の可動性が制限されている患者のレントゲンを撮って状態を確認するため、ほとんどの場合で脊柱のレントゲンが必要になります。

治療

変形性脊柱症の治療目標は、患者の痛みを和らげて生活の質を向上させることです。

理学療法、投薬治療、そして手術など、様々な治療法があります。

投薬治療には、アセトアミノフェンなどの鎮痛剤の使用が含まれます。

ただし、痛みを緩和することができない場合は、抗炎症薬と組み合わせることがあります。

抗炎症薬を使用できない場合は、トラマドールなどのオピオイド鎮痛薬が有用かもしれません。

重度の変形性脊柱症を発症してる患者は、神経学的な合併症が起こる可能性があります。

この場合、神経または脊髄の狭窄の圧迫により、プレガバリンまたはガバペンチンなどの他の薬物による治療が必要になります。

理学療法士が推奨するガイドラインと治療法が、症状の緩和に役立つこともあります。

様々な選択肢の中から、患者の症状に合わせて医師が治療法を選択するでしょう。

  • Wieczorek, M., & Rat, A.-C. (2017). Generalidades sobre la artrosis: epidemiología y factores de riesgo. EMC – Aparato Locomotor. https://doi.org/10.1016/s1286-935x(17)86066-4

  • Gonzalez, F., Mustaf, O., & Antezana, A. (2011). Alteraciones Biomecánicas Articulares en la Obesidad. Gac Med Bol.

  • Miralles Marrero, R. C. (2006). Biomecánica de la artrosis. In DOLOR.