変形性関節症を上手くコントロールする方法

· 5月 22, 2017
スペイン、マドリッドの専門家によると、5年から10年以内に変形性関節症の進行を遅らせることが出来るようになり、患者はより良い生活が送れるようになるそうです。

変形性関節症は早期発見することが大切で、スペインのマドリッドの専門家によると、5年から10年以内に変形性関節症の進行を遅らせることが出来るようになり、患者はより良い生活が送れるようになるそうです。病気をうまくコントロールし、生活の質を上げるヒントとなり得るそうです。

マドリッドにあるメネンデス・ペラヨ国際大学の専門家によると、5年から10年以内に変形性関節症の進行を遅らせることが出来るようになり、患者はより良い生活が送れるようになるそうです。

現時点では、慢性的で体の機能に障害をきたしてしまうこの病気を完治するのは、ほぼ不可能です。しかし科学は日々進歩しており、徐々にですが希望の光が見え始めています。

専門家によると、関節の30%がダメージをうけると痛みを感じるようになるのだそうです。しかし、早めに対策を講じればそうはなりません。

ここ数年の研究ではとてもいい結果が出ています。ここでは、これから数年の短期間で何が変わり得るかお伝えします。

 

変形性関節症は近いうちにコントロール可能になる

変形性関節症は男性の29%が発症するのに対し、女性は52%もの人が発症する病気です。初期症状は54~60歳の間に感じる人が多く、以下のような症状が主です。

・手(70%)。最も多くの人に症状が出る部分です。

・次に足に影響が出始めます。(40%)

・次に影響が出やすいのが、回りと膝です。(10%、各3%)

世界保健機関(WHO)によると、世界人口の約28%が変形性関節症に悩まされています。これは60代以上の人の80%が何かしらの症状に苦しんでいると推測できます。

これだけ多くの人が苦しんでいる病気なので、きっとあなたの家族や友人など身近な人に、変形性関節症に苦しんでいる人がいるはずです。この記事を読んでいる方の中にもきっといらっしゃると思います。

 

早期発見がカギ

スペインのア・コルーニャにあるタンパク質研究の生物医学研究所(INIBIC)によると、5年から10年の間に変形性関節症の治療に素晴らしい発展がみられるそうです。

早期発見出来れば、進行を遅らせることが出来ようになります。現在、変形性関節症を発見できるキットが開発中です。これが実現すると、簡単な血液検査で病気を発見できるそうです。痛みに耐えかねて、医者を訪れる人がいます。手の痛みはひどいもので、夜になると麻痺したり、またはわずかな変形を伴ったりします。そこまで来ると症状を遅らせるというのはほぼ不可能です。ですので、出来るだけ早く見つけることが重要になるのです。

 

プロテオミクス研究

リウマチ学者でINIBICの科学所長であるフランシスコ・ブランコ氏によると、変形性関節症の研究はかなり進んでいるそうです。

・プロテオミクスは、ゲノムから得られたタンパク質の組み合わせの研究です。

・患部に存在する組織に対するプロテオミクス研究では、科学者がバイオマーカーを見分けることが出来るようになりました。

・このバイオマーカーのおかげで、96%確率で早期に発見することが出来るようになりました。

早く見つけられれば、進行を遅らせることができます。専門家たちは5年から10年の間に大きな進展があるだろうと考えています。

変形性関節症は同じパターンで体を攻撃する傾向があります。ある物質が健康な組織を少しずつ壊していきます。もしこの物質を撃退する何かを取り入れることが出来れば、進行を妨げることが出来ます。

 

変形性関節症をコントロールする必要性

変形性関節症はリウマチの中でも最も頻繁に繰り返される病気で、体の機能を損なう病気の中でも4番目に挙げられます。この病気をお年寄りにありがちな疾患だと軽く見てはいけません。

確かにこの病気はお年寄りに多い傾向があります。しかし実際、この疾患のせいで体のあらゆる機能を損ない苦しんでいる人たちがいます。変形性関節症は身動きを不自由にし、生活の質を落とします。肥満や、過度に激しいスポーツは、発症の原因となる可能性があります。

また、ある特定の遺伝的要素が生活様式や年齢と相まって健康な組織を破壊する傾向があるようです。

 

医療機関はこの病気についてあらゆる研究をしています。より良い生活を保つためにもこの病気の事をもっと知り、症状が出ていないか常に自分の体をチェックしましょう。慢性的な病気や痛みを抱えて生きていくのは辛いものです。

変形性関節症に関するいいニュースが訪れることを期待しましょう。