発疹を緩和するのに役立つ5つの天然の外用薬

11月 23, 2019
発疹には多くの種類があり、すぐに発症するものもあれば、徐々に現れるものもあります。どの発疹を発症した場合でも、不快な症状やかゆみを伴う場合が多いため、症状の緩和に役立つ自然療法の外用薬を活用してください。

発疹が現れる原因は様々ですが、多くの場合は、アレルギーや皮膚が何らかの刺激を受けた結果である可能性があります。

通常は、小さな赤い斑点、かゆみ、そして刺激などの症状が現れますが、発疹の中には、痛みを伴うものや皮膚がむけるもの、そして小さな水泡が現れることもあります。

今回の記事では、発疹を緩和するいくつかの自然療法を見ていきます。

発疹の治療は、発疹が現れた原因によって異なりますが、塗り薬やクリームなどの外用薬がよく使われます。

また、市販の薬や医師の処方薬以外にも、発疹の緩和に役立つ自然療法薬もあります。

発疹を緩和するための外用薬

多くの発疹の症状は軽度で、数日で消えます。

症状がすぐに現れるものもあれば、しばらくしてから発症するものもあります。

どちらにしても、痛みや痒みを伴うことがほとんどなので、刺激や不快さ感じ、正しい治療を行わないと症状が悪化する可能性があります。

発疹の治療法はその原因によって異なるため、発疹が現れた原因を正確に知るためには、必ず医師に相談してください。

また、発疹の原因に関係なく、発疹の症状全般を緩和するのに役立つ自然療法があります。

続きを読む:毎晩のスキンケアにおすすめ:7つの美容ルーチンとは?

1. ココナッツオイル

発疹を緩和するのに役立つ5つの天然の外用薬 ココナッツオイル

この治療法は、発疹を落ち着かせながら肌に潤いを与えます。

オーガニックココナッツオイルは、発疹を緩和するのにおすすめの自然療法薬のひとつです。

肌の健康状態を改善するのに役立つ脂肪酸、抗酸化物質、ビタミン、ミネラルが含まれています。

また、肌をしっかりと保湿しながらアレルギー反応を軽減するのにも役立ちます。

使用方法

  • 100%天然のオーガニックココナッツオイルを使用します。
  • 少量を取り、クリームのように肌に直接塗ります。
  • 肌に完全に吸収されるまで、優しくすりこんでください。
  • 洗い流したりせず、そのままにしてください。
  • 翌日も同じように繰り返してください。

2. 重曹

重曹には、肌のpHレベルを回復するのに役立ついくつかの特性があるため、発疹やアレルギー反応を緩和するのに最適な自然療法の一つといわれています。

また、火傷や皮膚への刺激を緩和するのに役立つ、抗炎症作用をわずかに含むことでも知られています。

材料

使用方法

  • 重曹と蒸留水でペーストを作ります。
  • 患部に出来上がったペーストを適用します。
  • 10分間そのままにして浸透させたあと、温水ですすいでください。
  • 症状が続く場合は、繰り返し行います。

3. オートミール

発疹を緩和するのに役立つ5つの天然の外用薬 オートミール
オートミールのペーストを使って、発疹の症状を和らげる外用薬を作ることができます。

オートミールは、さまざまな自然療法や美容に使用できます。

強力な抗酸化作用と抗炎症作用があり、発疹やその他の皮膚アレルギーを緩和するのに役立つだけでなく、火傷やその他の怪我にも使用できます。

使用方法

  • 一つ目の方法は、浴槽にオートミール1カップを入れて30分間入浴する方法です。
  • もう一つの方法は、蒸留水とオートミールを混ぜて作るペーストです。
  • 出来上がったペーストを発疹に直接塗り、20分間そのままにします。
  • 3日間連続で使用するか、発疹の不快感が緩和されるまで続けます。

4. カモミールエッセンシャルオイル

カモミールのエッセンシャルオイルやカモミールティーは、発疹に効果のある外用薬として使用することができます。

カモミールを使った方法には、刺激を最小限に抑えながら、発疹を軽減する鎮静作用があります。

使用方法

  • 少量のカモミールエッセンシャルオイルを浴槽に入れて20分間入浴します。
  • カモミールティーを使う方法もあります。
  • カモミールティーを作ったら患部に直接適用します。
  • 洗い流さずにそのまま乾燥させてください。
  • 1日2回繰り返します。

こちらもご参考に:接触皮膚炎に効く家庭療法6つ

5. ホホバオイル

ホホバオイルを使った自然療法
ホホバオイルは抗炎症剤として作用するため、発疹を緩和するのに適しています。

抗炎症特性を持つホホバオイルは、肌に潤いを与えながら刺激を軽減します。

また、皮膚が他の外用薬をより吸収するのを助けます。

使用方法

  • 少量のホホバオイルを取り、患部に適用します。
  • 流さずそのままにしてください。
  • 必要に応じて1日2回繰り返します。

結論

色々な天然素材をつかって、発疹をはじめとする皮膚への刺激をコントロールすることができます。

ただし、発疹の原因を特定するためには、医師に相談することが最も大切であることを忘れないでください。

そして医師の許可を得たら、今回ご紹介した5つの自然療法をお試しください。

  • Milstone, L. M. (2010). Scaly skin and bath pH: Rediscovering baking soda. Journal of the American Academy of Dermatology. https://doi.org/10.1016/j.jaad.2009.04.011
  • Reynertson, K. A., Garay, M., Nebus, J., Chon, S., Kaur, S., Mahmood, K., … Southall, M. D. (2015). Anti-inflammatory activities of colloidal oatmeal (Avena sativa) contribute to the effectiveness of oats in treatment of itch associated with dry, irritated skin. Journal of Drugs in Dermatology : JDD.
  • Fowler, J. F., Nebus, J., Wallo, W., & Eichenfield, L. F. (2012). Colloidal oatmeal formulations as adjunct treatments in atopic dermatitis. Journal of Drugs in Dermatology : JDD.
  • Singh, O., Khanam, Z., Misra, N., & Srivastava, M. (2011). Chamomile (Matricaria chamomilla L.): An overview. Pharmacognosy Reviews. https://doi.org/10.4103/0973-7847.79103
  • Wisniak, J. (1994). Potential uses of jojoba oil and meal – a review. Industrial Crops and Products. https://doi.org/10.1016/0926-6690(94)90077-9