ご存知ですか?腹水に関する有益な情報と治療法

9月 24, 2019
とても厄介な腹水ですが、有益な治療法や情報があります。今回の記事では、知っておくべき腹水に関する情報とその治療法について説明しましょう。

腹水とは、腹部の臓器の周りに発生する体液の蓄積です。

この体液は「漿液性」のものが多く、血液が凝固すると分離する透明な液体です。

腹水は、特に肝硬変の患者に一般的に見られますが、腹水を引き起こす可能性がある原因は、腫瘍、高血圧、および特定の感染症など、さまざまなものがあります。

本記事では、腹水の症状や治療法について知っておくべき情報を詳しく紹介します。

腹水を発症する理由

腹水の発症原因

腹水の治療では、まず原因を特定する必要があります。

腹水の原因を調べるための最初のステップが血圧検査です。

血圧が高すぎると門脈圧亢進症を発症することがあり、この病気になる人は腹水が起こるリスクも高いと言われています。

血圧に加えて、腹水の発症に影響を与える要因のいくつかがあります。

それは、長期にわたる過度のアルコール摂取やB型またはC型肝炎の長期感染で、これにより肝臓がダメージを受けて腹水が起こるリスクが高まります。

これに加えて、以下のがんに罹患している人も腹水のリスクが高くなります。

  • 乳がん
  • 卵巣がんおよび子宮がん
  • 虫垂がん
  • 大腸がん
  • 膵臓がん
  • 肝臓がん

ここからは、腹水の治療方法と体液の蓄積について説明します。

ご存知ですか?:高血圧のコントロールをサポートする5つの食品

腹水を治療する方法

腹水は、腹部の腫れ、不快感、呼吸困難を引き起こす可能性がありますが、これは、体液が肺に圧力をかけて呼吸を困難にするからです。

腹水を治療する方法はいくつかあるため、ここからは治療方法とその効果を説明します。

生活習慣の変更

アルコールの飲みすぎが原因で腹水を発症した場合は、医師は生活習慣を大幅に変更するように指示を出します。

一度にすべての悪習慣をやめることができない場合は、徐々にやめるように心がけてください。

必要に応じて、サポートグループなどの支援を受けるのも良い方法です。

また血圧が原因の場合は、減塩食を勧められるケースもあります。

塩分の摂取を減らすと同時に十分な水分補給を心がけてください。

ただし、一度に飲む水の量は少量にして、飲む頻度を増やしてください。

体液の排出

腹水に悩む人

腹水の治療として体液の排出を行うことがありますが、不快感や痛みを解消する一時的な方法に過ぎず、腹水が再発する可能性があります。

多くの場合、液体を排出するために、医師はカテーテルを挿入して排出します。

こちらもお試しください:不要な液体を排除する5つの天然利尿薬

腹水の治療薬

医師は腹水の緩和と治療に役立つ薬を処方する場合があります。

治療に使われる主な薬をご紹介します。

  • 利尿薬:体液の排出に役立ちます。
  • 抗生物質:感染症の可能性がある場合に効果を発揮します。

自然療法を選択する場合は、事前に必ず医師に相談し、腹部に溜まった水分を排出するのに役立つ方法だけを試しましょう。

治療に加えて医師が推奨するのは、多くの睡眠や休息を取ることです。

非常に不快な症状である腹水ですが、睡眠や休息は症状の緩和に役立ちます。

睡眠と休息は必要ですが、動いてはいけないという意味ではありません。運動は、体液の蓄積を防ぐため、腹水の緩和に役立ちます。

腹水を発症したら必ず医師の指示に従い、自己判断で治療を行わないように注意してください。