午前3時に目が覚める理由

· 2月 18, 2016

朝の3時かその少し後に目を覚ます、というのはよくある現象です。不安に関する睡眠障害に起因する、日常的な問題とも言えるでしょう。

とはいえ、明け方に目を覚まし、再び眠りにつけないことが何日も続くなら、深刻な問題になってしまうでしょう。 適切に対処する方法を知っておくことが重要です。

関連する症状

「午前3時に目が覚める」ことをとりあげて、何か不思議な超自然現象に起因するかのような説もありますが、この現象はなんら不思議なことではありません。実際には、私たちが今経験している不安の上昇に対する脳の反応なのです。ですが、それが続き、睡眠を損ない始めたら、対処しなければなりません。

午前3〜4時の間に目覚めることに伴う症状は、以下のようなものです。

  • 強烈な不安や落ち着かない感覚がする
  • 動悸や危機感を感じる
  • 眠りに戻ることができない。神経過敏、否定的な考え、不眠を上昇させる
  • 眠りに戻ることができても非常に浅く、起きた時に疲れを感じる
  • 週に数回、朝3〜4時に繰り返し目を覚ます。

早朝の時間帯に目が覚めることと不安感の関係

なぜいつも朝の3時に目が覚めるの?

睡眠2

もし早朝に目が覚め、それが毎日同じ時間帯であり、また続くようであれば、自分に問いかけてみてください。あなたには何か心配事がありませんか?何かに悩んでいませんか?働きすぎていませんか?感情的な問題を抱えていませんか?

こういった要因は、自分では気がついていない不安を引き起こします。睡眠を介して、脳がこれらの問題に反応するのです。 最初は眠りに落ちるのが難しくなるでしょう。眠れたとしても、蓄積された不安により、恐れの感覚と共に目が覚めるのです。

詳しく見てみましょう。

  • 不安感は中枢神経系(CNS)に直接影響し、睡眠-覚醒サイクルに関与する生物的、神経化学的システムに小さな変化を起こし始めます。 これはすべて、睡眠段階(レム睡眠及びノンレム睡眠)を変化させます。
  • 一般的に、ベッドに入っても眠るのに苦労するでしょう。結局、夜12時頃に眠りに落ちますが、 不安が睡眠を分断し、眠りが深く、健康を回復させるレム睡眠段階に到達するのが難しくなります。私たちの脳はこの不安を脅威、逃避すべきものと解釈します。 この警告を感じると、わずか数時間後の朝3時頃、手荒に目を覚まさせるのです。
  • これは私たちの体の不安に対する自然な反応であり、私たちの神経伝達物質が変化し、睡眠の変化を引き起こしているのです

こちらもお読みください『快適な眠りを誘う5つのマインドフルネス・エクササイズ』

対処方法はある?

睡眠3

睡眠障害の原因が不安である場合、ストレスの原因と不安を引き起こしている問題に向かい合う必要があります。

  • 何かが起こっているということを認識することが重要です。恐怖や脅威を感じて夜中に目を覚ますことは、何かが間違っているという明らかな兆候です。それはなぜか、何があなたの人生に起こり、あなたを悩ませ、不幸にし、脅かされているように感じるのか、自分に問いかけてみてください。
  • 脳を刺激し、ストレスを発散しましょう。生活にちょっとした変化を作り、優先順位を設定します。新しい習慣を確立してみましょう
  • 夕食後少なくとも30分、散歩をしてみてください。歩いて深呼吸し、リラックスして物事を考えましょう。
  • 家に帰ったら、お風呂に入ってリラックスし、ベッドに行きましょう。「明日、ちゃんと行動するために、夜はよく眠らなければ」と考えないように。この考えは、が「寝なければならない」という義務とみなし、ストレスを与えます。
  • 頭をクリアにして、考えを落ち着かせましょう。
  • 部屋を換気しましょう。清潔な状態であることを確認しましょう。専門家によると、睡眠に最適な温度は25度です。それ以上になると、身体が快適さを感じる事が難しくなるそうです。覚えておいてくださいね。

こちらもお読みください『心をクリアにしてぐっすりと眠る方法』