減量に役立つアーモンドミルクの作り方

7月 19, 2019
健康的に減量するのを助けるアーモンドミルクには、健康に良い脂質、アミノ酸、そして食物繊維が含まれているだけでなく多くの効能があります。

体重を減らすためにアーモンドミルクを飲み始める人が増えています。

他の植物性ミルクと比べて比較的カロリーの高い飲み物ですが、食物繊維、アミノ酸、健康的な脂肪が含まれているため、様々な食事と組み合わせることができます。

さらに、カルシウムが豊富に含まれているので骨の健康維持に最適です。

また、グルテンと乳糖、そしてコレステロールを含まないため、不耐性のある人やコレステロールが高くなりがちな人にもおすすめです。

アメリカでは、ハリウッドセレブの間でアーモンドミルクのブームが起こったため、どのスーパーでもアーモンドミルクが手に入るようになりました。

しかし、市販のアーモンドミルクの中には、添加物が含まれているものがあるため、自宅で手作りをするのが最も健康的な方法です。

本記事では、アーモンドミルクの利点と自宅で手軽に手作りをする方法をご紹介します。

こちらも併せてご覧ください:植物性ミルクの効果とその作り方

減量のためのアーモンドミルクの利点

減量を目指す女性

アーモンドミルクは、牛乳の代用品の1つとして世界中で非常に人気があります。乳糖不耐症やビーガンの人だけでなく、減量をしたい人や健康に気を配る人にもお勧めです。

オメガ3脂肪酸や心臓の健康を守る健康的な脂質が豊富に含まれているアーモンドミルクは、動脈のコレステロール濃度を下げ、代謝機能を助けます。

最適なエネルギーレベルを維持するのに役立つマクロ栄養素である複雑炭水化物を少量を含むアーモンドミルクは、新陳代謝を活発に保ちながら、血糖値の急上昇を防ぎます。

カルシウムとマグネシウムを豊富に含むため、定期的に飲むことで骨を強化します。牛乳と比べるとカルシウムの含有量は少ないですが一日の必要量を満たすのには十分です。

体重を減らすためにアーモンドミルクを飲むもう一つの理由がアミノ酸です。

体重を減らし、筋肉量を増やすために欠かせないアミノ酸を適量摂取することで、怪我の予防にも役立ちます。

こちらもご参照を:魚類以外にオメガ3脂肪酸を多く含む食材

アーモンドミルクを減量に活用する方法

瓶入りのアーモンドミルク

自宅で手作りをしたアーモンドミルクには、保存料や添加物が含まれていないため、市販のアーモンドミルクよりもはるかに健康的です。

材料

  • ローストしていない天然のアーモンド 1カップ(150 g)
  • 水 1.5リットル

作り方

  • アーモンドを500 mlの水に浸します。
  • 8時間または一晩中このままにしてください。
  • 水を注いでアーモンドをミキサーに入れてください。
  • 残りの水をすべて加えて再びミキサーにかけます。
  • 白く泡立ったら、布を使って濾します。
  • 濾したアーモンドミルクを、蓋つきのガラス瓶に入れて保存してください。
  • お好みでシナモンやハチミツを加えることもできます。

摂取方法

  • 朝食時にまたは間食として、アーモンドミルクを1杯飲んでください。
  • 果物や野菜のスムージーのベースとして使用するのもお勧めです。
  • カロリーが高いため、摂取量には注意が必要です。

残ったアーモンド粉の活用法

アーモンド粉

アーモンドミルクを濾した後、布の中に細かい粉が残りますが、実はこの粉を再利用することができます。

使用方法

  • オーブンを約180度に予熱します。
  • 加熱しながら、アーモンドの粉を天板に載せます。
  • オーブンに入れて、水分が飛ぶまで15分間焼きます。
  • クッキーやパンをはじめとする、あらゆる種類のデザートの材料に、小麦粉の代わりとして使うことができます。

注意事項

アーモンドミルクのマイナス面を見逃してはいけません。

  • 代謝性疾患をお持ちの人、妊婦、または何か持病や特定の病気を発症しているときには、必ず医師に相談してから飲み始めましょう。
  • アーモンドミルクを飲み過ぎると、ヨウ素の吸収が妨げられる可能性があります。
  • 甲状腺を刺激して炎症を引き起こす可能性のある物質が含まれています。
  • 赤ちゃんにはお勧めできません。
  • チロシンを含んでいるため、大量に飲むと片頭痛を誘発することがあります。

アーモンドミルクは、減量に役立つ健康的な飲み物ですが、健康上の問題が起こるリスクもあります。

  • Dhakal, S., Liu, C., Zhang, Y., Roux, K. H., Sathe, S. K., & Balasubramaniam, V. M. (2014). Effect of high pressure processing on the immunoreactivity of almond milk. Food Research International. https://doi.org/10.1016/j.foodres.2014.02.021
  • Fasoli, E., D'Amato, A., Kravchuk, A. V., Citterio, A., & Righetti, P. G. (2011). In-depth proteomic analysis of non-alcoholic beverages with peptide ligand libraries. I: Almond milk and orgeat syrup. Journal of Proteomics. https://doi.org/10.1016/j.jprot.2011.03.016
  • Maghsoudlou, Y., Alami, M., Mashkour, M., & Shahraki, M. H. (2016). Optimization of Ultrasound-Assisted Stabilization and Formulation of Almond Milk. Journal of Food Processing and Preservation. https://doi.org/10.1111/jfpp.12661