言語に問題がある子供に効果的な6つの訓練方法

· 7月 2, 2018
言語障害があると診断された子供の多くが、適切な訓練を行うことで成人したときには言語の問題を全て乗り越えます。本記事では言語に問題のある子供の助けとなる6つの訓練方法をご紹介します。

言語に問題が生じている子供たちは、専門家や保護者のサポートを受けて適切な訓練を行うことで、時間をかけて言語の発達を改善していきます。

また言語に問題のある子供の中には、言語以外には発達の遅れが全く見られない子供も多く存在します。

小さいうちは言語が遅れていると、まるで学習にも問題が生じていると勘違いされることもあります。

多くの場合、子供の頃に言語障害を発症しても徐々に解消され、大人になってからは全く言語に問題がなくなります。

大切なのは、言語の問題や言語障害にどう対処して訓練を積み重ねていくかです。

本記事では、言語に問題がある子供や言語障害を発症している子供に最適な訓練方法をご紹介します。

1. カード

カード

母音などをはじめとする大切な発音を訓練するためにはカードを使う方法がおすすめです。カードを使ってゲームを作り、上手に発音できたときには簡単なご褒美をあげるのも良いでしょう。

ご存知ですか?:子供向けの健康的な朝食5選

2. 鏡を使った訓練

言葉を正確に発音できない子供におすすめなのが鏡を使った練習です。鏡を使うことで、口を正しく動かす方法を学び、正しい発音を取得することができます。

3. 繰り返し

同じ単語を何度も繰り返すことは、言語に問題がある子供にとって非常に効果的な訓練になります。ただし、ゆっくりと繰り返すことが大切です。

子供が大切な音を全て耳で聞いて同じように発音することができるようにゆっくり発音してください。

4. 子供との会話を大切に

会話

家族や親戚、そして友達などと頻繁に会話を行うことは、言語に遅れが生じている子供にとって大きなサポートとなります。

大人と会話をすることで、新しい単語を覚えるなどの言葉によるコミュニケーション力を養うことができます。そして言葉を使った正しいコミュニケーション方法を学ぶ過程で、言語能力が高まります。

5. 会話力を強化する

小さな子供の会話力を磨くためには、子供が正しい言葉を使った時だけ、子供の質問や要求に応えるという方法があります。

これは子供を無視するという意味ではなく、子供が正しい言語を使って自分の意思を伝えられるように親や周りの大人が忍耐強く子供の言葉に耳を傾けて、正しい言葉が出るまで待つことです

6. 読書

読書

子供の言語能力を高めるためには、読書が不可欠です。読書により語彙力を増やし、文章や単語の構造や単語の発音をより簡単に身につけることができます。また興味深い物語を通じて言語能力を高めるだけではなく、想像力や創造性を養います。

ぜひ子供にはたくさんの本を読んであげてください。

言語障害の診断方法

子供を持つ親の最大の課題の1つは、子供たちが言語の問題を抱えているかどうかまた専門家のサポートが必要かどうかを特定することです。

もちろん全ての子供たちが同じではありませんし、発達には個人差があるため、自己判断を避けて何か心配なことがあれば、すぐに医師の診察を受けることが大切です。

子供が言語問題を抱えているかどうかを特定するのに役立ついくつかの指針をご紹介します:

  • 18ヶ月:言葉を発しない。指さしをしない。コミュニケーションに興味を示さない、またはコミュニケーションする意思がない。最大3語の簡単な指示を理解しない。
  • 2歳:聞いた言葉を繰り返すだけで、相手の言葉を理解しない。
  • 3歳:複数形や代名詞を使用できない。
  • 4歳:子音を間違って発音、または会話をするときに鼻音を発する。

言語障害のある子どもを持つ親のための推奨事項

  • まず第一に、子供は両親などの周りの大人の言葉を聞き、それを模倣して言語を学ぶことを覚えておく必要があります。
  • 子供はできる限り多くの人と話し、コミュニケーションをとることが大切です。できる限りシンプルな言葉ながら多くのコミュニケーションを心がけましょう。
  • 母乳育児の際には、子供との口頭でのコミュニケーションに時間を費やすことが重要です。
  • 言葉が出る前の段階でも「ベビーサイン」と呼ばれる手話のような方法で赤ちゃんが親のジェスチャーを模倣してコミュニケーションを開始することができます。
  • また生後6カ月を過ぎたあたりから、両親は子供たちに毎日本を読みましょう。楽しい絵などを含む物語は、子供の言語発達を刺激するのに理想的です。
  • 入浴時間や洋服を着替える時間も、言葉やスピーチ力を鍛えるように努力してください。目の前にある物の名前を口にしたり、洋服、体の名前など多くの単語を学ぶ良い機会です。
  • 両親や周りの大人は、子供の言語の間違いを決して笑ってはいけません。
  • 子供の間違いを真似したりバカにすることで、子供の心に深い傷を与える危険があります。忍耐強く広い心で子供の言語の発達をサポートしてください。