眼瞼炎:原因、症状、治療法

9月 16, 2019
眼瞼炎は、まぶたの炎症からなる病気です。合併症を避けるために、正しい治療を行うことが大切です。本記事では、この病気の詳細についてお話しします。

眼瞼炎はまぶたの端で起こる炎症です。

この症状を正しく理解するためには、まぶたの端にある物質を分泌する機能のあるいくつかの腺があることを覚えておきましょう。

これらの腺の中にはマイボーム腺と呼ばれる脂肪を生成するものがありますが、これらの腺で起こる問題が眼瞼炎の最も一般的な原因の一つです。

何かがマイボーム腺を阻害すると必要な物質を排出することができず、皮膚の細菌が増殖します。

眼瞼炎は両まぶたに影響し、マイボーム腺があるまつげが成長する部分で発症することがほとんどです。

眼瞼炎は最も一般的な目の病気の1つで、男女のどちらもそして人生のどの時点でも発症する可能性があります。

一般的な症状

まぶたの端の炎症である眼瞼炎

眼瞼炎には、いくつか一般的な症状があります。

  • 明るい光に対する過敏さ
  • 赤い目または涙目:目の水分を保持する腺が塞がれている場合には、ドライアイを起こすことがあります。
  • まぶたの腫れ:赤みを帯びて、脂っぽく見えることがあります。
  • 頻繁にまばたきする:刺すような痛みや不快感や自分の目に砂が入っているように感じると話す患者が多くいます。

その他の症状には次のものも含まれます。

  • まつげの変化:一般的に、まつ毛がおかしな方向に成長することがあります。
  • 目の周りとまぶたが皮膚が乾燥しはがれる:この問題が長期間続くと傷跡などが残る可能性があります。
  • 朝起きた時、目の周りが硬い物質が付着している
  • ものもらい:まつげの根元にできるしこりのようなもので、一般的には不快感を伴い感染症が原因だと考えられています。
  • しこり:皮脂腺に感染があると、まぶたの内側と外側の両方を含む場所にしこりが形成されます。この場合炎症を起こしてまぶたが赤くなります。
  • 慢性結膜炎
  • まぶたへの刺激や傷による角膜の問題が生じる

ご存知ですか?:結膜炎の症状を緩和する7つの自然療法

眼瞼炎の考えられる原因

眼瞼炎の原因

専門医でも、眼瞼炎の正確な原因が何であるかを確信していませんが、多くの要因が引き起こしていると話します。

最も一般的な原因は次のとおりです。

  • まぶたの皮脂腺を阻害するもの:細菌感染がそのひとつです。
  • 脂漏性皮膚炎または酒さなどの皮膚障害
  • ダニシラミなどの生き物:まぶたに可能性のあるこれらの生き物との接触
  • 薬品や化学物質:化粧品などの化学物質へのアレルギー反応

眼瞼炎の治療法

まず最初に、医師が眼瞼炎と診断する必要がありますが、そのためにはいくつかの検査が含まれます。

その後、最適な治療法が決定します。

最も一般的な治療法のいくつかは次のとおりです。

  • 根本的な問題の治療:酒さや脂漏性皮膚炎が原因の患者に役立ちます。
  • 抗生物質の投与:皮脂腺の細菌感染症を治療するための抗生物質が、点眼薬などの形状で処方されます。経口摂取する薬もあります。
  • 目の腫れを抑える抗炎症薬:一般的に点眼薬か軟膏として処方されます。
  • 点眼薬:ドライアイの患者に使用します。
  • 抗ヒスタミン剤:引き金がアレルギーの場合です。

こちらもご覧ください:イブプロフェンについて知っておくべき事

ケアと衛生

上記の治療法に加えて大切なのがパーソナルケアです。

今回の方法は、1日に2〜4回行うことができます。

次の手順に従ってください。

  • まぶたに湿布または湿ったガーゼを数分間置きます。この方法で硬くなっている部分が簡単に取れます。取れた後は、ガーゼを交換してください。
  • もう一度冷水シップを行います。そしてまぶたの端をもう1回湿らせ、軽くこすってきれいいしてください。
  • 大量の温水ですすいでください。清潔なタオルで優しく触れるように乾燥させるのが正しい方法です。