がん患者の適切な食事

15 12月, 2020
がん患者に適した食事には、抗酸化物質の摂取量を助けてくれる果物と野菜が必要不可欠です。この記事では、がん患者の食事についての科学的研究の結果をお伝えします。

がんは、遺伝的要因と環境要因の両方に依存する複雑な病気です。食事は、この病理が発症するリスクに影響を与える可能性があり、同時に、患者は化学療法による治療を必要とすることになります。がん患者のために適切な食事療法を確立するためには、一連のガイドラインを念頭に置くことが重要です。例えば、腫瘍の成長に寄与する食品や物質を制限することが基本となります。

また、抗酸化作用や抗炎症作用を持つ食事をすることも重要です。これらの成分は、化学療法の効果を最大限に引き出し、治療の副作用を減らすことができます。

加工食品の摂取をやめる

添加物や単糖、トランス脂肪を多く含む加工食品を食べることは、がんを発症するリスクの増加に関係しています。British Medical Journal(イギリス医師会雑誌)に掲載された論文が、この関係を説明しています。

これらの物質は、細胞レベルで発生する突然変異の数を増加させます。腫瘍のエネルギー基質となり、腫瘍の増殖に寄与します。このような理由から、がんと診断された患者には、加工食品を制限することが基本となります。

健康な人の食事で加工食品を控えることには病気の予防的な効果がありますが、がん患者の場合には寿命を延ばすことにつながります。これは、そのような食事が、患者が治療に好意的に反応する可能性を高めることに関係しています。

加工食品の摂取をやめる がん患者
加工食品は治療に悪影響なので、がん患者の食事には適していません。

がん患者の適切な食事には抗酸化作用のある食品が含まれていることが望ましい

抗酸化物質は、フリーラジカルの形成に対抗する物質です。抗酸化物質は酸化ストレスに対抗し、がん化の原因となるDNAの突然変異のリスクを軽減します。定期的に摂取することで、がんを防ぐことができます。

すでにがんを患っている人の場合は、腫瘍の成長を止めるために、抗酸化物質の摂取量を増やすことが重要です。トマトに含まれるリコピンのような植物性栄養素は、腫瘍の成長を遅らせるのに役立つ可能性があります。Nutrition and Cancer(栄養学とがん)誌に発表された論文は、この事実を裏付けるものです。

抗酸化物質の摂取量を増やすためには、果物や野菜を多く食べる必要があります。さらに、特にアブラナ科の野菜だけでなく、赤野菜の摂取量を増やす必要があります。

こちらもお読みください:肺がん細胞を死滅させる茶葉由来のナノ粒子

エキゾチックな果物は、ビタミンや植物栄養素を豊富に含んでいるのが特徴です。そのため、細胞の酸化を防ぐという目的を果たすことができます。がん患者のための食事となると、多様性が鍵となります。

がん患者の食事とサプリメント

さらに、サプリメントという形で、がん患者を助けることができる物質があります。その1つがメラトニンという、概日睡眠リズムを整える役割を担うホルモンで、大きな抗酸化力を持っています。

メラトニンの効果は、科学的な文献で実証されています。例えば、「Oncotarget誌」に掲載された論文に反映されているとおりです。

サプリメントの利点は、臨床レベルで今日使用されている用量より増やした場合で見られると言われています。メラトニンとがんの予防や治療に関する研究では、1日10ミリグラムよりも多い用量を使用しています。

さらに、メラトニンは、薬理学的治療に関連する副作用を減らすことができます。つまり、睡眠を改善し、ストレス値を低減し、代謝と関係している要因を改善します。

こちらもお読みください:肉とがんに関するWHOの調査結果

抗酸化物質の豊富な食事 がん患者の適切な食事
がん患者の食事では、様々な果物と野菜で抗酸化物質を摂取することが重要です。

がん患者には栄養の最適化が必須

がんは、特定の環境要因に直接関係する多因子性の病気です。したがって患者は、発症の予防だけでなく治療にも役立つように、食事を最適化する必要があります。

栄養素を適切に摂取することで、腫瘍の成長を止め、薬理学的治療の効果を最大限に引き出すことができます。このような効果を得るためには、果物や野菜を摂取することが重要です。これらの食品には抗酸化力の高いビタミンや植物栄養素が含まれています。

さらに、炎症を引き起こし変異原性を増加させるような食品を制限することが基本です。例えば、加工食品は健康に中長期的に悪影響を及ぼし複雑な病気の発症につながっています。

  • Fiolet T., Srour B., Sellem L., Kesse Guyot E., et al., Consumption of ultra processed foods and cancer risk: results from NutriNet- Santé prospective cohort. BMJ, 2018.
  • Athreya K., Xavier MF., Antioxidants in the treatment of cancer. Nutr Cancer, 2017. 69 (8): 1099-1104.
  • Li Y., Li S., Zhou Y., Meng X., et al., Melatonin for the prevention and treatment of cancer. Oncotarget, 2017. 8 (24): 39896-39921.