がんの骨転移 症状と治療

05 10月, 2020
骨転移は進行したがんの非常に深刻な状態です。今回の記事ではもしもという時にどうすればいいのかをお伝えします。

骨転移とは、特定の癌が進行し、骨に影響を及ぼす重大な合併症に至ることです。基本的には、臓器内の腫瘍の新細胞が骨に転移します。

まず強調したいのは、骨転移イコール原発性骨腫瘍ではないということです。つまり、骨の組織内で発病したのではなく、乳房や肺などの別の臓器で発病したということです。

言い換えれば、骨に病気が広がったということです。しかし、通常は脊柱や長い骨に広がります。これは、血液やリンパの循環が体液を排出する方法に関係しています。

腫瘍細胞が骨に到達すると、そこで増殖を始めます。骨転移は通常、骨組織の細胞である骨芽細胞や破骨細胞を刺激するものを作ります。そして、刺激しすぎて組織に悪影響が出ます。

次に、破骨細胞のせいで組織が弱くなったり、骨芽細胞のせいで組織が硬くなったりします。どちらにしても害があります。

また、ほとんどのがんは転移する可能性がありますが、乳がんや前立腺がんに多く見られます。一旦転移が起こると、原発性の腫瘍と新たに転移した腫瘍の両方に症状が現れます。

骨転移の症状

異なる骨転移の種類も、原因となる腫瘍の違いを超え、共通の症状を持っています。通常見られる症状のいくつかは以下の通りです。

  • 痛み。これが主な特徴です。しかし、持続的な痛みである場合もあれば、そうでない場合もあります。ある患者では、動きとともに悪化するのに対し、他の患者では安静にしていても常に痛みを感じることがあります。そのため、治療が難しくなることもあります。
  • 骨折。すでに述べたように、転移によって骨が弱くなることがあります。骨が弱っていると、少しの力でも骨折しやすくなります。がん患者は骨折しないように細心の注意を払うことが大切です。
  • 高カルシウム血症。腫瘍によって実際にカルシウムが血液中に放出されることがあります。悪化すると、より多くの症状が現れます。例えば、便秘、食欲不振、頻尿などです。食欲がないのに大量の排尿がある状態だと、脱水症状を起こすことがあります。
  • 圧迫。骨転移がよく見られる場所の一つは、背骨です。損傷を受けた椎骨は、縮んだり、重なり合ったり、位置が変わったりします。そして、神経や脊髄が圧迫されることがあるのです
骨転移の症状 がんの骨転移

骨転移の治療

治療には2つ方法があり、より局所的なアプローチと全身的なアプローチです。初期がんの種類や患者の臨床状態、治療の可否によって選択することになります。もう少し詳しく見てみましょう。

こちらもお読みください:J&J、ベビーパウダー使用によるがん患者に455億円の賠償義務

全身療法の選択肢

  • 化学療法。腫瘍細胞のプロセスの一部を中断させる薬剤を使用します。通常、これが最も一般的な治療法です。
  • 放射線療法。特殊な装置からの放射線が体内に浸透してがん細胞を破壊します。放射線療法の回数や線量は、患者によって異なります。通常、骨転移による痛みのコントロールに非常に効果的です。
  • ホルモン療法。特定のホルモンを阻害する薬を使用します。乳がんや前立腺がんによく使われる治療法です。
  • 免疫療法。これも薬物療法ですが、免疫系の機能を模倣したものです。
  • 放射性医薬品。この場合、外部からの機器ではなく、体の中から放射線を出します。放射性医薬品を患者の体内に注入し、骨転移まで移動させ、腫瘍細胞を攻撃します。
骨転移の治療 がん

局所療法

  • ビスホスホネート製剤。ビスホスホネート系薬剤は、破骨細胞の働きを阻害して健康な骨を破壊しないようにします。
  • デノスマブ。ビスホスホネートと同様に、デノスマブも破骨細胞を阻害します。他の薬とは少し違いますが、最終的には似たような結果が得られます。
  • 椎骨形成術。骨転移が脊椎にある場合、速効性骨接着剤の直接注入に代わる方法があり、これは椎骨形成術と呼ばれています。実際、痛みを鎮めるのに十分な効果があります。
  • 手術。最後に、一定の条件を満たせば外科的治療が可能です。転移の状態により、外科医が手術をして可能な限り切除することができます。

こちらもお読みください:早期発見に役立てよう!前立腺がん検査の実施方法

骨転移に対する行動

骨転移の出現は深刻な癌の合併症です。患者にとって重要なのは、専門家のチームが利用可能な最善の選択肢を提供することです。利用可能な新しい治療法の選択肢があれば、がんに苦しむ人々の生活の質を向上させることが可能です。

  • Vicent, S., et al. “Las metástasis óseas del cáncer.” Anales del Sistema Sanitario de Navarra. Vol. 29. No. 2. Gobierno de Navarra. Departamento de Salud, 2006.
  • García, F. BAIXAULI, et al. “Estado actual de las metástasis óseas.” Revista española de cirugía osteoarticular 49.257 (2014).
  • Centeno, C., et al. “Metástasis óseas: manifestaciones clínicas y complicaciones. Un tratamiento multidisciplinar.” Med Pal 8 (2001): 100-108.
  • Durand, J-P., et al. “Metástasis óseas: manejo multidisciplinario, conducta diagnóstica y terapéutica.” EMC-Aparato locomotor 46.1 (2013): 1-16.
  • Salazar Pacheco, Rudy, et al. “Metástasis óseas en tumores malignos de la mama. Breve informe epidemiológico.” Acta Ortopédica Mexicana 16.2 (2002): 51-55.