フルクトースの摂取を減らし簡単に体重を減らす方法

2月 28, 2017
体重を減らすためにカロリーや砂糖を制限しても、全く効果が現れていない方は、フルクトースの摂取を減らすのが減量への近道かもしれません。

摂取カロリーをすべて計算する方法から脂肪の摂取がすべての原因だとする方法まで、「簡単に体重を減らす」といわれる方法や理論が数多く提唱されています。ダイエットにおいて砂糖や精製された炭水化物も減量に悪影響を及ぼすとされており、これらを制限するダイエット方法も人気です。

これらのどの方法を試しても減量効果が現れない方は、今回ご紹介するフルクトースが多く含まれる食品の摂取を減らす方法をお試しください。

効果が現れない減量方法

多くのダイエット方法を試しても全く効果の現れない場合は、これからご紹介する4つの減量方法を見直すことから始めましょう。

1.カロリー計算

カロリーを計算するダイエット方法は、一時期よりもその人気は低下しています。栄養士や専門家によると、摂取する食品によって、カロリーの体への影響が異なるため、カロリーを計算するだけでは十分な効果が得られないことがあるからです。

例えば100カロリーのきゅうりと100カロリーの市販のパンでは体や健康に与える影響が異なります。

2.脂肪の摂取を減らす

カロリー計算と同じで、脂肪酸には、体を正常に機能させるために大切な良い脂肪酸(不飽和脂肪酸)と、健康に悪影響を及ぼす悪い脂肪(飽和脂肪酸)があるため、ただ脂肪を減らすだけではダイエット効果が得られません。

ナッツ類、冷却圧搾製法で作られたオイル(オリーブオイル、ココナッツオイル、ごま油、フラックスオイル)アボカド、種類、卵の黄身などは食事に取り入れるべき脂肪酸であり、これらの摂取量を減らしたり摂取をやめてはいけません。

3.白砂糖を摂取しない

白砂糖の摂取をやめるダイエット方法には栄養士や専門家も賛同しています。白砂糖の摂取をやめることで減量効果が期待できますが、これだけでは十分な減量ができない人もいます。

4.精製された炭水化物を摂取しない

パン、焼き菓子、クッキー、ピザなど、精製された炭水化物を材料とするこれらの製品を食べないダイエットは最も効果的なダイエットの一つとされています。

このダイエット方法には動物性タンパク質が含まれた食品の摂取を避ける効果もありますが、最終的にリバウンドを起こすことが多く、体の健康にダメージを与える例も報告されています。

3-weight-loss

フルクトース制限ダイエット

フルクトース制限が向いている人は?

上記のダイエットを試したけれど効果が現れなかった人やリバウンドをしてしまった人です。以下の人々にも効果があります:

  • 減量がなかなか成功しない人
  • 果物をたくさん食べる人
  • 健康的に体重を減らしたいがカロリー計算が苦手な人や、体に良い脂肪酸を食事に取り入れたい人にお勧めです。

フルクトースとは

2-sugar-crystals

フルクトースとは果物やハチミツに含まれる糖分で、一部の野菜にも少量含まれています。グルコースと共にフルクトースは、とうもろこしや小麦でできたシロップなど、パン類、焼き菓子、ジャムなどの甘いものを作るときの甘みをつける材料となる砂糖に多く含まれています。

最近の研究によると、フルクトースは私たちの代謝にも悪影響を及ぼすことが明らかになっています。また血液中の中性脂肪値、お腹周りの脂肪の蓄積、そして肥満などの多くの健康問題とも関連があると発表されました。

つまり砂糖の摂取をやめたのに、毎日フルクトースを摂取していると、フルクトースのせいで減量効果が発揮されず、体全体の健康を改善や減量に失敗する結果となっているのです。

フルクトースの含有量が高い食品

3-sugary-sweets

今回ご紹介するダイエット方法を実行するときは、フルクトースが多く含まれる以下の食品は食べないようにしてください

  • パックに入りの飲み物や瓶にはいったフルーツジュース
  • 甘く乳製品の入ったコーヒー、例えばフラペチーノなど。
  • 甘みを添加した朝食用シリアル
  • ケーキやクッキー
  • 甘みを加えたアイスクリームやヨーグルト
  • ジャム、マーガリン、シロップ漬けの果物
  • 加工したハチミツやシロップ
  • アルコール飲料
  • 全粒穀類のパン

また、以下の果物にはフルクトースが多く含まれているため、摂取を減らすように心がけてください。(含まれている量が多い順に並べています)

  • 干しぶどう、デーツ、乾燥イチジク
  • マンゴとパパイア
  • ブドウ
  • 梨とリンゴ
  • スイカ
  • ブルーペリー
  • バナナ
  • パイナップル

フルクトースの含有量が低い果物

果物にはビタミンとミネラルが豊富に含まれています。体重を減らしたいけれど、どのダイエット方法も効果がないという方にはフルクトース制限ダイエットをお試しください。

以下のフルクトースの含有量が少ない果物ならば、制限中でも摂取できます。(含まれている量が少ない順に並べています)

  • レモンとライム
  • クランベリー
  • アプリコット
  • グアバ
  • メロン
  • キウイ
  • ブラックベリー
  • チェリー

フルーツジュースを飲む代わりに、自宅で果汁を絞ったりスムージーにして飲みましょう。そのときに葉野菜とフルクトースをあまり含まない果物を組み合わせるのがお勧めです。試してみる価値はありますよ!

あなたへおすすめ