炎症を起こしているときに避けた方が良い8つの食材

· 3月 30, 2019
炎症を起こしている時に、その症状を悪化させたり、副作用を引き起こす可能性がある食べ物があります。

炎症を起こしている時に、その症状を悪化させたり、副作用を引き起こす可能性がある食べ物があります。炎症を起こしている時は、そうした炎症の時に避けたほうがいい食材ではなく、症状を改善する効果がある他の食品を代わりに食べるようにしましょう。

炎症は、病気を引き起こす毒素や病原体が体に入ったときに、免疫システムによって引き起こされる自然な現象です。

免疫は、体内のあらゆる器官の健康を構成していて、痛みや疲労はそのプロセスにおいて起こる要素の一つです。

炎症は単発的に発生することが多いかもしれませんが、それが慢性的に続く人は、より深刻な問題を引き起こす可能性があります。

また、炎症はしばしば関節の痛み、胃の問題、および呼吸困難などに繋がることがあります。したがって、私たちの日常生活に多大な影響を与えるかもしれません。

残念ながら、私たちの多くはあまり炎症について深く考えていません。そして、炎症を悪化させる食品があるということを知らない人が多いです。

この記事では、炎症を起こしているとき、避けるべき8つの食品についてお話しします。

 

1、加工肉

加工肉 炎症の時に避けたほうがいい食材

加工肉は調理がとても簡単で、消費量も増加傾向にあります。しかし、加工肉は炎症に関しては大きな問題があります。

主な問題は、加工肉は高いレベルのナトリウム、硝酸塩、亜硝酸塩を含んでいること、さらに体内に入ると炎症反応を引き起こす様々な化学添加物質を含んでいることです。

また、脂肪の含有量が高いため、関節炎、痛風、変形性関節症などによって引き起こされる痛みを悪化させることがあります。

2、精製されたベジタブルオイル

ベジタブルオイルは世界中、どこの家のキッチンにも置いてあり、たくさんの人の毎日の食生活で使われています。

中には、オリーブオイルやサンフラワーオイルなど健康的なものもありますが、ほとんどのベジタブルオイルは、精製され、有害な脂肪が含まれています。

したがって、これらの油を定期的に消費していると炎症と、それに関連して引き起こされる病気の症状を悪化させます。

3、乳製品

乳製品

炎症状態を引き起こしている人は、一般的に牛乳、チーズやその他の乳製品を食べない方が良いと言われています。

もちろん全ての人が乳糖不耐症(乳製品をうまく消化できない)であるという訳ではありません。しかし、乳製品の摂取により、消化器系の問題を引き起こす可能性があり、これが結果として炎症を悪化させます。

乳製品は以下の問題と関係があります。

・胃腸の問題

・便秘と下痢

・蕁麻疹と皮膚アレルギー

・呼吸困難

・関節痛

こちらもお読みだください:ヘルシーなチーズの種類

4、揚げ物

揚げ物には、トランス脂肪酸や過剰な量のナトリウムが含まれ、化学化合物が添加されています。炎症を引き起こすことに加えて、これらの成分は代謝のバランスを崩します。

揚げ物を食べると炎症性疾患の症状が悪化し、さらに体重増加、消化器系疾患、およびコレステロール値が上昇します。

5、精製された小麦粉

小麦粉

精製された小麦粉は、栄養価が低くなっており、過度に消費すると炎症を引き起こすことがあります。

少量を摂取する分には大きな問題ではありませんが、定期的に摂取していると腹部や関節の炎症が悪化します。

精製された小麦粉は以下の食品によく使われています。

・ピザ

・デザート

・パン

・ビスケット

・一般的なベーカリー製品

6、マーガリン

あなたが健康であっても、マーガリンの消費は減らしましょう。

マーガリンには、炎症および代謝のバランスを崩す高レベルのトランス脂肪酸、そして硬化油が含まれています。

またマーガリンはカロリーが高いため、体重増加に繋がり、それが関節炎疾患の方、また他の骨に関する問題や慢性的な痛みがある人の症状が悪化する傾向があります。

こちらもお読みください:代謝を上げる4つの方法

7、シーフード

魚介のパエリア 炎症の時に避けたほうがいい食材

もし炎症が体内の尿酸が蓄積されることによって引き起こされている場合は、シーフードの消費を減らしましょう。

・シーフードには高濃度のプリン体が含まれているためです。プリン体は、体内で尿酸に変化します。

・これが関節と肝臓に蓄積し、結晶化、痛風や肝臓結石を発症する可能性があります。

8、塩

実は、塩は私たちの健康にとって潜在的に危険である食品の一つです。適切な量を消費することは私たちの特定の身体機能にとって大切ですが、過度な摂取は深刻な有害反応を引き起こす可能性があります。

考えられる一つの問題は体液貯蓄であり、これは炎症を悪化させる原因の一つです。

さらに、高血圧や循環器系の問題を引き起こすこともあります。

炎症による体調不良や病気に苦しんでいませんか?その場合は、ここで紹介した食べ物の消費を減らして、より健康的な食品を代わりに摂取してください。

これらの食品は炎症にとって有害ですが、逆に炎症を抑えてくれる食品もたくさんあります。

 

  • Ludwig, D. S., & Willett, W. C. (2013, September). Three daily servings of reduced-fat milk: An evidence-based recommendation? JAMA Pediatrics. https://doi.org/10.1001/jamapediatrics.2013.2408
  • Czaja-Bulsa, G. (2015, April 1). Non coeliac gluten sensitivity – A new disease with gluten intolerance. Clinical Nutrition. Churchill Livingstone. https://doi.org/10.1016/j.clnu.2014.08.012
  • Hadjivassiliou, M., Sanders, D. S., Grünewald, R. A., Woodroofe, N., Boscolo, S., & Aeschlimann, D. (2010). Gluten sensitivity: from gut to brain. The Lancet Neurology9(3), 318–330. https://doi.org/10.1016/S1474-4422(09)70290-X