どれくらいの頻度で/シャンプーするべき?

4月 26, 2016
皮膚、髪、体毛の専門家の間でも、シャンプーの利用とその頻度に関しては意見が分かれるところ。そのため、自分の頭皮の状態をよく観察して、それに合わせて調整していくのがベスト。

皮脂は私たちの肌と髪の水分を保ってくれるもの。皮脂なしでは、皮膚が乾燥してはげ落ちてしまい、細胞が常にむき出しに。だからと言って、皮膚と髪に皮脂が溜まってしまうのも、洗いすぎてパサパサになってしまうのと同じくらい困りものなのでは? 私たちの洗髪とは実際は何なのかというと、皮膚と髪に溜まった油分をシャンプーを使って取り除き、それをコンディショナーやトリートメントで補うというもの。これを一般的に毎日行うのには、いくつかの理由があります。西洋的な感覚では、数日間お風呂に入らずに、髪が油っぽく見えてしまうことを嫌う、というのが一つ。でも実際のところ、じゃあどれくらいの頻度でシャンプーするのが適切?

シャンプーを使うべきか否か

シャンプーを毎日使うのは、実は新しい習慣。1950年代には、女性は週に一度床屋で髪を洗ったり梳いたりしていたもの。しかし時代が変わるとともに、家庭で毎日シャンプーするように習慣が変化。でも、毎日のシャンプーって本当に必要なもの?

Champu-casero

その答えは、実はそれぞれの好み。肌、髪、頭皮などの専門家の間ですら、シャンプーの利用やその頻度に関しては様々な意見が。常に取り除かれてしまう皮脂を補おうとして結果的に脂性へとつながり、頻繁にシャンプーを使うのは良くないという意見が一つ。逆に、毛穴や毛包に皮脂が溜まって、ニキビをはじめとした肌のトラブルを防ぐためにもシャンプーは必要だという意見も。

個人の好みとは別に、2007年、オーストラリアのラジオ番組から来たゲストが、10年間も髪を洗っていないと告白したことがきっかけで、とある実験が行われることに。反響が大きく多数の視聴者からの電話を受けたラジオ局は、その後、6週間シャンプーなしチャレンジを発表、そして参加人数はなんと500人。6週間後、86パーセントの参加者が、シャンプーを定期的に使っていた時と比べても、実は全く変化がない(良くも悪くもならなかった)と報告。

意見は様々

じゃあ、実際どれくらいの頻度で洗髪するべき?その答えは簡単ではなく、誰に質問するのか、どんな髪質なのかによって大きな違いが。

例えば髪が細い人は、髪を洗った次の日にはすでにべたつき始めるという人も多いはず。そういう場合は、頻繁に洗髪してOK。逆に髪がカールしていたり太い人は、3日に一度の洗髪程度で大丈夫な場合も。人によっては、髪を洗った日はパサついたり柔らかすぎて、次の日のほうが扱いやすいという人もいるので、本当に人それぞれ。

Cabello-mascarilla

専門家の中には、週に2度髪を洗うか、洗髪が必要だと感じたときに洗うのが良い目安だとする意見が。もしも髪が太くて長いカーリーヘアの場合は、洗髪、乾燥、髪を解いてセットするまでかなりの時間を必要とし、それもあって週単位でしっかり洗うくらいで大丈夫な場合も多数。しかし、毎日洗髪することを勧める人もいるのが実情。

一つ言えることは、理想は頭皮の状態をよく見て必要に応じて洗髪の回数を調整すること。髪が油っぽい人は、毎日髪を洗ってOK。ただし、その場合は刺激の少ないものを選んで、毎日繰り返して強いシャンプーを使うことで髪が傷んでしまわないよう注意を。逆に髪が乾燥している場合は、洗う回数は少なくても大丈夫。また、シャンプーの代わりに良いリンスや髪を保湿してくれるものを使うのも効果的。

あなたへおすすめ