デリケートゾーンのかゆみの5つの原因

· 5月 15, 2017
デリケートゾーンのかゆみは、必ずしも深刻な病状とはかぎりません。しかし、かゆみが続く場合はその原因を知り、適切な治療を受けることをお勧めします。

デリケートゾーンのかゆみが起こる原因はたくさんあり、多くの女性をその不快な症状で悩ませます。

その多くは、感染症や婦人科疾患に関連しているため、悩んでいる方もなかなか他人に相談しにくい問題です。

症状は、通常数日後には消えていることがほとんどですが、その数日間はかゆみに敏感になり、不安や心配な気持ちを抱える方が多いようです。

この症状に悩んでいる方はたくさんいるので、あまり心配することはありません。しかし、デリケートゾーンにはいつも注意をはらい、もしなにか気になる点がある場合には素早く対処できた方が賢明です。

信頼できる婦人科医の診断を受けて、原因を調べるのがよいでしょう。

デリケートゾーンのかゆみが、どのような理由で起こるのか、あまりご存知でない方が多いようなので、今日は、かゆみの原因トップ5をご紹介します。

なにが原因でかゆみが起こるのか、早速見ていきましょう!

1.真菌感染によるかゆみ

2-bacterial-infection

カンジダ症はデリケートゾーンに起こる疾患で、pH値の変化または膣内細菌のバランスの崩れが原因で発症します。

pH値は通常、酸性で平均して4.7以下です。しかし、この酸性度が不安定になると、乳酸菌レベルが低下し、微生物が増殖します。

これは、特定の生理用品の使用、窮屈すぎる下着、さらに食生活の乱れによって引き起こる可能性があります。

真菌は、膣の中のような湿度の高い環境で、早いスピードで増殖し、悪臭やかゆみを引き起こします。

安定したpH値を維持するために、プレーンヨーグルトやその他のプロバイオテックスが含まれた製品を多く摂ることをお勧めします。

 

2.外陰部の炎症

外陰炎、または外陰部の炎症は、デリケードゾーンを頻繁に洗いすぎてしまったり、刺激の強い洗浄剤を使った時に発生します。

デリケートゾーンの皮膚は、とても敏感で、刺激が強い生理用品などを使うと膣内のpH値を変化させます。

ジムに行った後、汗をかいた服をすぐに着替えないのも、この症状を引き起こす原因となります。

かゆみを軽減し、炎症を鎮めるには、温めのお風呂に入り、酸性のpH値の取れた石けんを使用してください。

温かいお湯とリンゴ酢を薄めたもので、デリケートゾーンを洗うこともお勧めです。

 

3.刺激の強い脱毛法

3-shaving-bikini-line

身体の全ての箇所に適した、様々な脱毛方法があります。デリケートゾーンには、どのような方法が一番適しているのかを知ることが大切です。

カミソリを使用するシェービングは、デリケートゾーンの皮膚にはあまりにも刺激が強いです。

この方法は、脱毛クリームと同様、炎症や埋没毛、そして長期間続くかゆみの原因になります。

デリケードゾーン用に作られた脱毛クリームを使用すれば、この問題を解決できます。

 

4.性感染症(STD)

性感染症だと診断されることを恐れている方はたくさんいますが、デリケートゾーンのかゆみは、病状のサインの一つだということを覚えておいてください。

もちろん、かゆみの全てが性感染症によって起こるものではありません。しかし、かゆみが頻繁に起こっている場合には、検診を受けてみることをお勧めします。

性感染症の多くは、長い間はっきりとした症状があらわれず、時間がたってから辛い痛みやひどい匂いがあらわれ、病気に気づく方がほとんどです。

かゆみと共に、小さな赤い湿疹、炎症、おりものに異常が見られる場合には注意し、ひどくなる前に婦人科医に相談しましょう。

 

5.お肌の状態

4-sexual-activity

乾癬(かんせん)や湿疹のような皮膚の病気もデリケートゾーンに影響を与えることがあります。

一般的には、身体の他の箇所に発症することが多いですが、症状と状況により、膣のかゆみの原因になることがあります。

もし、この症状が疑われる場合には、婦人科医に相談し、膣のpH値を調整する特別な治療を受ける必要があります。

コルチコステロイド軟膏や、お肌に優しい保湿クリームなどが乾癬の治療に使用されます。

 

かゆみがある場合はどうするべきか?

婦人科医の指導による治療に加えて、衛生習慣を見直し、通気性のよい服やコットン製の下着を着用してください。

デリケートゾーンは、いつも一定の湿り気が保たれていますので、細菌が繁殖しやすい場所です。ですから、有害な細菌に増殖する機会を与えないように、普段から注意するようにしましょう。