電磁場とは? その影響とは?

電磁場とは? その影響とは?
José Gerardo Rosciano Paganelli

によって書かれ、確認されています。 医者 José Gerardo Rosciano Paganelli.

最後の更新: 27 10月, 2018

パソコン、携帯電話、コンセント、電子レンジなどの日常使っている機器やデバイスは、生活を便利にしてくれますが、これらに囲まれることによって出来ている電磁場は、不眠症、心配症、アレルギーや乾燥肌など健康に悪影響を及ぼします。

今回は、電磁場とは何なのか、どんな影響があるのか、そして、パソコンや携帯電話などを使いながらもこの電磁場からどうやって身体を守っていくのかをご紹介して行きます。

電磁場って何?

現代、電磁場は、ありとあらゆる所にあります。あなたが電化製品を使っていなくても、近所からの電波は、あなたに届いてしまうのです。もし、これら電化製品が使われている場所から遠く離れており、ケーブルなどない所で暮らしていれば、電磁場は無いでしょうが、電磁場は、目に見えない為についその存在を忘れてしまいがちです。

オフィス

電磁場は、あなたの周りにある電化製品のデバイスや接続部分の電荷が蓄積されることによって作られます。例えば、テレビのアンテナ、ラジオ、電波を発信する電話局、レントゲン装置など、あたりを見回せば、それがどんなに多いか気づくでしょう。コンセントにプラグを差し込むだけで、電磁場はそのデバイスの周囲を含めた空気中に放出されます。そして、電圧が大きいほど、それは強くなるのです。インターネットを繋ぐと、その周辺のwifiの多さに気が付きますよね? それらは全て、身体に影響してきます。

また、地球のエネルギーによって作られている自然電磁場もあって、同様に身体への影響があります。これも、今回ここでご紹介するアドバイスでかなり防げます。

こちらもご覧ください ケータイ中毒:携帯電話から離れられないあなたへ

 

どの様に人体に影響してくるのか?

ここ数年で、電磁場は大幅に増加していますが、人体が電磁場に連続的に曝されている悪影響を確認する長期的な研究は、まだありません。しかし、高度に荷電された環境で一日中過ごしている人は、影響を感じているのではないでしょうか。オフィスで毎日長時間働いている人の多くが、以下のような問題を抱えています。

・神経系の病気: 鬱、不安感、神経過敏など

不眠症

アレルギー

・高血圧

・視界の問題

・乾燥肌

・集中力に問題が出る、めまい、方向感覚の喪失

片頭痛

・ストレス

・不妊、妊娠に関する問題

・自己免疫疾患

・不整脈

長期的にみると発がん性がある、と提言する研究もあります。

こちらもご覧ください ストレスが及ぼす負の影響

 

どうやって避けるのか

一番良い方法は、自然の中のオーガニックな家で電気が無い生活を送ることです。しかし、実際には多くの人にとってそんな生活は無理でしょう。

山小屋

出来る限り、過剰な電子機器を周囲に置くのを辞めて、インターネットもwifiではなくてケーブルを使うようにしましょう。これを自分の部屋や一日で最も長い時間を過ごす場所で実践してみて下さい。加えて、電磁波汚染を取り除く方法をいくつか挙げてみます。

裸足で砂上や芝生を最低でも一時間歩いてみる

・樹木を最低15分間抱きしめる

羊毛で出来た毛布をベッドか布団の下に敷いて寝る。(電磁波の絶縁体になる為)

・電磁波を絶縁できる商品を購入する(携帯電話用など色々あります)。

には、電磁波から守ってくれる特性がある為、これを色々と役立ててみる(銅を含んだ糸で服を作ったり、銅のブレスレットをしたり)。

 

試してみませんか?

こうしたことが信じられない方には、実験してみることをお勧めします。簡単な実験です。毎日電子レンジで水を沸騰させて下さい。そして、似通った植物を2つ用意して、そのお湯を冷ました水と蛇口からの水をそれそれあげていきます。これを一か月間行います。

一か月後、それらの植物の成長を見てみましょう。電子レンジを使った水の植物は、枯れてしまったり、もう一つの植物の様に成長できていないかもしれません。どうですか?

こちらの記事もおすすめです。
携帯電話の電磁波:最も強い機種TOP 10
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
携帯電話の電磁波:最も強い機種TOP 10

近年医療関係者の多くが、携帯電話などの電子デバイスの使いすぎについて、警告を発しています。誰もが携帯電話に頼って生活していると言っても過言ではありません。これらのデバイスが、がんやその他の深刻な病気を引き起こす可能性がある段階にまで達しています。特に携帯電話の電磁波の影響が高い機種をご紹介しま...




ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。