ダウン症の子どもを育てるということ

1月 9, 2020
ダウン症を持つ子どもは、親からのより多くの愛情、注意、サポートが必要です。また、バランスが取れた発育ができるよう、子どもの能力を育成するのに役立つアクティビティが推奨されます。

子育て一般に言えるように、ダウン症候群を持つ子どもを育てるのにも十分なコミュニケーションが不可欠です。また、その子のスキルと才能を伸ばすためのアクティビティを積極的に行うことが推奨されます。

ダウン症候群とは?

ダウン症候群は、21番染色体の3番目のコピーの全体または一部の存在によって引き起こされる遺伝的変異です。この変異は、1,000人に1人の確率で発生し、世界で最も一般的な遺伝的変化の1つと見なされています。

ダウン症候群の原因は明らかになっていません。ダウン症候群の子どもの場合、遺伝性のものもあれば、母親の年齢に関連するものもあります。それら以外では、ダウン症候群の原因とされるものは今のところありません。

こちらもお読みください:着床前遺伝子診断ってなんですか?:メリットと倫理の関係

ダウン症

身体的な特徴では、ダウン症候群の子どもは、アーモンド型の目、大きな口と唇、小さな耳などが共通して見られます。しかし、性格はそれぞれ全く異なるのです。学習方法やユーモアのセンスだってさまざまです。

確かなことは、ダウン症の子どもは非常に感情的に知的であり、愛情表現が積極的、ということです。

ダウン症候群の子どもを育てる方法

ダウン症の子どもの親になる道には、困難が伴うかもしれません。また、この症状に関する情報が十分でないために、不安にかられることもあるでしょう

でも心配しすぎないでください。愛情とサポートをたっぷり与える限り、他​​の子どもと同じように育てることができます。

ダウン症候群の子どもとの向き合い方に関するヒントはたくさんあります。まず、お子さんは完全に正常であり、そのように扱われるべきだ、と理解する必要があります。そのためには、凛とした態度を持ち、理解を示す必要があります。

また、子どもが親からの愛情を十分に感じられるようにしましょう。

さて、ダウン症の子どもを育てるコツをご紹介します。

十分なコミュニケーションをとる

親との良好なコミュニケーションは非常に重要です。ダウン症の子どもに対して何かを伝える時、表現方法にもっと注意を払う必要があります。

通常、ダウン症の子どもは話し始めるのに時間がかかります。同様に、言語とコミュニケーションの問題を抱えているかもしれません。でも、親は絶望してはいけません。グッと我慢して、お子さんと適切にコミュニケーションをとる方法を見つけてください。

こちらもお読みください:友達間のプレッシャーに直面した子供をサポートする方法

兄弟姉妹や他の子どもたちと遊ぶよう奨励する

親子

ダウン症の子どもには、時期を変えて現れる発達段階があります。ただし、これがコミュニケーションを妨げるという意味ではありません。兄弟姉妹や他の子どもたちと交流することで、十分で満足のいく発達が可能になります。

また、お子さんと周りの大人、特に普段の環境にいる大人と良い関係を持っている必要があります。他の人たちと交流し、アイデアを共有し、コミュニケーションするようにお子さんを奨励することは、お子さんが良い気分でいられるように繋がります。同時に、あなたの周りの人たちが状況に慣れる方法にもなるでしょう。

特別支援学校と一般校のどちらにするか

他の子どもたちと一緒というのが一般校の利点です。お子さんの自尊心を高め、周りと関係を築くのに役立ちます。しかし勉強に関しては、ダウン症の子どもは他の生徒と異なるペースで学習する可能性がありますので、これには教師の助けや家庭での両親の助けで対処したり、支援学級がある場合には大いに助けとなるでしょう。特別支援学校はもちろん、学校生活を送る上での特別な配慮がされているという利点があります。

 

さまざまなアクティビティに触れさせる

ダウン症の子どもを育てる

人は皆それぞれ、特定の才能やスキルを持っています。ダウン症の子どもだって例外ではなく、特定の分野で優れた能力を発揮することができます。

ダウン症を持つ子どもたちは、あらゆる活動を効果的に行うことができます。ただ、子どもが持てるすべての能力を探求することを可能にするような活動を奨励すれば良いだけです。

いくつか例を見てみましょう。

1. 芸術

絵画、音楽、ダンス、その他の芸術は、ダウン症の子どもたちの感情的知性を発達させるのに役立ちます。

ダウン症の子どもがいる場合、ダンス、歌、演技などのアクティビティに参加させることをお勧めします。このようなアクティビティを通してお子さんは自分の殻を破って考え、同時に新しいことを学ぶことができます。

2. スポーツ

スポーツは、ダウン症の子どもにも役立ちます。体調の改善、チームワーク、目標の達成などに役立ちます。

特に頻繁に短時間の休憩を取るようなスポーツは非常に有益です。最も推奨されるスポーツは次のとおり。

  • 水泳
  • サッカー
  • 新体操
  • バスケットボール
  • 卓球
  • 武道

3. ゲーム

子どもは誰だって、最適な発達のためにレクリエーションやエンターテイメントが必要です。ゲームでは、ダウン症の子どもが楽しめることをするのが重要です。

ゲームを通して、いろんなことを教えることができます。また、モチベーションを刺激する貴重なツールにもなります。

子どもの食事には特別な注意が必要?

ダウン症の子どもを育てる

ダウン症候群を持つ子どもにとって、栄養は重要です。この症状を持つ子どもは、通常、母乳を飲んだり哺乳瓶から飲んだりするのに時間がかかります。ですので、親は辛抱強く、子どもが新しい食べ物に順応しやすいように、食事へのモチベーションを高めるよう配慮する必要があります。

幼少期には、すべての食品群をバランスよく含む食事を与えることが重要です。ただし、ダウン症の子どもは、一般的に身長がやや低く、身体活動が少ない傾向があるため、太りやすい傾向があるのも事実です。

ダウン症の子どもの健康

ダウン症の子どものかなりの割合が心臓の問題を抱える可能性が指摘されています。45%が何等かの心臓の問題を抱えると推定されると同時に、肺の問題を抱える傾向もあるため、風邪をひきやすいのです。

ダウン症の子どもに見られるその他の健康問題は、白内障、近視、斜視などの聴覚および視力障害です。一部の赤ちゃんは腸の奇形を持って生まれることがあり、その場合は胃腸の問題に悩まされることもあります。

多くの病気に苦しむかもしれませんが、どうか心配しないでください。どれも治療可能です。最も重要なことは予防です。ですから、お子さんの健康状態を注意深く観察し、定期的に医師に相談する必要があります。

まとめ

ダウン症の子どもがいる家庭はたくさんあります。この子育ては非常にやりがいのある経験でもあるのです。何よりも愛情が、親がさまざまな課題を克服するのを助けてくれるでしょう。

http://www.sindromedown.net/