ダイエットに効果的なハーブ7種

12月 24, 2019
その補水効果と利尿作用のおかげで、以下に紹介する飲み物は、滞留した体液を流しだす助けになります。体重を落とす助けになるような感覚になるのはそのためです。

体重を落とすのに役立つ薬草があると聞いたことがある人も多いでしょう。一般的には、緑茶やスギナを使ったお茶と言った、家で簡単に作れるお茶がその対象です。

確かにこれらのお茶には健康に良い効果が期待できるものもありますが、だからと言って、それだけで減量できたり引き締まった体を手に入れられる訳ではありません。

しかし、充分な水分補給、バランスの取れた食事、適切な運動といった健康的な生活習慣にこれらのお茶をプラスすれば、目標達成の助けになってくれる可能性もあるのです。

減量のためのハーブ

以下に紹介するお茶を飲んだだけでは、減量には繋がりません。そのためには、活動的な生活スタイルを維持し、医師の指示に従うことが必須です。何か疑問がある時には、いつでも専門家に相談することで解決するべきです。

減量のためのハーブを使った飲み物を飲む場合に、覚えておくべき点がいくつかあります。

  • 減量のための絶対的な解決法ではない。
  • 砂糖や甘味料を加えるべきではない。
  • 医師の指示に従い、適量を飲むこと。
  • 人によってはこれらのハーブが副作用の原因となる場合があるため、その特徴や副作用の可能性を良く知っておく。

緑茶

緑茶

緑茶は、減量効果のあるハーブの中でも、世界中でポピュラーなものの一つです。中でもカフェイン、カテキン、そしてミネラル類が、ダイエットに効果的であるとされる理由です。

カテキンは、強力な抗酸化物質です。このため、代謝を促進して脂肪の燃焼を高める効果と結び付けられています。

更に、カリウムやマグネシウムといったミネラル分のおかげで、お茶は体内の老廃物を排出する強力な利尿薬なのです。

また、学術雑誌「The American Journal of Clinical Nutrition」の研究で、緑茶の抽出成分を毎日150mg摂取した人は、摂取しなかった人よりも体重が減ったという結果も出ています。

スギナ

スギナ

 

スギナには強力な利尿効果と便通を良くする効果があり、体に溜まった毒素や余分な水分を排出し、むくみの解消を助けてくれます。

また、上述した研究によれば、セルライト予防にもスギナが使われます。

メギ

メギは、減量の補助としてとても便利な薬草です。神経系の問題に効くとされる成分が特徴的で、何かを食べたいという不安感を抑えてくれると言う人が多くいます。ダイエットに取り入れられるのはそのためです。

更に、糖尿病やコレステロール値の高い人に効果的であるという研究結果も出ています。ただし副作用もあるため(妊婦、子供、現在薬を服用している人など)、飲み始める前に必ず医師に相談しましょう。

アーティチョーク

アーティチョーク

 

アーティチョークは、ダイエットに効果的な様々な成分を含んだ、食事に必ず取り入れたい食べ物です。2007年のある研究によると、抗炎症作用と強力な抗酸化物質が豊富であるとされています。

アーティチョークの葉(正確には苞)は、マグネシウム、カルシウム、鉄、カリウムが豊富。消化を助けて新陳代謝を活発にするだけでなく、満腹感をすぐに得られるのも特徴です。

ご存じですか?:緑茶を飲むことによる6つの貴重なメリットとは?

白樺

数年前に発表された学術研究によると、白樺にも利尿作用があり、腎臓を刺激して体内の毒素や余分な水分を排出する手助けをしてくれます。

この薬草に関する科学的研究はあまり多くありませんが、その減量効果は、主に脂肪低下物質やコレステロール降下物質といった特別な成分が含まれているおかげだとされています。

更に人々の間では、白樺が肝臓による胆汁の生成を促し、腎臓の働きを良くすると信じられています。ただし上でも述べた通り、こういった成分についたはまだまだ科学的証拠が少ないため、飲み始める場合には必ず医師に相談しましょう。

 

ヒバマタ

 

ヒバマタ

ヒバマタは、ヨウ素、たんぱく質、ビタミンB複合体の他に、鉄、マグネシウム、リンといったミネラルが豊富な海藻の一種です。ここにあげる研究によると、ヒバマタは甲状腺機能を刺激し、脂肪燃焼を助けてくれます。

ヒバマタの栄養分の中には時間がたって古くなると失われていくものがあるため、できるだけ新鮮なものを使うのが理想的です。お勧めは毎食前にヒバマタを摂取すること。満腹感を得るのにも効果的です。

マテ

マテもその減量効果のある成分で知られている植物です。これについては、アルゼンチンのフアン・アグスティン・マサ大学の研究で分析されています。この効果は、一種の「産熱」作用のある成分のおかげです。

さらに、食欲を抑えて満腹感を与える効果もあります。

マテ茶についてはこちらの記事もご覧ください:イェルバ・マテが減量に効果的な理由

最後に…

ここで挙げたハーブの減量効果を最大限に引き出すには、煎じ茶として飲むのがお勧めです。ただし、どれも摂りすぎは禁物。薬草とはいえ、過剰摂取すると副作用が出る可能性があるからです。

最後に、ダイエットの成功には、健康的な食生活、運動、十分な水分補給が欠かせないことも忘れないようにしましょう。また、これらのハーブの摂取が悪影響を及ぼさないことを確認するためにも、摂取し始める前に必ず医師に相談してください

  • Abdul G Dulloo, Claudette Duret, Dorothée Rohrer, Lucien Girardier, Nouri Mensi, Marc Fathi, Philippe Chantre, Jacques Vandermander; Efficacy of a green tea extract rich in catechin polyphenols and caffeine in increasing 24-h energy expenditure and fat oxidation in humans, The American Journal of Clinical Nutrition, Volume 70, Issue 6, 1 December 1999, Pages 1040–1045, https://doi.org/10.1093/ajcn/70.6.1040