大動脈解離について知りましょう

02 3月, 2020
研究によると、大動脈解離の患者の75%は、病院に行くまでに亡くなっているそうです。治療を受けない場合、最初の3ヶ月での致死率は90%の高さです。
 

大動脈解離は、とても深刻な外傷性傷害です。残念ながら、この種の外傷性大動脈破裂は一目瞭然と言えるものです。死亡率は頭への外傷の次に高く、16〜40%です。

大動脈解離の原因は、交通事故がもっとも多いのですが、転落も同じく多いでしょう。

研究によると、大動脈解離の患者の75%は、病院に行くまでに亡くなっているそうです。治療を受けない場合、最初の3ヶ月での致死率は90%の高さです。

生存率は、そのケガに関する深刻性や治療によります。

大動脈解離の分類

心臓

一般的に、医師は以下のように大動脈解離を分類します。

  • Class I:この解離はベータ遮断薬で治療され、安定または消え去るまで観察されます。
  • Class II:このタイプは、すぐに手術が必要となります。また、仮性動脈瘤に含まれます。深刻な解離の二次サインが現れるでしょう。
  • 最後は、大動脈の限定内膜裂傷(LIT)と呼ばれる中間グループです。この場合の治療は他の要素によります。他の要素とは、解離の安定性や深刻性を示す二次サインがあるか、他に関連するケガあるかを含みます。

大動脈解離の症状

また、患者の症状は、治療の選択にも影響を与えます。深刻な大動脈解離に関連する症状について見ていきましょう。

主な症状は以下のようなものです。

  • 偽性大動脈縮窄症。大動脈の異常
 
  • 重度のあざ
  • 巨大な血胸
  • 仮性動脈瘤の大きさや円周の50%以上の関与

残念ながら、これらの要素は大動脈解離の度合いを上げてしまいます。そのため緊急処置をしなくてはいけないでしょう。また、入院前低血圧も要素の一つです。

 

こちらも合わせてどうぞ:心臓の健康のためにーオーツ麦とりんご

 

大動脈解離の診断

血管

近年、大動脈解離の診断と治療の両面で改革が起きています。マルチ検出器の技術や新しい血管内修復技術の導入と共に進化しています。

これにより、些細な分析もでき、見逃すことが少なくなります。また、治療期間や手段の選択に直接関連する致死率が下げられることになります。

大動脈解離の自然進化は様々です。決定的な要素があっても、それだけではないのです。状態によって、適切な期間や治療が異なります。

胸部X線の発達のおかげで、大動脈剥離の診断が画期的となりました。現在、医師はかつてなら見つけられなかったような小さい大動脈解離や、出血を伴わない大動脈解離も発見できるようになりました。

 

こちらも合わせてどうぞ:動脈を健康に保つ方法

 

大動脈解離の治療

大動脈解離の治療には3つの方法があります。

  • ベータ遮断薬、カルシウム拮抗剤を使った医療血管拡張薬を使って血圧を下げる方法
  • 血管内動脈瘤修復
  • 外科手術

医師はすぐに治療を行うか、選択的、計画的に始めなくてはいけません。最近行われた血管内の修復に関しては、開胸手術を受けるか患者と比べると手術時間は比較的短く、輸血の必要性も低くなり、また入院期間もも短めになるでしょう。

 
  • Revista, & De. (2007). Estenosis aortica. Revista Argentina de Cardiologia.
  • Alva, C., Gómez, F. D., & Gutiérrez, L. Y. (2006). Estenosis valvular aórtica congénita. Actualización del tratamiento. Archivos de Cardiologia de Mexico.
  • Cuenca-Manteca, J., Salmerón-Febres, L. M., Rodríguez-Carmona, R. B., Sellés-Galiana, F., Ramos-Gutiérrez, V. E., Linares-Palomino, J. P., & Ros-Díe, E. (2006). Reparación endovascular de la rotura aórtica torácica en traumatismos cerrados. Presentación de dos casos. Angiologia. https://doi.org/10.1016/S0003-3170(06)75012-X