青あざを治す10の家庭療法

· 3月 6, 2016
りんご酢は血行促進を促します。あざ周辺に軽いマッサージを施すことで、皮膚の下で滞った血液をほぐすことができます。

血腫としても知られる青あざは、皮膚の皮膚表面の下で血液が溜まって形成されます。通常は打撃したり、打撲した後に体のどこかに現れます。みなさんも、一度はあざができたことがあるのではないでしょうか。この記事ではシンプルで効果的で、かつナチュラルなあざを治す10の家庭療法を紹介します。

1.アルニカの根

アルニカはあらゆる種類のあざに利用可能な最も効果的で有名なものの一つです。アルニカとは、黄色い綺麗な花を咲かせるキク科の多年草で、外傷や打撲等に軟膏やクリームとして古くから活用されてきました。アルニカには抗炎症剤と鎮痛剤の効果があります。この効果はヘレナリンやジヒドロヘレナリンと同様に、没食子、コーヒー、及びクロロゲン酸類が多く含まれるためです。

2.氷

氷

よく知られたあざや瘤の治療法として、一般的に氷があります。実際に、この治療法は長い間使われています。冷却は肌表面の下の血管を縮めて炎症を低減してくれる点で氷が効果的です。氷は患部を麻痺させ、傷の悪化を防いでくれる効果もあります。衝突後はできるだけ早く氷を押し当てることが重要です。

3.塩

塩を使うのも、あざを治すには良い選択です。患部に塩を少しつけることで、塩は皮膚の下に蓄積するリンパ液を吸収し、炎症や痛みを軽減してくれます。

こちらもご覧ください どの種類の塩が一番ヘルシー?

4.玉ねぎ

玉ねぎも一つの選択です。あざができた時、玉ねぎの層の部分を患部につけます。アリナーゼ、これは玉ねぎをスライスしている時に私たちの涙を出させる成分と同じ化合物であり、リンパ液の流れの促進や、皮膚の下に血液が溜まるのを防ぐことにも役立ちます。何かにぶつかった後は、できるだけ早くタマネギをつけるのがよいでしょう。

5.りんご酢

いくつかのガーゼにりんご酢を注ぎ、あざにつけて軽くマッサージします。これが皮膚の表面近くの血行を刺激し、滞った血液をほぐします。

6.アロエベラ

1-アロエ

アロエベラは、その抗炎症作用がよく知られており、あらゆる種類の瘤やケガ、特に火傷に使用されます。傷の範囲にアロエベラをつけると、傷が紫色に変わるのを防いでくれます。事前にゲルを冷却した場合は、痛みはもちろん、炎症を軽減することもできます。

7.パセリ

あざが現れたら、パセリを何本かカットし、患部につけます。パセリには鎮痛や抗炎症の特性をもち、痛みを和らげるのに役立ちます。パセリはまた、関節の腫れを減少させるためにも使用されます。

こちらもご覧ください 無月経に効くカモミールとパセリの治療薬

8.マンサク

マンサクは日本やカナダでよく知られた植物であり、その性質は炎症の軽減や脳卒中に伴う痛みを和らげることができます。そのため、この植物の葉を使ってお茶を作り、湿らせた布を使って患部にそのお茶をつけます。日本では沖縄を除く各地の山野に分布します。

9.ニンニク

7-にんにく

ニンニクもまたあざの治療に大変優れています。強力な抗酸化物質を持つので、生ニンニクのしぼり汁をあざにつけることによって、組織の成長を促すことができます。

10.ジャガイモ

最後に、ジャガイモは健康な細胞の成長を促進し、痛みや炎症を減少させるカタラーゼを含みます。傷の上にジャガイモの小さなスライスを置き、そのまま数分置きます。