大動脈解離:症状、原因、予防について

10月 1, 2019
大動脈解離は、直ちに医療的な介入が必要となる病気です。今回はその症状と予防に役立つ情報をご紹介します。

大動脈解離は、緊急の外科的な介入を必要とする、医学的に「緊急の事態」と見なされています。

その高い死亡率からも、できるだけ早い治療が必要です。

今回は、大動脈解離の症状、原因、および予防について詳しく説明します。このままご覧ください。

ご存知ですか?:動脈を健康に保つ方法

大動脈解離

この言葉を聞いたことがない人の方が多いかもしれませんが、現代社会では大動脈解離の発症が増えています。

大動脈解離とは何か、そしてその原因と症状、および予防方法を知ることはとても大切です。

大動脈解離は、なんらかの原因で大動脈に裂け目が生じ、その裂け目から血液が大動脈の壁を裂いて壁内に流れ込みます。

その結果、血液の流れが減少するか大動脈が破裂します。

これはどの場合にも、患者の生命が危険にさらされますが、その中でも大動脈が破裂した場合は、患者の死亡率が高まります。

大動脈解離の兆候や症状を特定し、できるだけ早く医師の診察を受けることが大切なのはこのためです。

大動脈解離による胸の痛み

胸部の激しい痛みは、大動脈解離を発症している兆候である場合があります。

大動脈解離の症状

大動脈解離の症状や初期の兆候を特定する方法を知ることは、早期の発見と早期の医師による治療が可能になることを意味します。

大動脈解離では、できるだけ早く正しい診断と治療を受けることが不可欠です。

ここからは、特に注意する必要があるいくつかの症状や兆候をご紹介します。

これらの症状は、心臓発作の兆候とも類似しています。

どちらの場合も、これらの症状が起こったらすぐに救急外来を受診してください。

その中でも特に、胸部または胸骨の下で起こる強い痛みは、大動脈の破裂を示している可能性が高いため、できる限り早く行動してください。

ご存知ですか?:動脈瘤 を防ぐための7つの秘訣

大動脈解離の原因

大動脈解離が起こる原因は様々ですが、考えられる原因は次のとおりです。

  • 中層の変性:特にアテローム性動脈硬化症が原因である可能性があり、大動脈壁が薄くなり拡張して、解離を引き起こす可能性が高まります。
  • 動脈炎:動脈の狭窄を引き起こす炎症が、血液の適切な流れを妨げます。
  • 弁膜症:弁が老化、外傷または感染により損傷し弱まることで、破裂する危険が高まります。
大動脈解離

これらが大動脈解離を発症することがありますが、予防策もあります。

深刻な症状である大動脈解離を、発症する可能性を減らす方法を知ることが重要です。

大動脈解離を予防する方法

大動脈解離の唯一の治療法が外科手術です。

そのため、大動脈解離を予防する方法を理解して実践することをお勧めします。

心臓弁膜症、動脈炎、または臓や動脈の病気を発症している場合は、定期的に健康診断を受けることです。

血圧を正常に保つことも非常に重要です。

医師の診察を受ける時には、大動脈解離の危険にさらされた場合、致命的な結果を予防するために何ができるのか相談してください。

医師がそれぞれの患者にあった予防方法を提案するでしょう。

大動脈解離を発症して、大動脈が破裂すると命の危険にさらされることが多くあるため、医師による定期検診は欠かせません。

上記のいずれかの病気や健康上の問題を発症している人で、胸が痛く、呼吸が困難な場合は、できるだけ早く救急外来に行きましょう。

大動脈解離においては、迅速な医療的介入が生存率を左右します。

  • Contreras Zúñiga, E., Zuluaga Martínez, S. X., Gómez Mesa, J. E., Ocampo Duque, V., & Urrea Zapata, C. A. (2009). Diseccion aórtica: estado actual. Revista costarricense de cardiología11(1), 19-27.
  • Pachar, J.V., Hidalgo, J.A., Aguirre, V.A., Alvarado, O.L., & Santos, M.. (2010). Aneurisma de arco aórtico secundario a degeneración de la media: A propósito de un caso de muerte súbita juvenil. Cuadernos de Medicina Forense16(3), 161-165. Recuperado en 26 de abril de 2019, de http://scielo.isciii.es/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1135-76062010000200004&lng=es&tlng=es.
  • Romero Requena, J.M., Bueno Jiménez, C., Bureo Dacal, P., & Pérez Miranda, M.. (2003). Disección de aorta: a propósito de dos casos. Anales de Medicina Interna20(3), 59-60. Recuperado en 26 de abril de 2019, de http://scielo.isciii.es/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0212-71992003000300014&lng=es&tlng=es.