クロペラスチンの特徴と用途

クロペラスチンは市販の咳止め薬ですが、悪い副作用もあります。したがって、処方医の指導のもとで服用する必要があります。
クロペラスチンの特徴と用途

最後の更新: 15 11月, 2022

クロペラスチンは、中枢性及び末梢性の鎮咳作用を有する有効成分です。この有効成分の作用機序は、中枢神経系を抑制することなく咳反射を抑制することです。また、抗ヒスタミン作用もあり、気管支のけいれんを抑える作用もあります。

冬の季節にこの薬がどのように役に立つかについて知っておく必要があるので、ぜひこのまま読み進めてください。また、禁忌と考慮しなければならない副作用についてもお伝えします。

クロペラスチンはどのように作用するの?

この鎮咳剤は、ダブルの作用を持っています。一つは咳中枢への作用、もう一つは末梢への作用で、局所的に作用します。咳中枢への作用は選択的で、気管支を弛緩させる作用もあります。

クロペラスチンがどこで効果を発揮するかというと、炎症が起きているところで行われると言えます。これは、粘膜の炎症を抑えるからです。このダブルの作用により、クロペラスチンはほとんどすべてのタイプの咳の治療薬として使用することが可能なのです。

適切な投与量

クロペラスチンとして、成人には1回10ミリリットル、1日3回が推奨されています。小児における投与量は、年齢に応じて、以下の通りです。

  • 1回5ミリリットル、1日2回、7歳から12歳まで。
  • 5-6歳の子供には1回3ミリリットル、1日2回。
  • 2〜4歳の子供には1回2ミリリットル、1日2回。

最後に、クロペラスチンは2歳未満の子供の治療には適していません。

咳をする男性。
咳は厄介な症状であり、治療が困難です。クロペラスチンは鎮咳薬の1つです。

こちらもお読みください:声帯の腫れ:原因、症状、治療法

クロペラスチンを服用する前に、ボトルをよく振ってください。20~30分ほどで効き始めます。

また、食事と一緒に服用しても性能に影響はないので、食前・食後、あるいは食事と一緒に服用してもよいことを知っておいてください。この薬で治療を受けている間は、アルコールを飲んではいけないということを頭に入れておいてください。

効能と禁忌

医師は、過敏性咳嗽や神経性咳嗽など、さまざまな形態の咳嗽の治療のためにクロペラスチンを処方しています。一般的に安全ですが、以下の場合は禁忌とされています。

  • 2歳未満の子供
  • 抗ヒスタミン薬またはクロペラスチン自体に過敏症のある
  • MAOI(モノアミン酸化酵素阻害薬抗うつ薬)による治療を受けている人
  • 妊娠中または授乳中の女性
  • 喘息の人(クロペラスチンは咳反射を抑制し、気道抵抗を増加させるため、喀痰を変える可能性があります)

副作用

クロペラスチンは薬であるため、眠気や口の渇きなどの副作用が出ることがあります。これらは、多量に服用することで明らかになります。

有効成分や製剤中の成分に対してアレルギー反応を示すことがありますが、まれです。

また、震えやめまいなどの神経系障害が起こることがありますが、これもまれです。

手に咳をする女性。

こちらもお読みください:マシュマロウルート:利点と副作用

クロペラスチンと他の薬との相互作用について

クロペラスチンは、抗ヒスタミン作用により、アルコールや鎮静剤の効果を高めます。これらの薬剤の中には、催眠剤、オピオイド鎮痛剤、ベンゾジアゼピン系薬剤、抗精神病薬などが含まれます。一般に、クロペラスチンは中枢抑制作用を持つ物質と相互作用することに留意してください。

さらに、抗ヒスタミン薬は、抗コリン薬、抗パーキンソン薬、三環系抗うつ薬、神経遮断薬など、他のグループの薬物のムスカリン作用を高めます。

また、クロペラスチンは去痰薬や粘液溶解薬と相互作用し、咳嗽反射抑制作用により肺閉塞を起こすことがあります。

市販薬にも危険あり

クロペラスチンは市販でも購入できる薬ですが、いくつかの点に注意し、慎重に使用する必要があります。通常通り、医療機関で処方してもらい、あなたの咳のタイプにこのような治療が有効かどうかを判断してもらう必要があります。

こちらの記事もおすすめです。
咳をすると起こる胸の痛み:考えられる原因とは?
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
咳をすると起こる胸の痛み:考えられる原因とは?

咳 をするときに起こる 胸の痛み は、特定の呼吸器系の病気や問題に苦しむ人々によく見られる一般的な症状ですが、この胸の痛みを肺や心臓の病気など、深刻な健康問題であると考える人も多くいます。今回の記事では、この痛みの 原因 だと考えられる要因をご紹介します。



  • Fabris, C. (1983). LA CLOPERASTINA NEL TRATTAMENTO DELLA TOSSE. European Review for Medical and Pharmacological Sciences.

  • Olivieri, D., Giacomelli, P., Montella, R., Illiano, A., Gargano, G., & Pamparana, F. (1983). Studio clinico di un nuovo antitosse: la cloperastina. Archivio Monaldi per La Tisiologia e Le Malattie Dell”apparato Respiratorio.

  • Olivieri, D., Del Donno, M., & Ferraro, E. (1983). Effetto della cloperastina sulla clearance muco-ciliare. Archivio Monaldi per La Tisiologia e Le Malattie Dell”apparato Respiratorio.