虫垂炎の症状と原因

11月 19, 2015
痛みが虫垂炎によって引き起こされているか単なるガスによるものなのか調べるには、腹部右下を押してみてください。痛みが治まる場合は、ただのガスです。

虫垂炎になると多くの場合、緊急処置を必要とします。このような緊急事態に陥らないために、その症状と原因を認識して予防できれば一番です。

通常、大腸上部に位置する小さな臓器である虫垂の炎症が、虫垂炎の原因です。大人だけでなく子供にも影響を与えます。この記事では、一般的な虫垂炎の症状と虫垂炎を示唆する兆候をご紹介します

虫垂炎の症状

虫垂炎2

1. 痛みのタイプ

  • 痛みは通常、へそに近い腹部中央から始まり、徐々に腰骨の少し上の腹部右下まで広がります。
  • その部分を押すと、痛みがより強く深刻になり、我慢できなくなります。
  • 胃が固く感じます。奇妙な「満腹」感を感じ、腹部を押すと硬いです。虫垂が感染した場合、深刻な問題を引き起こし、腸の炎症が起こる可能性があります。
  • 歩くと、腰に鋭い痛みを感じることもあります。痛みは右側のみに発生します。
  • 横になる時だけ楽になりますが、通常は一時的なものです。
  • 咳をすると腹部に鋭い痛みや焼ける感じがある場合、お腹のどこか、恐らく虫垂に炎症がある明確なサインです。
  • これらの症状がある場合、12〜24時間でさらにひどくなり、入院しなければならないこともあります。 とりわけ、子どもたちのこれらの症状に細心の注意を払いましょう。症状がとても軽くても、医師の診察を受けて正しい診断を得るのが最善です。

2.腹痛に伴う二次症状

  • 。 これは重要です。腹部右側に不快感がある場合、平熱よりほんのちょっと高いだけでも、すぐに医者に行きましょう。
  • 便秘。虫垂が感染すると、ほとんどの場合、小腸に何らかの問題が発生します。便秘も珍しくなく、トイレを使用しようとすると、腹部にさらに強い痛みを誘発する可能性があります。
  • 食欲減退。不快な張りを感じ、食べる量が減ります。他の一般的な症状は、さらに「満腹感」を感じさせる、放出できない過剰なガスです。
  • 嘔吐、全身倦怠感、疲労感もまた、よく虫垂炎に伴う症状です。腹部の痛みが耐え難くなり、緊急治療室に行かざるを得なくなる数日前に起こる場合があります。

虫垂炎の原因は?

虫垂炎3

  • リンパ濾胞の過形成 :名前は複雑ですが、説明すれば簡単なことで、喉の扁桃腺と似ており、これらの器官は体の重要な役割を担っていますが、炎症を起こすと腫れて喉をふさぎ、感染症や発熱の原因となります。8〜30歳の間に発生することが多く、この年代が虫垂炎が最も起こりやすい年齢です。
  • 老廃物や毒素。時に、不適切な排泄が原因で、虫垂に近い腸の一部に固形老廃物が蓄積されます。これが閉塞や感染を起こし、正常な腸の流れが中断されます。 便秘に頻繁に苦しむ人々は、虫垂炎のリスクも高くなります。最終的に、腸が炎症や感染を起こし、危険な腹膜炎につながりかねないので、注意しましょう。
  • 炎症。虫垂の壁には、非常に小さなリンパ濾胞が並んでいます。上記のように扁桃腺に似ています。病気や食べたものが細菌を増殖させ、濾胞に付着して感染を起こすことがあります。これは非常に一般的で、腸内には多く有害な細菌がいて、感染、ひいては虫垂炎を誘発するのです。

食生活に気をつけることが重要だということを忘れないでください。それだけで虫垂炎を回避できるという意味ではありませんが、少なくとも可能性を減らすことはできます。 定期的に体をデトックスし、便秘を予防しましょう。これは体全体の健康を保つのに重要です。

水分をたくさん取り、食物繊維、野菜、新鮮な果物をたくさん食べましょう。またプロバイオティクスの利点をお見逃しなく。ギリシャ風ヨーグルトやケフィアといった食品は、感染を防ぐ善玉菌を増やします。忘れてはならないもう一つは、グラス一杯の温かい水にレモンジュースを入れて、毎朝飲みましょう。一日の始まりに必要なビタミンを供給し、体をきれいにして毒素を取り除くのに役立ちます。

あなたへおすすめ