ちょっと待って!/数年後に後悔するかもしれない5つの行い

6月 27, 2017
朝早くから夜遅くまで職場にいる必要なんてありません。頑張りすぎるのは止めましょう。人生を楽しむことを学ばなければ、いずれ後悔するでしょう。

私たちは、今この瞬間を楽しむことがいかに大切かを忘れてしまいがちな現代社会に生きています。

しかし、遅かれ少なかれ、後から後悔してしまうようなことが存在するのです。

おそらく多くの人は、今日できなくても明日すればいいと思っているのではないでしょうか。

でも、もし明日が来なかったらどうしますか?

1.人との関係をおざなりにする

毎日毎日忙しく、しなくてはいけないことがたくさんあり過ぎるからといって、一緒にいると幸せな気持ちになれるような大好きな友達と会うことを延ばし延ばしにしていませんか? きっと友達と遊ぶよりも果たさなくてはいけない責任を優先すべきだと感じているのでしょう。

しかし、友達との関係をおざなりにするということは、関係を泡のように消してしまうことでもあります。友情を取り戻したいと後で思っても、以前のようにはいかないかもしれません。

これは、社会的な輪が年々小さくなっていく原因となることもあります。そして、何年か経って自分の周りに本当の友達が誰もいないということに気がつくのです。

これは恋愛関係にも言えることです。諦めたら明日、いろいろなことを後悔するでしょう。失ってから大切なことに気がつく、というのはよくあることです。

投げ出してしまう前に、まずベストを尽くしましょう。人間関係はどちらか一方が手を差し出せば繋がるものでもありません。お互いが手を取り合わないといけないのです。

たとえ相手からの手が差し伸べられなかったとしても、自分がベストを尽くしたという事実があれば、自分自身が納得できるはずです。

2.働くために生きる、生活のために働く

夫婦や友達、家族とのつながりをおざなりにし、自分の自由な時間を仕事に当てるというのは間違っています。いずれ、終わることのないストレスを感じることでしょう。

仕事がいかに重要でも、時には仕事から離れ、自分自身の時間を持つことが大切です。リラックスし、数時間、できれば数日は仕事のことを考えなくて良い時間を持ちましょう。

働くために生きることと、生きるために働くこと。この2つの違いをわかっていない人が多いようです。生きることと働くことはバランスが保たれていなくてはいけないのです。

職場に一日中いる必要はありません。自分自身に負担をかけるのは止めましょう。今日から人生を楽しむことを学ばなければ、きっと後悔するでしょう。

3.恐れない

あなたは何がしたいですか? どのくらい高い目標がありますか? 恐れを抱えていると自分が設定した目標を達成することができません。私たちを後ずさりさせてしまうのです。

恐れを別の方法で、例えば挑戦として受け止めると良いでしょう。

もし常に恐れに支配されてしまっているのなら、一体何が達成できるのでしょうか?

⒋恥を忘れ、感じたことを口にする

愛する人々に対し、自分が本当に感じている気持ちを口にするのが恥ずかしいと思うことがあるでしょう。相手がどう思っているか、どのような反応をするかはわかりきっていると思い込んでいるのです。そして、だからこそ言いたいことが言えなくなってしまっているのです。

でも、これまでに大切な相手に対し”愛している、大好きだよ”と伝えたことを後悔したことがありますか?

 

心を開いて、本当に感じていることを相手に伝えたからといって、失うものは何もありません。

相手がどのように反応するか知り尽くしている人などいないのです。もしかすると、相手の反応はあなたの想像とは違うものかもしれませんね…

5.健康を省みない

今あなたは若いかもしれません。ジャンクフード、お酒、運動しない…だからと言って一体どんな影響があるというのでしょう?

あなたの体は肌と一緒です。体も日々の悪習慣を記憶していくのです。

今、自分自身を労らずに、いつ労わると言うのでしょう。明日?それとも来年?

今、この瞬間から行動を起こさなくては意味がないのです。先延ばしにしていては、目標も叶えられないでしょう。

年月はあっという間に過ぎていきます。意志が足りないせいで諦めてしまっていてはいずれ、全てを後悔するようになるでしょう。

現在が大切なのです。明日後悔しないように、今行動しましょう。

あなたへおすすめ