腸内寄生虫に効く薬14種

腸内寄生虫は、薬で治療しなければならない様々な症状を引き起こし、その治療に役立つ薬がいくつかあります。この記事ではその薬に焦点を当てていきます。
腸内寄生虫に効く薬14種

によって書かれた Edith Sánchez

最後の更新: 09 8月, 2022

腸内寄生虫の薬は、通常、検便後、または明らかな感染症状がある場合に処方されます。多くは1回の服用で済むものですが、中には数回の服用が必要なものもあります。

腸内寄生虫が体内にいると、腹痛、下痢、吐き気、倦怠感などの不快な症状が起こります。長期的には、特に子供にとってより深刻な結果をもたらす可能性があります。そのため、必ず治療する必要があるのです。

現在では、腸内寄生虫に対するさまざまな薬があります。そのほとんどは安全で効果的ですが、副作用を引き起こす可能性もあるため、必ず医師の処方を受けましょう。

1.アルベンダゾール

アルベンダゾールは、腸内寄生虫や原虫の細胞や組織構造を弱体化させる薬です。これにより、寄生虫を死滅させます。

アルベンダゾールは、鉤虫症、ホヤ症、腸内寄生虫症、強皮症、ジアルジア症、テニアス症、三日寄生虫症に用いられる。

通常、1回400ミリグラムが処方されます。しかし、場合によっては、医師がより高用量の投与を指示することもあります。

以下のような副作用が出ることがあります。

  • 頭痛や腹痛
  • 貧血のようなふらつき
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 視界がぐるぐるするようなめまい
  • じんましん
  • 肝酵素の上昇

2.メベンダゾール

メベンダゾール、鉤虫症、ホヤ症、腸内寄生虫症、エキノコックス症、テニア症、トリコセル症などの治療に使用されます。腸内寄生虫のエネルギー源となる細胞機能を破壊することにより、腸内寄生虫を死滅させる働きがあります。

通常、1回100ミリグラム、1日2回、3日間服用します。人によっては、頭痛や腹痛、発熱、皮膚の発赤、脱毛、血球の変質、肝酵素の上昇を起こすことがあります。

抗寄生虫剤 寄生虫
抗寄生虫剤は、成虫および幼虫の寄生虫を攻撃したい場合、単回投与または周期的に投与できます。

3.ニタゾキサニド

ニタゾキサニドは、腸内寄生虫が生きるために必要な一部の細胞の酵素を阻害します。アメーバ症、鉤虫症、アサリ症、バランチダ症、胚盤胞症、クリプトスポリジウム症、腸内細菌症、ストロンギロイド症、ジアルジア症、テニア症、トリコセファロス症の治療に使用する薬です。

通常、1日500ミリグラムを2日間に分けて服用します。1歳以上の子供には、100ミリグラムの用量が使用されます。

頭痛や腹痛、めまい、嘔吐、貧血、緑色尿、肝酵素の上昇が副作用として挙げられます。

4.ピペラジン

ピペラジンは、ホヤと腸内寄生虫症の治療に使用される薬で、腸内寄生虫、特に回虫の筋肉反応を阻害することによって駆除する駆除薬です。つまり、寄生虫を麻痺させるのです。

だから、生きたまま駆除できる薬と言えます。

腹水症に対する投与量は、患者の体重1キログラムあたり65ミリグラムです。1日1回、7日間服用する必要があります。時に腹痛、めまい、嘔吐、下痢、蕁麻疹などの副作用が出ることがあります。

5.ピランテル

ピランテルも腸内寄生虫を攻撃する薬です。ピペラジンと同じように作用し、虫を麻痺させる。鉤虫症、ホカリ症、腸内寄生虫症の場合に用いる。

通常、1回の投与量は体重1キログラムあたり11ミリグラムです。腸内寄生虫症の場合は、2週間後に繰り返すことができます。人によっては、腹痛やけいれん、めまい、吐き気、頭痛、眠気、食欲不振などが起こることがあります。

6.イベルメクチン

イベルメクチンは、一部の腸内寄生虫やその他の原虫の筋肉や神経細胞の構造を変化させることで作用します。特に、幼虫を攻撃します。強皮症、疥癬、フィラリア症、オンコセルカ症、脚気(シラミ)の治療に使用されます。

この薬は、成人または体重15キログラム以上の小児にのみ使用されます。

投与量は、体重1キログラム当たり200マイクログラムです。人によっては、めまい、嘔吐、下痢、便秘、腹痛、脱力感、眠気、食欲不振、蕁麻疹、震えなどの副作用が出ることがあります。

7.チアベンダゾール

チアベンダゾールも細胞酵素を阻害し、腸内寄生虫やその幼虫を死滅させる薬です。この薬は、ストロンチロイデス症、臓器寄生虫症(トキソカリ ア症)、皮膚寄生虫症の治療に使われます。

通常、体重1キログラムあたり25ミリグラムを1回使用します。患者によって、何日間使用するかは医師が指示します。腹痛、めまい、嘔吐、下痢、体重減少、口の渇き、疲労感などが起こることがあります。

8.セクニダゾール

セクニダゾールは、アメーバ症やジアルジア症の治療に使用されます。この薬は、腸内寄生虫やその他の原虫のDNAを邪魔して、死滅させるようにするものです。

成人の場合、1回2グラムを投与します。小児の場合は、体重1キログラムあたり30ミリグラム。食事と一緒に服用します。

人によっては、血液中の白血球の減少、舌や口の粘膜の炎症、金属味、めまい、胃痛などを起こすことがあります。

9.メトロニダゾール

メトロニダゾールは、腸内寄生虫の対策としてよく使われる薬の一つです。抗生物質なので細菌を攻撃するのですが、原虫を中和する効果もあります。

寄生虫のDNAを妨害し、死滅させるのです。主にアメーバ症やジアルジア症に使用されます。

アメーバ症には1回400〜800ミリグラムを1日3回、5〜10日間服用します。ジアルジア症には、250ミリグラムを1日3回、5日間。時に頭痛や腹痛、めまい、嘔吐、下痢、口腔粘膜の炎症、金属味、じんましんなどを引き起こします。

こちらの記事もいかがでしょうか:クローブとリンシードで腸内寄生虫を取り除く方法

10.プラジカンテル

プラジカンテルは、虫に麻痺を起こさせる薬です。体の免疫系が虫を殺す作用を促します。

この薬は、嚢虫症、住血吸虫症、旋毛虫症などの感染症の 治療に用いられますが、免疫力が低下している人には注意が必要です。

サナダムシに対しては、体重1キログラムあたり5〜10ミリグラムを投与します。嚢虫症には、体重1キログラムあたり50ミリグラムを1日3回に分けて14日間投与し、住血吸虫症には、体重1キログラムあたり20ミリグラムを1日3回に分けて投与します。

この薬では、下記の副作用が出る可能性があります。

11.ヨードキノール

ヨードキノールは、ほとんどの場合、アメーバ症の治療に使用されますが、 二核アメーバと大腸バランチジウム によって引き起こされる感染症にも使われる薬です。子供、ヨウ素アレルギーのある人、肝臓病のある人にはお勧めできません。

通常の投与量は、体重1キログラムあたり30〜40ミリグラムです。 20日間8時間ごとに服用し、 2〜3週間後、治療が完了していない場合はこのサイクルを繰り返すことができます。

頭痛や腹痛、嘔吐、下痢、じんましん、発熱、神経障害、甲状腺腫を引き起こすことがあります。

12.ジロキサニドフロエート

ジロキサニドフロエートは、アメーバ症の治療に使用されます。他の薬剤に耐性を持ち、持続的な感染を引き起こす腸内寄生虫と戦います。

妊娠中または授乳中の女性には禁忌です。

通常、500ミリグラムを8時間おきに10日間投与し、体重25キログラム以上の子供にのみ使用されます。この場合、体重1キログラムあたり20ミリグラムを1日3回に分けて10日間服用します。

腸内寄生虫の治療薬として最も有効な薬の一つです。86%の患者さんで根絶できると言われており、副作用もほとんどありません。

寄生虫の治療 服用
腸内寄生虫症は、特に発展途上国では、公衆衛生上の問題です。

13.パロモマイシン

パロモマイシンは、急性および慢性のアメーバ症に使用されます。また、条虫症や二核アメーバの治療にも使用されます。この薬は腸内寄生虫酵素の作用を阻害します。

通常の投与量は、5〜10日間、8時間ごとに体重1キログラムあたり25〜35ミリグラムです。腹部や頭痛、嘔吐、下痢、めまいを引き起こす可能性があります。

14.エメチンとデヒドロエメチン

エメチン、デヒドロエメチンはアメーバ殺虫剤で、アメーバを死滅させる物質です。その特徴はメトロニダゾールに非常によく似ていて、後者の方がより安全であると考えられています。

通常、体重1キログラムあたり1ミリグラムを1日1回、5日間服用します。副作用は非常に一般的で、めまい、吐き気、嘔吐、頭痛、注射部位の壊死などがある。

腸内寄生虫の薬には処方箋が必要です

一般的に、腸内寄生虫の薬は、2歳未満の子供や妊娠中・授乳中の女性は使用しないでください。また、免疫に問題がある人や肝臓に疾患がある人も注意が必要です。

腸内寄生虫の薬も他の薬と同じように、医師の処方が必要であることを覚えておきましょう。また、合併症を防ぐために、医師の指示を細かく守ることがとても大切です。

こちらの記事もおすすめです。
腸内寄生虫:あなたのお腹にもいるかも?
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
腸内寄生虫:あなたのお腹にもいるかも?

腸に寄生虫がいるかどうか、どうすればわかるのでしょうか。寄生虫の発生はどのように防げばいいのでしょうか。健康的な食生活や自然療法で寄生虫からお腹を守ることはできるのでしょうか。今回は腸内寄生虫について詳しく見ていきましょう。もしかすると、あなたのお腹の中にも寄生虫がいるかもしれません。



  • López de Guimaraes, D., Neyra Llanos, R. S., & Romero Acevedo, J. H. (2001). Ascaridiasis: comparación de la eficacia terapéutica entre paico y albendazol en niños de Huaraz. Revista de Gastroenterología del Perú, 21(3), 212-219.
  • Kogien, M., & Teixeira, C. A. (2011). Mebendazol en el tratamiento de helmintíasis intestinales–revisión de literatura y consideraciones de Enfermería. Enfermería Global, 10(4).
  • Pérez, A. M., Domínguez, Y. G., Solórzano, S. E. S., & Villafuerte, V. M. Q. (2019). Cuidado y prevención de parásitos intestinales en infantes. RECIMUNDO, 3(3), 444-460.