【おへそが痛い!】11の原因と解決策

へその痛みは、腹腔内のさまざまな問題に関連する、実はかなり一般的な不快感です。幸いなことに、原因のほとんどは治療することができます。
【おへそが痛い!】11の原因と解決策

最後の更新: 23 3月, 2022

おへその痛みは、実は医療機関を受診する理由としてもよく知られています。通常、腸の基礎疾患や、他の臓器から腹部へ放射されるプロセスが原因です。へその痛みの考えられる11の原因とその対処法をお伝えします。

へそ周りの腹部の不快感は、繰り返されるけいれんや持続的な重苦しさとして現れることがあります。多くの場合、嘔吐や下痢、便秘、吐き気などの胃腸の症状を伴います。同様に、感染症の場合は、発汗、顔面蒼白、動悸がよく見られます。

このような場合、様々な血液検査や画像検査を行い、適時に医学的評価を行うことで、医師や専門家による診断が可能になります。治療法は、基礎疾患によって異なります。

へその痛みの一般的な原因

へその痛には、急性のものと慢性のものがあります。研究によると、急性の不快感は、48または72時間未満の進化の期間によって特徴付けられるそうです。慢性的な痛みは、3ヶ月以上持続する場合を指します。

1. 胃腸炎

胃腸炎は、ウイルス、細菌、寄生虫などの感染によって、消化管の上皮や内部粘膜に炎症が起こる病気です。この疾患は、5歳未満の小児が入院する原因としてよく知られています。研究により、ロタウイルスと大腸菌が主な病原体であることが示唆されています。

胃腸炎は通常、臍の部分のびまん性の痛み、下痢、嘔吐、発熱、悪寒を伴って発症します。通常、脱水が最も一般的な合併症です。

ウイルス感染は数日後に治まり、対症療法が必要になります。細菌の状態により抗生物質が必要な場合があります。

へその痛みの一般的な原因 胃腸炎
胃腸炎は、不快な痛み、嘔吐、および下痢を伴って現れます。

2.臍帯ヘルニア

臍帯ヘルニアは、臍に接する腹筋の欠損から腸の輪が突出したものです。幼児に多く、その80%は4~5歳の間に消失するとの研究報告があります。成人では90%が後天性で、女性に多く発生します。

通常の症状は、臍の近くにしこりができることです。新生児や乳児の場合、咳をしたり泣いたりしたときにだけ見えることがあります。成人の臍ヘルニアは、臍に痛みがあり、体を動かすと悪化します。

主な危険因子は、妊娠、肥満、腹部腫瘍、腹水、過度の運動などです。治療は、自然退縮を待つ経過観察から、合併症を避けるために手術で修復する方法まであります。

3.食中毒

食中毒は、臍の周りに痛みを感じる原因としてよく知られています。毒素や有害な細菌に汚染された食品を摂取することで発症します。ほとんどの場合、不適切な食品の取り扱いが原因です。

最も一般的な症状は、吐き気、嘔吐、下痢、腹部膨満感などです。これらは、食品を摂取してから数時間から数日後に発生します。

治療は、症状の緩和と脱水を防ぐための水分補給が基本です。止瀉薬や抗生物質の使用は、医師の厳重な管理・処方のもとで行いましょう。

4.妊娠

妊娠中の女性は、しばしば腹部のけいれんや不快感を訴えることがあります。多くの場合、これは子宮の中で赤ちゃんが成長して動き、それに伴って筋繊維が膨張するためです。

妊娠すると、臍の壁が弱くなり、腹部の線維性靭帯が伸びるため、臍ヘルニアの発生が助長されることがあります。同様に、妊娠中の子宮による血管や神経経路の圧迫も、違和感の出現の原因となります。

こちらもお読みください:気をつけて!妊娠中の高糖質食のリスク

5.過敏性腸症候群

大腸が侵される疾患で、腹部の不快感があり、排便後に改善するのが特徴です。痛みはへその下あたりに多くみられますが、時にびまん性になることもあります。

その他、過敏性腸症候群の症状には以下のようなものがあります。

  • 下痢
  • 便秘
  • 腹部膨満感
  • 腸内ガスの増加
  • 便の形や硬さの変化

この症状は、消化器内科を専門とする医師による治療が必要です。食事や生活習慣の改善、ストレスマネジメントを行うことが推奨されます。医師は、鎮痙薬、下剤、プロバイオティクス、止瀉薬、食物繊維の補給などを行うことがあります。

6.憩室炎

憩室炎とは、大腸の憩室(腸の内壁にできる小さな拡張部)に炎症が起こることです。95%がS状結腸に存在することが報告されています

へその周りや下腹部の痛みで発症し、食事で悪化し、排便で緩和されます。腹部膨満感、便秘、下痢、直腸性テネスムスもよくみられます。

憩室炎の診断は、症状に基づいて行われ、内視鏡画像や造影X線写真で確認されます。医師は通常、食物繊維の豊富な食事、鎮痙薬、痛みに対する鎮痛薬を勧めます。

7.虫垂炎

虫垂炎は、右下腹部にある、大腸の第一部分から伸びる小さな袋である盲腸に炎症が起こる病気です。痛みは臍のあたりから始まり、数時間後にお腹の右下腹部に移動します。また、通常、歩行時や咳をしたときに不快感が強くなります。

その他、よくある症状として以下のようなものがあります。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 発熱
  • 食欲不振
  • 腹部圧痛の増加

このとき、指先で腹部を押したり離したりすると、強い痛みを感じるのが普通です。同様に、腸の刺激による腹部硬直もよくみられます。

虫垂炎の診断は、臨床所見、白血球の上昇を伴う血液検査、腹部超音波検査によって行われます。幸い、この病気は外科的にアプローチし、炎症を起こしている虫垂を切除することで解決します。

8.膵炎

膵炎は、膵臓に突然または慢性的に発生する炎症です。急性膵炎の80%は、胆嚢の胆石やアルコールの過剰摂取によって引き起こされるという研究報告があります。

この症状の特徴的な症状は、へその上部の痛みで、背中に向かって放射状に広がっています。この不快感は通常、継続的で強く、発熱、吐き気、嘔吐、腹部圧痛を伴います。

この疾患の診断には、膵臓酵素検査と腎臓機能検査が有用です。ほとんどの場合、膵炎は超音波検査またはコンピュータ断層撮影によって確認されます。急性型は、早期の水分補給と鎮痛剤で治療します。

9.胆嚢炎

胆嚢炎は胆嚢の炎症であり、通常、結石が胆汁の流出を阻害することによって起こります。通常、右上腹部またはへその上の痛みで発症し、痛みは通常、けいれん性のもので、右肩や背中にまで及ぶこともあります。

同様に、胆嚢炎は吐き気、嘔吐、発熱を伴うこともあります。病院での救急搬送の原因になることが多いので、疑われたら早めに受診する必要があります。治療は、抗生物質の投与、食生活の改善、非経口的な水分補給が基本で、最悪の場合は外科的に胆嚢を摘出することもあります。

胆嚢炎 腹部の痛み
胆嚢は肝臓の下にあり、その特徴的な痛みは腹部の右側にありますが、へその周りに不快感が出ることがあります。

10.炎症性腸疾患

クローン病や潰瘍性大腸炎は、腸管粘膜の慢性的な炎症により、へその痛みが続く原因としてよく知られています。症状は中等度から重度になり、寛解期があることがあります。

最も一般的な症状のいくつかは次のとおりです。

  • 減量
  • 持続性の下痢
  • 腹部のけいれん
  • 便中の血
  • 食欲不振

この病気は、消化器内科の専門医に治療してもらう必要があります。治療計画には、食事内容の変更のほか、鎮痛剤、鎮痙剤を使用し、症状の緩和とQOL(生活の質)の向上を図ることなどが通常含まれます。

11.腸閉塞

腸閉塞は、正常な通過が止まってしまい、便が出なくなることで起こると言われています。主な原因としては、腸の癒着、ヘルニア、腫瘍などが挙げられます。

嘔吐、吐き気、腸内ガスの増加などがよく見られます。完全な閉塞の場合は、排便不能を訴えることもあり、診断は、臨床検査と画像検査によって行われます。

ほとんどの場合、腸閉塞は入院が必要な緊急事態です。治療としては、点滴の投与やチューブによる糞便の吸引、手術などが行われます。

甘く見てはならない症状

おへそまわりの痛みは、通常、体に異常があることを明確に示すものです。通常、軽い症状で自然に治ることが多いのですが、虫垂炎、膵炎、胆嚢炎、腸閉塞の存在を知らせてくれることもあります。

不快な症状の経過に注意し、痛みが持続し、時間の経過とともに悪化する場合は、医療機関を受診することをお勧めします。同様に、高熱、血便、意識喪失の場合も専門家の診察が必要です。

こちらの記事もおすすめです。
腹痛を和らげる4つの自然療法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
腹痛を和らげる4つの自然療法

お腹の痛みはとても身近な健康トラブルです。人によってはしょっちゅうお腹が痛くなる、という人もいるでしょう。ですが、その原因は様々です。まずはお腹の痛みの原因を知っておきましょう。消化不良やガス、酸、炎症などが主な原因として考えられます。軽い症状であれば、痛みはほんの少し、または長くても数時間で...



  • Alonso Cadenas J, de la Torre Espí M. Diagnóstico y tratamiento del dolor abdominal agudo (abdomen agudo) en Urgencias. Protoc diagn ter pediatr. 2020; 1 (1):197-213.
  • Díaz Mora J, Echezuria L, Petit de Molero N, Cardozo V M, et al. Diarrea aguda: Epidemiología, concepto, clasificación, clínica, diagnóstico, vacuna contra rotavirus. Arch Venez Puer Ped. 2014  Mar;  77( 1 ): 29-40.
  • Lora-Aguirre A, Vega-Peña N, Barrios-Parra A, Ruiz-Pineda J. Hernia umbilical: un problema no resuelto. Iatreia. 2019 ;  32( 4 ): 288-297.
  • Aller de la Fuente R. Enfermedad diverticular del colon. Rev. esp. enferm. dig. 2005;  97( 6 ): 458-458.
  • Sanz de Villalobos E, Larrubia Marfil J. Acute pancreatitis. Rev. esp. enferm. dig. 2010  Sep;  102( 9 ): 560-560.
  • Jackson PG, Raiji MT. Evaluation and management of intestinal obstruction. Am Fam Physician. 2011 Jan 15;83(2):159-65.