憩室炎の治療法

憩室炎は非常に気を付けなければいけない病気です。食物繊維に富んだ食事をとることや十分な水分を飲むことが、手術による介入に頼らなければいけない状況を防ぎます。

あなたは、憩室炎の治療法で以下のようなものを聞いたことがありますか?

体のことは常に労わるべきです。結局のところ、生活の質を良くし、不健康な状態を避けられるような健康習慣を自分の生活スタイルにどんどん取り入れ続けていくことが必要です。

健康のことであれば、躊躇すべきではありません。そして、細かいところにまで注意を配るべきです。ですから、心配なことがあれば何であれ医師とよくコミュニケーションを取るべきです。

見過ごすべきでない状態の一つが憩室炎です。

その病気が発症する部位である大腸は、小さな問題から致命的な大問題まで様々なことがありえます。そのため、この病気の進行を防ぐ食習慣にはできることは全てしてでも従うことをおすすめします。

憩室炎の治療法

憩室炎治療法の目的は形成された袋(憩室)が体に害を引き起こすのを防ぐことです。いずれにせよ、専門医のアドバイスに従うことが大切です。

非常に重要なのは食生活です。食物繊維に富んだ食生活を全くその通りに送ることが重要不可欠です。事実、この病気を防ぎ、悪化を防ぐには、フルーツや野菜、穀物を食べることが推奨されています。

 

体が変化に適応できるように食物繊維の摂取量は徐々に増やすとよいでしょう。そうすることで、腹痛に苦しむ可能性を回避することができます。(これは病状が大変深刻な度合いにまで達していない場合です。)

中でもこの難しい状態に対処するのに役立つことの多い食べ物は、キャベツやブロッコリーです。いもや小麦パン、リンゴもまた良い食べ物です。

おすすめのレシピ

作るのが簡単なレシピは、レンズマメとマッシュルームの料理です。この料理を作るには、以下の材料が必要です。

材料

  • レンズマメ 1.5カップ(350g)
  • マッシュルーム 2カップ(450g)
  • ニンニク 1個
  • オリーブオイル 大さじ4(60 g)
  • 小麦粉 小さじ1(3g)
  • 大きい玉ねぎ 1個

作り方

レンズマメを茹で、油をしき、既に刻んだマッシュルームと玉ねぎが入ったフライパンの中に入れます。混ぜ合わせ、ニンニクを入れます。

憩室炎の症状が続いたり、悪化する場合は、こうした食べ物を食べ続けるべきではありません。数日後には、不快感が著しく軽減されているべきです。

そこから、食物繊維中心の食生活を始めましょう。

患部の健康のために取り入れるべきもう一つの習慣は、水を定期的に飲むことです。

薬に気をつける

しばしば、食物繊維のサプリメントを摂るように言われることもあるかもしれません。この方法を解決策として選ぶ場合、こうしたサプリメントの1粒が体に最高で10グラムまでの食物繊維を供給することから、医者は患者に1日3回服用するように言う事が普通です。

医師の助けと共に

病状が悪化する場合は、この病気を手当てする他の方法もあります。

例えば、出血はこの病気が顕現する形の一つです。時にこの出血は何の手当もなしに止まることもありますが、それでも直腸からの出血があった場合には医者に行くべきです。こうした場合、専門医は出血の原因箇所を大腸内視鏡検査やコンピューター断層撮影装置で突き止めようとします。

もし出血が止まらなかった場合は、最後の選択肢は結腸切除として知られる腹部への介入です。結腸切除の目的は、最も病気に冒されている部分を除去し、残りの部分を結び合わせることです。

憩室炎で起こる他の問題の中でも、早急な介入を要するものは、腹膜炎です。これにはできるだけ早い手術が必要となります。早く治療されなければ、死に至ることもあります。

患者が患部の穿孔に苦しむ場合にも、手術の必要があります。

膿瘍もよく起こる異変です。処方薬が膿瘍に効かない場合、専門医は最小のダメージとリスクをもって、膿を摘出しなければいけません。

この病気で苦しむ人は、しばしば腸がいかに詰まっているかということを目にすることがあります。

腸管が完全に封鎖されている場合にのみ、手術が必要になります。部分的に詰まっているだけでは、手術室に行かなければならないということには必ずしもなりません。

あなたへおすすめ