防衛機能を高める習慣4つ

17 2月, 2019
健康習慣には多くのものがあります。要はそうした習慣を日々のルーティンに取り入れ、本当に自分のためになっている良い習慣に気づくことが肝心です。

あなたは身体の防衛機能を強めたり、高めたりする必要性を感じますか?

季節の変わり目やインフルエンザの季節がやって来ると、自分の防衛機能を引き上げてくれる良い習慣を適応させることが大切になります。ここでは、病気を防ぐために以下の習慣を年中行うことをお薦めします。

ルーティンに一つ習慣を取り入れることで、防衛機能を高めるのがずっと楽になります。

防衛機能を高める習慣

今日は、免疫反応を底上げする4つの素晴らしい習慣についてご紹介しようと思います。種類はたくさんありますが、そうした習慣を実践するのが初めてなのなら、まずは以下に紹介する4つから始めることが大きな1歩です。

1.健康で多彩な食事

健康な食習慣

防衛機能を底上げする良い習慣の一つ目は、間違いなく健康的な食事をすることです。ニーズを全て満たす食事プランを作ること、果物や野菜をたくさん食べること、加工食品をできる限り制限すること、水を十分に飲むこと等々、これらは全て有益なものとなります。

自分が食べているものにあまり気をかけなかったりすると、それが後々大きな差を生むことに気づかないかもしれませんが、食べるものが防衛機能を強くしたり、弱くしたりします。

例えば、野菜や果物を食べないと、防衛機能として病気を防ぐのに必須となるビタミンが不足することになってしまいます。

2.毎日運動する

水泳

「運動しなければいけない」という考えに萎縮してはいけません。運動にだって、多種多様なものがあります。多種多様だからこそ、毎日何かしらのスポーツをして、座る生活スタイルを防ぐことができるようになります。

週に3回ジムに行く人は、ジムに行かない日には歩いたり、ハイキングに行ったり、スケートに行ったりすると良いでしょう。要は単に腰を上げ、動き、体をアクティブに保つことです。

たった30分歩くだけでも大きな差が生まれます。それだけで防衛機能を著しく引き上げることができます。

座る生活スタイルをしていると、インフルエンザや他の病気にかかりやすくなります。スポーツは体を丈夫にし、筋肉を引き締めるだけでなく、防衛機能にとっても良い影響を与えるのです。是非、試してみて下さい!

知っていましたか?風邪やインフルエンザの初期症状に効果的なプロポリス

3.心をケアする

瞑想

信じられないかもしれませんが、心は防衛機能が高まったり弱まったりするのにとても重要な役割を担っています。

そのため、免疫反応を高める良い習慣の一つとして、ヨガをしたり、スパに行ったり、したいと思った時に余暇活動をする時間を別に作ることが挙げられます。

自分の体はたくさん労わっておきながら、心のケアはすることを忘れてしまったりする時があります。

周りの人を見渡してみると、より頻繁に病気になる人は必ずと言っていいほど他人よりストレスを抱えている人やネガティブな人です。防衛機能を高めたいなら、心配事など全くない健康でポジティブな心を持つようにしましょう。

こちらもお読みください:初心者のためのヨガポーズ

4.有害な習慣は捨てる

より健康になるために良い習慣について考えるということは、自然な成り行きとして、すぐさま辞めたほうがいい有害な習慣についても考えることです。

そうした習慣とは一体何でしょうか?

例えば、喫煙、お酒の飲み過ぎ、甘い物の摂りすぎや不十分な睡眠があります。信じるか否かはさておき、十分な睡眠を取ることが防衛機能には大きな影響を及ぼします

そのため、良い睡眠衛生を保つことが推奨されています。

必ず同じ時間に就寝したり、体が必要とする時間寝たり、睡眠サイクルを尊重したり…等がそれにあたります。

これらを実践することで気分がずっと良くなり、病気を防ぐ防衛機能がずっとよく整います。