ビーツにはどのような効果がある?

ビーツには信じられないほどの健康効果があります。ビーツは肝臓を浄化し、高血圧を改善します。便秘にも効き、活力を与えてくれます。

この記事ではビーツを毎日食べるとなぜ良いのかを見ていきましょう。いくつかの調理法も紹介したいと思います。

ビーツは根菜ですが、この後に説明しますように、葉や茎も食べることができます。葉や茎にはたくさんのビタミンB,ビタミンCを含んでいます。またカリウム、ナトリウム鉄、マグネシウムなどのミネラルや線維を含んでいます。

ビーツの健康効果

  • ビーツには鉄分が多いので貧血や疲労に良い効果があります。病気からの快復のために理想的な食べものです。
  • ビーツは自然に高血圧を改善します
  • ビーツは抗炎症特性があります。
  • ビーツには解毒効果があり、血液と肝臓を浄化します。また肝臓にダメージを与える体内の毒素の排泄を促進します。
  • ビーツは心臓病のリスクを低下させます。
  • 他の多くの赤い食べ物と同じようにビーツは抗がん性があります。
  • 繊維含有量が高いので腸管輸送を促進します。

どのように食べればいいのか?

  • シチュー:ビーツの甘い風味があまり得意でない方にはビーツを小さく切って、野菜や肉のシチューにいれるのがおすすめです。こうすることで味は目立たなくなりますが栄養はそのままとれます。
  • 加熱して: ビーツを料理する時は、皮をむかずに済むように、しっかりと洗いましょう。栄養や色味、風味を残すために茎も少し残しておきましょう。ビーツを柔らかくするには約1時間ほど加熱する必要があります。
  • 生で:ビーツが好きな人はサラダや付け合せとして生で楽しみます。ビーツは堅いので料理に色を添えるためにすりおろして使用するのも良いでしょう。クッキーやヨーグルトなどに加えてみてもよいでしょう。
  • ジュースやスムージー:ジュースやスムージーにビーツをとり入れるのも美味しくて独創的なレシピです。
  • ジュースやスムージーに入れるとビーツを噛まなくても生のままの栄養を取り入れることができます。リンゴ、バナナ、赤い果実やイチゴと組み合わせてみましょう。
  • ビーツの葉も残しましょう
  • もし丸ごとのオーガニックビーツを買うのなら、葉っぱが残っているはずです。ビーツの効果を最大限に取り入れるために葉っぱも食べることができます。昔からビーツの葉はよく食べられてきました。丁寧によく洗いさえすれば、ジュースやスムージー、オムレツやサラダにも使えます。ビーツの葉にはビタミンAやビタミンC,ビタミンKが豊富です。カルシウムや鉄などのミネラルも豊富です。

女性のための治療

beet-salad

ビーツのジュースは生理不順や早発閉経を治療するための昔からの療薬です。どちらの場合にも、不快感がある時に毎日1杯のビートジュースを空腹時に飲みましょう。

ロシアのスープ

この伝統的なレシピは今日でも人気があります。風邪に効果があります。ボルシチやビーツスープとして知られています。

玉ねぎとビーツをサイコロ状に切り、柔らかくなるまで炒めます(約7分ほど)。 野菜の煮汁を加えて弱火で約15分煮ます。小さく切った生のキャベツ、パセリ、シェリー酒などを加え、塩コショウで味付けます。伝統的には、皿に盛りつける時に少量のサワークリームを加えます。

天然色素

赤ビーツ

不思議なことに、ビーツからは赤い色素が抽出されます。これはベタニンもしくはE162食品添加物として知られます。他のE-120(コチニール色素)食品添加物として知られる、昆虫由来の赤い染料と異なって健康に危険性がありません。E-120は危険なものではありませんがアレルギー反応を起こしやすいのです。

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ