バーニングフィート症候群に効く6つの自然療法

2月 26, 2019
血液の循環を促す効果のある自然療法を利用し、長い1日の終わりに感じることが多い、チクチクした脚の痛みや灼熱感を伴う痛みを緩和しましょう。

バーニングフィート(灼熱脚)症候群とは、一生のうちでおそらく一度はほとんどの人が経験するであろう足の状態です。神経系の変化や怪我、体を使ったエクササイズのし過ぎなどのサインでもある、とても不快な症状です。

皮膚はわずかに赤みを帯び、チクチクする痛み、汗やその他の不快感を伴います。脚で1日自分の体重を支えることすら不快に感じるでしょう。

バーニングフィート(灼熱脚)症候群は深刻な問題ではないことが多いのですが、中には深刻な病気が隠れている場合もありますので、見逃してはいけない時もあります。

幸い、薬の力で症状を和らげることが可能です。また、薬を使わずとも、副作用なく不快感を緩和する自然療法もあります。

今日は、バーニングフィート(灼熱脚)に効果的な、脚の痛みを軽減する自然療法を6種類ご紹介しましょう。

 

1. エッセンシャルカモミールオイル

カモミール バーニングフィート症候群

リラックス効果、鎮痛効果が有名なエッセンシャルカモミールオイルは、灼熱感のある足を穏やかにする治療薬として使われます。

カモミールに含まれる物質は足の循環を促し、患部の炎症をコントロールしてくれるでしょう。

材料

  • エッセンシャルカモミールオイル 大さじ2(30g)
  • オリーブオイル 小さじ1(5g)

作り方

  • エッセンシャルカモミールオイルとオリーブオイルを混ぜ合わせる。

使い方

  • 足に塗り、5〜10分間優しくマッサージをする。
  • 必要であれば、1日2回繰り返す。

こちらもお読みください:カモミールが持つ6つの薬用効果

2. ゴーヤ(ニガウリ)

ゴーヤ バーニングフィート症候群

ゴーヤはアーユルヴェーダの世界で価値が認められている素材です。抗炎症作用や鎮痛効果がよく知られています。様々な種類の痛みを緩和する効果が期待できるでしょう。

材料

  • ゴーヤ(ニガウリ) 6本
  • 水 (必要であれば)

作り方

  • ゴーヤをみじん切りにし、水を少し加えて柔らかいペーストにする。

使い方

  • 足の痛む部分にペーストを塗り、10分おく。
  • ぬるま湯で洗い流す。これを1日2回繰り返す。

こちらもお読みください:女性のためのとっておきの媚薬6選

3. 白サンザシ

白サンザシの花

白サンザシは足の灼熱感や赤みを抑える伝統的な自然療法薬です。血流を促し、ヒリヒリするなどの不快感をコントロールしてくれるでしょう。

材料

  • 白サンザシの葉 大さじ1(15g)
  • 水 1カップ(250ml)

作り方

  • 沸騰したお湯に白サンザシの葉を大さじ1杯加え、蓋をする。
  • 10分間蒸らしてから漉す。

使い方

  • 1日2〜3回飲みましょう。
  • 足の痛み、灼熱感が消えるまで毎日続けましょう。

4. ショウガとココナッツオイル

ショウガ

ショウガとココナッツオイルを組み合わせたものには、足の痛みや炎症、灼熱感を和らげる鎮痛効果があります。

保湿効果、再生効果もありますので、循環を促し、足のだるさや重さを軽減し、皮膚を滑らかにもしてくれるでしょう。

材料

  • ショウガパウダー 小さじ1(5g)
  • ココナッツオイル 大さじ2(30g)

作り方

  • ショウガパウダーをボールに入れ、ココナッツオイルを入れて混ぜ、ペースト状にする。

使い方

  • 足に塗布し、5分間マッサージをする。
  • 洗いながす。必要であれば、1日2回繰り返す

5. マンサク水

マンサク水

マンサク水は、脚・足をリラックさせる天然のトニックです。血流の悪さからくるトラブルを緩和してくれるでしょう。

主となる活性物質が、燃えるような痛みやむくみといった症状を軽減し、血流を活性化してくれます。

材料

  • マンサク 大さじ3(45g)
  • 水 2カップ(500ml)

作り方

  • 水にマンサクを入れ、沸騰させる。弱火で5分間さらに火を通す。
  • 蓋をして蒸らし、15〜20分おく。

使い方

  • 作った液をたらいに入れ、20分足を浸す。
  • 足の痛み、灼熱感が消えるまで毎日使いましょう。

6. アップルサイダービネガー

アップルサイダービネガー バーニングフィート症候群

このナチュラルな液体には炎症を抑えてくれる効果があります。足の燃えるような痛み、バーニングセンセーションを和らげてくれるでしょう。

アップルサイダービネガーに含まれるpH酸が真菌の増殖を防ぎ、皮膚トラブルや感染を予防してくれるでしょう。

材料

  • 水 3カップ(750ml)
  • アップルサイダービネガー 1/4カップ(62ml)

作り方

  • 水を火にかける。沸騰させず温めただけの状態で火を止め、たらいに入れる。
  • アップルサイダービネガーを入れ、よくかき混ぜる。

使い方

  • 足を20分間浸し、乾かす。
  • 症状が続くようなら、1日2回繰り返す。

あなたの足は燃えるように痛みませんか? あなたはバーニングフィート(灼熱脚)症候群ではありませんか? もしそうなら、上述した自然療法を試してみてください。きっと症状が緩和されるでしょう。

  • Aguayo-Leiva, I. R., S. Urrutia, and P. Jaén-Olasolo. “Respuesta al tratamiento con alitretinoína oral en ECM refractario con eczema crónico de manos refractario al tratamiento con corticoides tópicos potentes: nuestra experiencia en 15 pacientes.” Actas Dermo-Sifiliográficas 102.8 (2011): 616-622.
  • Marques, Evair A. “Racionalidades médicas: medicina ayurvédica.” Racionalidades médicas: medicina ayurvédica. 1993.
  • Moreno, Rosa Alcázar, and Pablo Saz Peiró. “Dermatitis atópica.” Medicina naturista 2 (2000): 112-121.