新しいタイプの認知症「LATE」

7月 17, 2020

アルツハイマー病と診断された人の15〜20%は、実のところ「LATE」と呼ばれる認知症にかかっています。これは、臨床症状が類似しているため、これまでアルツハイマー病と誤診されていた認知症の一種です。専門家は、LATEの発生率が今後数年で増加すると予想しています。

この障害は主に高齢者が発症しやすく、アルツハイマー病と同様に記憶喪失を引き起こし、日常活動を行うことができなくなります。この記事では、これら2つの認知症の違いと最も重要な特性について説明します。

LATE認知症とは

新しいタイプの認知症「LATE」
LATE認知症の症状は、アルツハイマー病の症状に似ています。ただし、この場合、変異する脳タンパク質はTDP-43です。

LATE認知症はタンパク質障害であり、つまり特定のタンパク質が変化することで引き起こされます。アルツハイマー病と症状が非常によく似た認知症です。

LATEは、「辺縁型優位の加齢に伴うTDP-43脳症」を英語表記した際の頭文字を取ったものです。アルツハイマー病との違いの1つは、変化した脳タンパク質がTDP-43という点です。アルツハイマー病では、タウタンパク質およびベータアミロイドが適切に機能しません。

タンパク質TDP-43は、脳での遺伝子発現に関与しています。このタンパク質が脳内に蓄積することがこの病気の原因です。 このタンパク質が通常のものとは形状が異なる形で蓄積されてしまうのです。

変異した過剰なタンパク質は神経毒性と神経変性を引き起こします。 85歳以上の約25%で、このタンパク質が変化して症状を引き起こしています。

こちらもお読みください:早期閉経が認知症のリスクを高めるのってホント?

この病気に影響されるのはどんな人?

特筆すべきもう1つの違いは、アルツハイマー病に罹患する可能性は年齢が上がれば上がるほど高くなるわけではない一方で、LATE認知症のリスクは、特に80歳以降に発生します。

LATEという頭字語は、この病理の特徴を定義する役割も果たすのために使われるようになりました。昨今、女性の平均寿命は男性の平均寿命よりも長いので、女性はこの疾患を発症するリスクが高くなります。

80歳以上の高齢者の数は今後数年で増加する傾向にあるため、この疾患の発生率も増加します。したがって、LATE認知症は、今後数年間で公衆衛生上の問題になる可能性があります

こちらもお読みください:認知症リスクを下げるために取り入れたい5つの習慣

LATE認知症の診断方法は?

最近では、診断技術の進歩により、TDP-43タンパク質がより正確に特定されています。現在、アルツハイマー病を診断するための最も正確な手法は、脳脊髄液中のバイオマーカーの研究に基づいています。

このようなマーカーは、前述のタンパク質TAUおよびベータアミロイドです。別の診断手法として、PETスキャンなどのイメージング手法を使用し、脳内のこれらのタンパク質の蓄積を見つけることも用いられます。

しかし、ほとんどの場合、アルツハイマー病の診断は症状と臨床像に基づいています。医師が診断のために生化学的検査を要求することはめったにありません。そのため、アルツハイマー病と診断された一部の人々は、実際にはLATE認知症に患っています。

LATE認知症の場合も、アルツハイマー病の場合と同じ手法で診断するのですが、対象はTDP-43タンパク質です。変化した形のこのタンパク質の十分な量が認められれば、LATE認知症の診断に繋がります。

この病気の症状

新しいタイプの認知症「LATE」
LATE認知症の症状は、他のタイプの認知症に比べてゆっくりと進行していきます。その最終段階では、進行したアルツハイマー病に似た特徴を持ちます。

LATEの症状は、他のタイプの認知症に比べて進行が遅い特徴があります。最近の研究では、この病気は3つの段階で進行することが示唆されています。

これらの段階は、脳の患部に基づいており、不快感の増加をもたらします。これらの段階は以下の通りです。

  • ステージ1。扁桃腺病変。この段階では、患者は軽微な気分の変化に気づきます。気分の移り変わりが、時に激しく、暴力的な形で現れることもあります。
  • ステージ2。海馬の病変。海馬が侵されると 記憶喪失の兆候が現れます。これが最初の段階ではないのですが、この記憶がなくなる、というのが理由で医師に相談し始める患者が多くいます。
  • ステージ3。 内側前頭回の関与。行動の変化として現れます。患者はこれまでと同じ日常生活を送ることが困難になります。進行期のアルツハイマー病に似ています。

結論

現時点では、LATE認知症が発見されたからといって、これまで知られていた認知症の診断や治療が変わることはありません。しかし、結果として新たな研究領域を切り開くことになりました。

この病気の病因をより正確に知ることで、将来的にはそれぞれの認知症に特化した治療法の開発につながる可能性があります。

現在、有効な治療法はありませんが、これまで述べてきたように、専門家は今後、この病気の発症率は増加すると予想しているため、今後ますます重要な課題になってくるでしょう。