感情的な虐待関係を警告する5つの兆候

9月 27, 2019
感情的な虐待関係は若者の間でより一般的になっています。今回は有害な関係から抜け出すために、周りに助けを求めるべきかどうかを判断するいくつかの行動パターンをご紹介します。

若者や10代のカップルにおける感情的な虐待は、より一般的になっていますが、多くの場合、自分たちの関係が感情的な虐待関係にあることに気づいていません。

今回の記事では、助けを求めるべきタイミングを知るために必要な、感情的な虐待関係を示す兆候や警告サインをご紹介します。

この記事を読んでいるあなたは、自分は感情的に虐待されている立場にあるかもしれないと感じて読み始めたかもしれません。

ここからは気分が悪くなるかもしれませんが、大切な人があなたにとって有害な方法で、感情的に虐待していると認識できるかもしれません。

自分が感情的な虐待を受けている関係にあるとわかったら、すぐに専門家や専門機関に相談してください。

感情的な虐待関係の兆候

1.敵対的な態度

敵対的な態度は、感情的な虐待関係の主な兆候の1つです。

性的および性別のステレオタイプが原因で起こる可能性があると述べている研究結果もあります。

病的な嫉妬や、暴力が二人の争いを解決する唯一の方法であると言う考えは、感情的な虐待関係を警告する兆候の一つです。

身体的操作や精神的な操作が、感情的な虐待の形として毎日の生活の中に現れる傾向があります。

感情的な虐待関係にあるカップル

2. 感情的な虐待関係における怒りの投影

感情的な虐待関係のもう一つの兆候は、「怒りの投影」です。

常に何かに怒っている人は、その怒りを表現したいと言う衝動を持っており、その怒りであなたをはじめとする周りの人を傷つけます。

彼らの怒りの原因は何なのでしょうか?

挫折、職場での問題、または金銭的な問題などが怒りの原因と言われていますが、これはパートナーがあなたを傷つけていい理由にはなりません。

この場合は、怒りを常に感じているパートナーが医師などの専門家の診断を受けることで、自分の怒りをコントロールする方法を見つける必要があります。

気をつけて:許すべきでないパートナーからの言葉の暴力の6つの形態

3. コミュニケーションの欠如

これは1回だけ起こる出来事ではなく、時間の経過とともに徐々にそして何度も起こります。

つまり、加害者である虐待者は、自分の好きなことや嫌いなことを相手に言葉を使って伝えるのではなく、沈黙を「相手への罰」の一つとして使い始めます。

次に虐待者は、沈黙を使って相手を操作そして鎮圧します。

つまり、パートナーがあなたとコミュニケーションをとらず、沈黙を利用してあなたの気分を悪くしようとしている場合は、感情的な虐待関係にあるため、別れを決断する必要があります。

4. 相手を非難する

感情的な虐待関係にあるもう一つの兆候は、相手がすべてをあなたのせいにする場合です。

例えば、何か物が壊れたり、不快に感じることがあったり、時には職場の問題さえもあなたのせいにして責めるでしょう。

相手があなたを責める理由の中には、完全にばかげた理由もあるかもしれません。

お互いを非難する感情的虐待

この場合は相手にしないことが大切です。

そして、相手に何か責められても、自分には非難されることは何もなく、自分のせいではないことをしっかりと認識して、精神的なダメージを受けないように気をつけてください。

相手の言う言葉を信じ続けると、あなたの自尊心が完全に傷つき失われます

5. 絶対的な支配

感情的な虐待関係の最後の兆候は、パートナーからの絶対的な支配です。

お金、子供、仕事、または友人との時間を完全に支配することで、自由を奪い、自分がすべてをコントロールしようとします。

これは間違いなく、暴力的な人や虐待者の典型的な行動パターンであり、あなたがパートナーに依存しているのであれば、このような関係に陥りやすいと言えます。

この場合、相手の「慈悲のもと」にあるあなたは、パートナーが望むことはなんでも受け入れてしまう傾向があります。

こちらもご参考に:言葉の虐待の被害者に起こる6つの症状

感情的な虐待関係に別れを告げる方法

感情的な虐待関係にある場合、最初に行う必要があるのは、心理カウンセラーなどの専門家や専門機関に相談することです。

専門家はあなたの言葉に耳を傾け、状況を分析し、経験豊富な専門的な観点から、あなたとパートナーの間に何が起こっているのかを判断するのを助けます。

二人で一緒にセラピーを受けると言う選択肢もあります。

例えば、コミュニケーションが欠如している場合は、コミュニケーションを回復するセラピーなどを受け、相手をより尊重すべきならばそれを実践するためのサポートやセラピーを受けます。

ただし、相手と別れるべき状況もあります。

心理カウンセラーや専門家、そして専門機関に相談することの重要性

心理カウンセラーの診察を受けることで、あなたと周りの人との関係を改善するのに役立ちます。

さらに、感情的な虐待関係から立ち直り、学んだことを踏まえて、健全なパートナーを探す上でのアドバイスを得ることができます。

本記事が、虐待関係を早期に見つけ出すのに役立つことを願っています。

あなたが行動を起こして関係を解消するためには、自分から助けを求めに行く必要があります。

どれだけ待っても虐待をする人は変わらないことを忘れないでください。