あなたの知らないシリカゲルの利用法

8月 14, 2018
シリカゲルの利用法はたくさんあります。あなたも是非活用してみてください。

シリカゲルという名を聞いても何のことかすぐに思い出せない人もいるでしょう。乾燥剤という名で知っている人もいるかと思いますが、シリカゲルは乾燥状態を維持するために使われている、硬く小さな玉が入ったセルロースの袋です。

靴を買った時や海苔など乾燥を大敵とする食品のパッケージに入っていることで知っている人もいるでしょう。この物質には湿気を集める力があります。

シリカゲルは水晶のような透明色で、多孔性、不活性で無臭の化学物質です。水を始めどのような液体にも溶けません。
シリカゲルの利用

素晴らしい効果を持つシリカゲル。今日はそんなシリカゲルを自宅で利用する方法について見ていきましょう。

シリカゲルの利用方法

ご存知のように、シリカゲルの利用方法が袋に書かれていることはありません。つまり、普通は捨てるだけのものになっているかと思います。

シリカゲルの袋には”シリカゲル”と記載され、絶対に口にしてはいけないことが書かれています。もちろんその記載通り、食べられませんが、ほかに利用することは可能なのです。

釘

錆の予防

シリカゲルは、バスルームに置きっ放しになっているカミソリの刃を長持ちさせるのに使えます。刃に残っている湿気をとり除き、錆びるのを予防してくれるでしょう。

同じように、釘などの大工道具が錆びるのを予防するためにも使えます。大工道具箱に幾つか入れておきましょう。

濡らしてしまったスマホの回復

うっかりとスマホを濡らしてしまったという悲惨な経験はありませんか?そんな時はすぐにシリカゲルを使って湿気を取り除きましょう!

濡らしてしまったスマホをお米の中に入れると良い、と聞いたことはありませんか?実は、お米よりももっと優れているのがシリカゲルなのです。シリカゲルならあっという間に水分を吸収してくれるでしょう。

こちらもお読みください『こんなに使える!シリカゲルの使用法』

紙が濡れるのを防ぐ

古い写真の品質を保持したい時にもシリカゲルが役立ちます。時間が経つに連れて写真が退化してしまうのが嫌だという人は、写真を入れた箱にシリカゲルもいくつか入れておきましょう。

この方法は写真だけでなく、重要な書類にも使えますよ。

かばん

コートやスーツケース、リュックサックを乾燥した状態に保管する

革製品やファーのコートなどはとてもデリケートな素材でできています。そのため、特別なケアを必要としているのです。大事な革製品やファー製品がダメージを受けるのを予防するには、シリカゲルをポケットに入れておくと良いでしょう。

また、ジム用バッグにシリカゲルを忍ばせておくのも手です。湿気だけでなく悪臭も吸収してくれるでしょう。

最後に、滅多に使わないスーツケースの中にシリカゲルを入れておくと、嫌な臭いや湿気を吸ってくれるのでお勧めです。スーツケース独特の嫌な臭いが消えるでしょう。

こちらもお読みください『整理整頓が簡単に!衣類の手作りオーガナイザー』

その他シリカゲルの利用方法

上記以外にも、シリカゲルの利用方法はまだまだあります。例えば、霧で曇った車の窓ガラスの曇り取りに使えます。ダッシュボードにシリカゲルをいくつか置いておくだけで、窓ガラスの曇りが早く取れるでしょう。

さらに、ガーデニングをする人にはこんな方法もあります。種をたくさん買いすぎてしまった、という時、シリカゲルの袋を入れておきましょう。長持ちしやすく、せっかく買った種を無駄にすることもありませんよ。

もちろん、ペットフードの乾燥を保つためにも使えます。湿気の多い地域に住んでいる人はすぐに湿気てしまうことにイライラしているのではないでしょうか?是非、試してみてください。ただし、ペットフードと一緒に入れておく場合は、ペットが袋を破ってしまったり、誤飲してしまう、シリカゲルの袋が破れて中身が出てしまう等のトラブルがないよう、十分に注意してくださいね。

シリカゲルの袋

ご覧のように、シリカゲルの利用方法はたくさんあります。今度、何かの商品のパッケージの中にシリカゲルを見つけたら、捨てないで是非使ってみてください。湿気からいろいろなものを守ってくれますよ。

あなたへおすすめ