あなたは大丈夫?間違った食事習慣7選

09 2月, 2020
大切な家族や友人が乱れた食生活や間違った食習慣を維持している時、それを訂正するのは簡単なことではないかもしれません。しかし、私たちの食事が健康な体を作ることを忘れないようにしましょう。
 

食生活と健康に気を配っている人でさえ、食生活が乱れてしまうことがありますし、自分では気づかないうちに間違った食習慣を送っている人もいます。

今回は、私たちが無意識に行なっているかもしれない間違った食習慣を改善する方法について、いくつかのアドバイスをご紹介します。

よくある間違った食習慣

1. 食事計画を立てない

あなたは大丈夫?間違った食事習慣7選 ハンバーガーを食べる人

手軽なファーストフードを選びがちな人がいます。

最大80%の人がしっかりとした食事計画を立てていないことが、一部の研究から明らかになりました。

食生活のバランスが乱れると体重の増加につながるため、栄養の基礎をしっかりと学び、自分が何を食べているかを正しく理解することが大切です。

混沌とした現代社会の中では、正しく計画された食事プランが大切です。

また食品の買い物に出かけるときは、何を買うかを慎重に考えてください。

発見:地中海式食事法を始めるときに大切な基礎知識10

2. 「ライト」食品がすべて健康なわけではない

不健康な脂肪や砂糖、そして塩分の過剰摂取に気をつけていても、「ライト」や「軽い」と表示されている市販品を食べている人が少なくありません。

実はこれらの食品の多くには、塩や砂糖などが過剰に添加されています。

小腹が空いて何かを食べたい時は、野菜、果物、ナッツ、または魚などを食べてください。

 

また、すべての脂肪が有害だと考える人がいますが、これは間違っています。私たちの体が正常に機能するためには、健康に良い脂肪が必要です。

「ライト」と宣伝されている食品以外にも「ノンファット」「無脂肪」「脂肪0%」と宣伝する製品の摂取も、できる限り避けてください。

トランス脂肪酸など、健康に有害な脂肪が使われている食品は避ける必要がありますが、モノ不飽和脂肪やオメガ3脂肪酸などの健康的な脂肪は、毎日必要な量を摂取する必要があります。

3. 1日5回ダイエット

1日の食事を5回に分ける食事法を推奨している専門家がいます。

1日5回ダイエットと呼ばれるこの方法は、朝食、昼食、夕食の3つの食事に、2回の健康的なおやつから構成される方法で、3〜4時間以上の空腹状態を作らないようにすることを目的としています。

空腹時間が続くと、体内で使用するエネルギーを節約し、脂肪を蓄積することでエネルギーを摂取していない時間に備えます。

つまり、脂肪が燃焼されにくくなります。

適度な間隔で、体が必要とする栄養素を摂取することを忘れないようにしてください。

4. 朝食を抜く

あなたは大丈夫?間違った食事習慣7選 食事方法

空腹時に何も食べないと、体内はエネルギーの消費を減らして脂肪を蓄積する「警告モード」になります。つまり、必要な時に食べないと、体が脂肪を蓄積する傾向があります。

 

1日の最初の食事である朝食を抜く人は、意外と少なくありません。

朝食を抜くことで体重が減りやすくなると考える人もいますが、これは間違った考えです。

朝食は、1日を元気に過ごすためのエネルギーを提供する大切な食事です。

また、朝食以外の食事も朝食と同様に大切です。

食事を抜く習慣がある人や、「食べない」ダイエットを行なっている人は、食事を抜くことが健康に有害であるという事実を理解してください。

健康的でバランスの良い食事を行なって、体が必要とする栄養素を補給することを忘れないようにしましょう。

5. 塩分の過剰摂取

過剰な塩分の摂取は、体液貯留や血圧の問題を引き起こす可能性があります。

塩分を過剰に摂取する生活を続けると体内のナトリウム値が上昇し、腎臓と心臓の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

人間が生きるためには、一定量の塩分が必要ですが、必要量以上の塩分を体が欲しているように感じる場合は、必ず医師に相談してください。

また、適量の塩分以上に塩味が欲しいと感じる時は、塩ではなく、ハーブ、香辛料、柑橘類、唐辛子、ニンニク、酢などで風味を加えてください

6. サラダを過信しない

健康的な食事の一つと考えられているサラダですが、サラダのすべてが完全な食事ではありません。

つまり、すべてのサラダに私たちの体が必要とする栄養素が十分に含まれているわけではないという意味です。

健康的なサラダには、野菜、豆類、果物、ナッツ、そして肉や魚などのタンパク質を加える必要があります。

レタスなどにも栄養価はありますが、1日に必要とする栄養の多くを補うほどではありません。

続きを読む:健康を危険にさらさないダイエット方法

7. 動物性タンパク質の過剰摂取

あなたは大丈夫?間違った食事習慣7選 タンパク質の過剰摂取
 

健康的な食生活を維持するためには、栄養のバランスが大切なので、必ず野菜を食べるようにしてください。

食が細い子供や、イヤイヤ期で何も食べない子供、または思春期の子供がいる場合は、何でもいいから食べて欲しいと考えることがあります。

しかし、肉や炭水化物などばかり食べる食生活を避けてください。

また、動物性タンパク質は、それぞれの食事において4分の1以上を占めてはいけません。

健康的な食生活を維持するためには、バランスと彩りの良い野菜を豊富に含む食事が欠かせません。

何かわからない点がある場合は、栄養士に相談して正しい食生活を心がけてください。

 
  • Strazzullo P, D’Elia L, Kandala N, Cappucio F. salt intake, stroke, and cardiovascular disease: meta-analisis of prospective studies. Brith Med J 2009; 339: 4567-86.   
  • Ducrot, P., Méjean, C., Aroumougame, V., Ibanez, G., Allès, B., Kesse-Guyot, E., … Péneau, S. (2017). Meal planning is associated with food variety, diet quality and body weight status in a large sample of French adults. The international journal of behavioral nutrition and physical activity14(1), 12. doi:10.1186/s12966-017-0461-7
  • Lin BH, Guthrie J. Nutritional Quality of Food Prepared at Home and Away From Home, 1977–2008. Econ Inf Bull No. (EIB-105) 24 pp. USDA. 2012.