アメリカの抗うつ薬プロザックについて

12 3月, 2020
アメリカでは、プロザックという商品名では販売されている抗うつ薬について聞いたことはありますか? プロザックを服用すると、体内のセロトニン濃度が上昇します。

プロザックは、活性物質がフルオキセチンである一般的な抗うつ薬です。

最初に医師が処方した時には、うつ病の治療に役立つ革命的な薬でした。

アメリカの製薬会社であるイーライリリー・アンド・カンパニーが、1988年にプロザックの発売を開始しました。

その後すぐに他の国でも販売が開始され、その有効性と安全性が認められて多くの医師がこの薬を処方しています。

副作用に関しては後から説明しますが、かつて使われていた抗うつ薬ほど攻撃的ではありません。

販売当初、プロザックは既存の薬剤と同等の効果がありながらはるかに安全だったので、多くの医師が処方を開始しました。

抗うつ薬であるプロザックに関する興味深い事実

1988年の発売開始から8年後、イーライリリー・アンド・カンパニーは、通常の医薬品と経口用の錠剤の製造を開始しました。

錠剤の経口薬が開発されて以来、抗うつ薬であるプロザックの服用がより簡単になりました。

1999年に特許が失効する前に、プロザックの売上は3000万ドルを超えましたが、ジェネリック版が市場に出ると、この数字は約70万ドルに低下しました。

プロザックの有効成分であるフルオキセチンを製造する工場は、プエルトリコ、ブラジル、トルコにあります。

錠剤と液体の薬の工場はフランスにあります。

薬の包装をする工場は米国、中国、ブラジル、サウジアラビア、ギリシャ、トルコ、フランスにあります。

全体として、この薬は抗うつ薬という分野に革命をもたらしました。

プロザックが市場に導入されたとき、臨床試験のボランティアの数は大幅に増加しました。

こちらもご参考に:気分を改善し、うつ病と闘うのに役立つ食べ物10選

プロザックの働き

フルオキセチンは、SSRIグループに属する抗うつ薬、またはセロトニン再取り込み阻害薬です。

セロトニンは生体アミンであり、体内の神経伝達物質として機能します。

言い換えれば、気分を安定させる化学物質であり、体がセロトニンを筋肉の動き、神経、および概日リズムとともに使用することで、幸福を感じるのに役立ちます。

プロザックは、主にシナプス前膜の隣にある特定のセロトニン輸送体として作用します。

これにフルオキセチンを加えることにより、神経伝達物質の積極的な再取り込みを阻害します。

最終的に、セロトニンの量が増えることで、より多くの分子が受容体と反応し、その生物学的機能が向上します。

こちらもご参考に:脳の化学成分のバランスを取り、鬱と向き合う3つの方法

アメリカの抗うつ薬プロザックについて その機能とは

うつ病のプロザック:体内での機能

経口の錠剤である抗うつ薬プロザックを摂取すると、体を非常に簡単に移動します。

胃の中に食べ物があると吸収が遅くなりますが、その持続時間に影響は及ぼしません。

この薬は最初に肝臓を通過し、6〜8時間以内に血液に入ります。

留意すべきことの1つは、フルオキセチンが血漿タンパク質に結合することです。血漿タンパク質に結合する別の薬を服用している場合、医師に相談する必要があります。

血漿中に多くのプロザックが存在し、有毒になる可能性さえあります。

この薬は肝臓で代謝します。さまざまな反応が起こると、身体は代謝産物を生成します。

これらの中で最も重要なのはノルフルオキセチンであり、プロザックのようにセロトニンの再取り込みを阻害する働きをします。

約60%を尿として、そして残りは便として体外に排出しますが、排出する割合には個人差があります。

副作用

うつ病への効果が高いプロザックですが、議論の余地のある副作用があります。たとえば、性機能障害と尿閉は最も深刻なものです。

また、プロザックが安全だからといって、副作用がないわけでもありません。前述の2つに加えて、他の副作用は次のとおりです。

  • 口の渇き
  • 吐き気
アメリカの抗うつ薬プロザックについて 副作用

  • 減量
  • 緊張感
  • 頭痛

これらは一般的な副作用ですが、多くの場合、治療せずに自然に消えます。

最後に

プロザックは医師の処方箋でのみ服用できる薬です。決して自己判断で入手したり服用してはいけません。

また、プロザックはうつ病の化学的不均衡の側面にのみに焦点を当てているため、感情的な側面に役立つ治療法を検討したり、より健康的な生活を送る方法を学ぶことが重要です。

様々要因が、不安感や抑うつ症状ににつながる可能性があることを念頭に置くことが重要です。