赤ちゃんの髪のお手入れ:知っておきたいお役立ちアドバイス

8月 17, 2019
繊細で細い赤ちゃんの毛ですが、そのお手入れはさほど複雑ではありません。中性シャンプーで髪を洗った後はしっかり乾かせば、髪が少しずつ健康に成長するのに役立ちます。

赤ちゃんが生まれて腕に抱きしめた瞬間から、赤ちゃんの髪のお手入れが始まります。

赤ちゃんの髪は、非常に薄毛のタイプからしっかりと生えているタイプまで様々ですが、どのタイプの髪の毛であれ、適切で繊細な髪のお手入れと愛情が大切です。

赤ちゃんの髪をお手入れする方法

赤ちゃんの髪のお手入れに必要な製品 赤ちゃん 髪 お手入れ

赤ちゃんの髪は、肌と同じく柔らかく繊細です。

本記事では、繊細な赤ちゃんの髪を正しくお手入れするのに役立つヒントをご紹介します。

こちらもご覧ください:新生児をお風呂に入れる方法

1.赤ちゃんに安全な成分が含まれた製品を使用する

赤ちゃんが家に到着した瞬間から、2〜3日ごとに入浴時に髪と頭皮を洗うようにしてください。

アレルギー、発疹、かゆみなどを防ぐために、パラベンや合成香料などの有害な化学物質が含まれた市販のヘアケア製品を赤ちゃんの髪や肌に使用しないでください。

赤ちゃん用の製品の中にも、有害な物質が含まれている場合があるため、必ず成分ラベルを確認してください。

赤ちゃんには、高品質のオーガニック石鹸または液体石鹸を使用してください。

最も安全な市販の石鹸は、ブレンドした植物オイル(ミネラルではないもの)とグリセリンから作られたもので、赤ちゃんの繊細な肌を乾燥させずに清潔に保ちます。

抗菌作用のある石鹸は絶対に使用しないでください。

2. 乳痂赤ちゃんに見られる乳痂とは 赤ちゃん 髪 お手入れ

 

乳痂は新生児によく見られ、3歳まで続くことがあります。

乳痂とは、赤ちゃんの頭皮にできるべたっとしたうろこ状の斑点ができる脂漏性乳児性皮膚炎の一種です。

痛みや痒みがあるわけではありませんが、取り除くのが難しい黄色や白のうろこ状のものが発生します。

自宅で行うケアとしては、刺激成分の含まれていないシャンプーで、毎日頭皮を優しく洗う方法があります。

ウロコを柔らかくして安全に取り除く効果が期待できます。

伝染性の症状ではないことを忘れないようにしましょう。

入浴後は、柔らかいヘアブラシで髪をきれいに整えましょう。

ウロコが落ちるときに毛が付着することがありますが、これを防ぐためには、アーモンドまたはオリーブオイルで頭皮をマッサージしましょう。

3. 髪をとかして乾かす

赤ちゃんの髪が絡まらないように優しくブラッシングを行なってください。

  • よく寝るタイプの赤ちゃんの場合は、入浴後すぐに髪を乾かしてください。
  • その後、赤ちゃん用のブラシを使って優しくとかします。
  • 必要に応じて植物性オイルを使う方法もあります。

4. ファスナー、ゴムバンド、キャップを使用しない

赤ちゃん、特に女の子の髪を飾りたい気持ちもありますが、赤ちゃんの髪と頭皮が強く健康になるまでは待ってください。

特に赤ちゃんの髪が濡れているときは、髪を結ばないでください。

帽子をかぶるときは、赤ちゃんの髪が完全に乾いていることを確認してからにしましょう。

赤ちゃんの髪は非常に細いため、髪にダメージを与えるようなアクセサリーは使用しないでください。

こちらもご参考に:新生児を世話する際のアドバイス

5. 最初のヘアカット

赤ちゃんのヘアカット 赤ちゃん 髪 お手入れ

赤ちゃんの髪を切りたいと考えることもあるでしょうし、髪を切る必要があるほど髪が伸びている赤ちゃんもいるかもしれません。

ただし、赤ちゃんのヘアカットは髪型を強調するためのものではなく、伸びすぎた毛を切るためです。

そのため、できる限り最小限に抑えてください。

赤ちゃんの髪を切るのは、お風呂の後など赤ちゃんがリラックスしているときがお勧めです。

また、赤ちゃんの毛が少し抜けても心配はいりません。

ただし、ヘアカットの必要がない場合や何か疑問がある場合は、髪を切る必要はありません。

髪を切るためのハサミなどは赤ちゃんに安全なものではありませんし、元気な赤ちゃんがヘアカットの間中おとなしくしていないかもしれません。

ある文化の中には、赤ちゃんの髪が生え揃い、太くなることを祈って丸刈りにすることがありますが、これは正しい理論ではありません。

結論

赤ちゃんの髪を洗って乾かし、ブラッシングする時間を作りましょう。

最も大切なのは、赤ちゃんが楽しく快適に過ごせる毎日の暮らしであり、年齢を問わず、赤ちゃんが不快感や痛みを起こすような状況を強要してはいけません。

愛情、忍耐、そして今回ご紹介したヒントが、赤ちゃんの髪を健康にするのに役立ちます。