開いた毛穴を引き締める自然療法8選

開いた毛穴を閉じる魔法はありません。でも、ナチュラル素材を使ったパックで、角質や汚れを取り除いて肌をきれいに見せることは可能です。あなたも挑戦してみませんか?
開いた毛穴を引き締める自然療法8選
Karla Henríquez

によって書かれ、確認されています。 医者 Karla Henríquez.

最後の更新: 10 5月, 2021

開いた毛穴を閉じることは、男性女性どちらにとっても大きな課題です。開いた毛穴は体に害があるものではありませんが、見て気持ちの良いものでもありません。しかし、私たちの希望とは裏腹に、毛穴を「閉じる」ことができる療法というものは実は存在しません。

実際、スペイン人皮膚科医のバレンティン・デ・ベニート・リカ医師は、自身のブログ記事の中で肌の見た目をきれいにすることはできても、毛穴は開くことも閉じることもできない、と言います。つまり、俗に「毛穴を閉じる」と言うとき、実際は毛穴をきれいにして目立たなくすることを指しているのです。

毛穴を引き締めるために何ができる?

学術雑誌「Dermatologic Surgery」の記事によれば、開てしまった毛穴の対処法は、毛穴が開くに至った原因に大きく左右されます。そのため、原因が何かによって、皮膚科医は適切な治療法を選択します。可能性かある原因には、以下のようなものがあります。

  • 皮脂の出すぎ
  • 毛穴の周りの皮膚の弾力が失われる
  • 毛包が大きくなる

トレチノイン、ケミカルピーリング、抗アンドロゲン薬、レーザー治療などを初めとして、毛穴の問題に有効な治療法は多数あります、いずれもまず皮膚科医の判断を乞うことが必須です。

毛穴を引き締める自然な方法

しかし、開いた毛穴をきれいにして目立たなくするのに役立つ家庭療法がいくつかあります。科学的根拠には欠けますが、昔から肌の健康のお供として利用されてきたものです。

ですから、肌をきれいにして角質を取り除いてくれるとする体験談は存在します。普段のスキンケアに取り入れてみて、実際に効果があるかどうか、あなたも試してみませんか?

1. 卵とオーツ麦のフェイスパック

これらの材料は、開いてしまった毛穴の汚れを取り除くピーリング剤として働きます。「Indian Journal of Dermatology, Venereology & Leprology」の記事にあるように、オーツには抗酸化作用と抗炎症作用もあり、スキンケアの強い味方です。

洗顔する女性
オーツは肌に優しい素材です。優しく角質を取り除いてくれるため、ピーリング剤としてよく使われます。

材料

  • 卵白 1個
  • オーツ麦 大さじ2

作り方

  • 卵をしっかりとかき混ぜたらオーツ麦を加えます。
  • ペースト状になったら、洗顔後の顔に塗ります。
  • 角質除去のために円を描きながらマッサージします。
  • ぬるめのお湯で洗い流してください。
  • 週に2回行いましょう。

2. きゅうりのパック

きゅうりは美肌のためによく使われる素材です。科学的裏付けには欠けますが、栄養があって肌に使っても安全であることは確かです。

学術雑誌「Fitoterapia」によると、きゅうりには肌の荒れを鎮める抗酸化物質が含まれています。また、開いた毛穴を引き締めて目立たなくするのにも有効だといわれています。

材料

  • きゅうり 1本
  • コーンスターチ 大さじ2

作り方

  • きゅうりの皮を剥いたら、ミキサーに入れて混ぜます。ミキサーがない場合はおろしてください。
  • きゅうりとコーンスターチを容器に入れます。
  • しっかりとしたペースト状になるまで混ぜます。
  • 洗顔後の顔に、円を描くように塗ってください。
  • 15分間このままにしたら、ぬるめの湯で洗い流します。
  • その後、お手持ちの保湿クリームを塗ります。

3. アーモンドパック

 

ナッツ類には、抗酸化物質としてスキンケアに有効なビタミンEが含まれています。「Indian Dermatology Online Journal」の記事によると、ビタミンEは日光やフリーラジカルのダメージから肌を守ってくれます。

前述したとおり、毛穴が広がる一つの原因は、肌の弾力が失われることであるため、ナッツを使った療法には効果が期待できます。さらに、ピーリング剤として毛穴にたまった汚れを落とすのにも良いと言われています。

アーモンドで毛穴引き締め
アーモンドパウダーは、肌の角質除去や毛穴の汚れを落とすのに最適です。週に二回まで利用できます。

材料

  • アーモンド 1/3カップ
  • 水 大さじ3

作り方

  • アーモンドを粉状にします。
  • 水と混ぜたらペースト状にします。
  • 円を描くように顔に塗ります。最初は鼻から始め、頬、おでこ、そして顎へと移動してください。
  • 20分間このままにした後、ぬるま湯で洗い流します。
  • 1週間に2回繰り返してください。

4. トマトローション

Skin Pharmacology and Physiology」という雑誌に最近掲載された研究で、トマトに含まれる栄養素が紫外線から肌を守ってくれる可能性が指摘されています。さらに水分量が多く、肌を保湿して柔らかくし、毛穴をきれいにするのに最適です。

  • シャワーの後、自家製トマトジュースを化粧用コットンに含ませて顔に塗るだけです。
  • 毎晩続けてください。

5. 乳清

 

乳清は肌の汚れを落としてくれるという体験談があります。毛穴を引き締めてきれいにするのに良いオプションです。

  • 就寝前に洗顔し、化粧用コットンで乳清を顔に塗ります。
  • 20分間そのままにしたら、ぬるま湯で洗い流してください。
  • 乳清がなければ、砂糖不使用の飲むヨーグルトも使えます。

6. バナナパック

スキンケアでは、肌を保湿してきれいにするのに、熟れたバナナが良く使われます。定期的に使うことで肌をきれいにし、毛穴の広がりが原因で起こる肌のテカりも抑えてくれます。

バナナパック
バナナは柔らかく栄養価も高く、肌に安心して使える素材です。また、開いた毛穴を目立たなくする効果もあると信じる人もいます。

材料

  • バナナ 大さじ1
  • ぬるま湯 大さじ2

使用方法

  • 容器の中にバナナとぬるま湯を入れます。
  • ペースト状になるまでしっかりと混ぜてください。
  • ピーリングのために円を描くように顔に塗ります。
  • 20分間そのままにした後、冷水で洗い流してください。

7. パパイヤパック

 

West Indian Medical Journal」に掲載された研究で、パパイヤが皮膚の傷の回復を助けることが指摘されています。まださらなる研究が必要ですが、肌を柔らかくしてきれいにするのに効果的だとする体験談もあります。

  • パパイヤの皮の内側を顔に塗ります。
  • 15分間そのままにした後、ぬるま湯で洗い流します。

8. ハチミツパック

ハチミツは様々な皮膚科医療の研究で取り上げられている素材です。「Asian Pacific Journal of Tropical Biomedicine」に掲載された研究では、その抗菌作用と抗炎症作用が肌に有効である可能性が指摘されています。

材料

  • オーツ麦 大さじ1
  • ハチミツ 大さじ2

作り方

  • オーツ麦を容器に入れたら、少しずつハチミツを注ぎます。
  • しっかりと混ぜてください。
  • 洗顔後、しっかりと顔を乾かしてから、鼻からおでこにかけて塗ります。
  • その後、頬と顎にも塗っていきます。
  • 15分間そのままにした後、ぬるま湯で洗い流します。

毛穴を引き締めるためのキーとは

毛穴を閉じることができる奇跡の療法などありません。むしろ、毛穴を閉じるのは不可能です。私たちができるのは、肌をきれいにしてできるだけ毛穴を目立たなくすることです。ここで紹介した方法の中から好きなものにトライして、肌をきれいに見せましょう。

こちらの記事もおすすめです。
小鼻の毛穴の黒ずみを取り除く自家製ピーリング3選
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
小鼻の毛穴の黒ずみを取り除く自家製ピーリング3選

小鼻の毛穴の黒ずみは、皮脂が鼻腔に蓄積され少しずつ硬くなり、空気にさらされることで黒く酸化したものです。無害ですが、綺麗なものではありません。自家製ピーリング剤を使ってこの黒ずみは取り除くことができます。今回は、小鼻の毛穴の黒ずみに効くピーリングについて、詳しく見ていきましょう!



  • Lee, S. J., Seok, J., Jeong, S. Y., Park, K. Y., Li, K., & Seo, S. J. (2016, March 23). Facial pores: Definition, causes, and treatment options. Dermatologic Surgery. Lippincott Williams and Wilkins. https://doi.org/10.1097/DSS.0000000000000657
  • Dong, J., Lanoue, J., & Goldenberg, G. (2016). Enlarged facial pores:An update on treatments. Cutis98(1), 33–36.
  • Pazyar, N., Yaghoobi, R., Kazerouni, A., & Feily, A. (2012, March). Oatmeal in dermatology: A brief review. Indian Journal of Dermatology, Venereology and Leprology. https://doi.org/10.4103/0378-6323.93629
  • Mukherjee, P. K., Nema, N. K., Maity, N., & Sarkar, B. K. (2013, January). Phytochemical and therapeutic potential of cucumber. Fitoterapia. https://doi.org/10.1016/j.fitote.2012.10.003
  • Groten K, Marini A, Grether-Beck S, et al. Tomato Phytonutrients Balance UV Response: Results from a Double-Blind, Randomized, Placebo-Controlled Study. Skin Pharmacol Physiol. 2019;32(2):101–108. doi:10.1159/000497104
  • Hewitt, H., Whittle, S., Lopez, S., Bailey, E., & Weaver, S. (2000). Topical use of papaya in chronic skin ulcer therapy in Jamaica. West Indian Medical Journal49(1), 32–33.
  • Mandal MD, Mandal S. Honey: its medicinal property and antibacterial activity. Asian Pac J Trop Biomed. 2011;1(2):154–160. doi:10.1016/S2221-1691(11)60016-6

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。