愛する人の浮気が発覚した時の/対処法

1月 5, 2016
愛する人に裏切られた痛みを癒すにはとても時間がかかります。ずっと心に傷を負ったまま生きることもあります。けれど、立ち直るチャンスはあるのです。怖くても、傷を癒す努力をしてみませんか。

最初の浮気には罪悪感が伴わないことがあります。パートナーに対する信頼が粉々に砕かれ、自分の価値が地に落とされたように感じることでしょう。では、愛する人の裏切りが発覚した時、どんな態度をとるべきなのでしょうか。最善の選択とは何でしょう。

裏切り行為の発覚

浮気は、予想もつかないような時に発覚するものです。パートナーの携帯の着信履歴やメールのやりとり、写真などといったものが、浮気を証明する確たる証拠になります。

これだけは確かですが、浮気はたいてい被害者の自尊心を直に傷つけます。被害者はパートナーに対して怒りや悲しみを感じるだけでなく、裏切り行為に対して憎しみをぶつけ、自身が辱しめられたように感じるものです。だから、になりやすい傾向があります。では実際、どうすれば良いのでしょうか。何が最も賢明な対応なのでしょう。

 

浮気に対する通常の反応とは

失恋2

浮気に対する反応は、いくつかの要因によって違ってきます。

浮気の期間   衝動的に起きたのか、長期にわたって裏切り行為を続けていたのか。

互いに責任があるのかどうか   パートナーをないがしろにしなかったかどうか。

浮気を認めるか   発覚後も否定するのか、認めて後悔しているのか。

人格を問われる   浮気に対する反応で、被害者側の人格がわかってしまう。

 

それでは、浮気を知った時に被害者がとりやすい行動をチェックしてみましょう。

誰かを責める

これは最もとりやすい行動です。誰かを責めずにはいられないという感情を抑えきれません。浮気した張本人に全部責任を押し付けて責めるか、浮気相手を糾弾します。誰かを責めることで、裏切られた痛みを紛らわすことができますが、最後にはたいていの場合、パートナーと別れるか、許してよりを戻します。

報復する

 浮気したパートナーに復讐してやろうと考える人も大勢います。彼らはこの先パートナーと別れるか、関係を終わらせるつもりなのでしょう。もしかしたら、別れずにこれからも関係を続ける人もいるかもしれません。いずれにしても、今度は自分が誰かと浮気して、浮気される痛みをあたえてやろうと思っている人がいることは間違いありません。

許しを与える

これだけは明確にしておきますが、許すからといって関係を修復できるわけではありません。パートナーとはこれまで通り関係を続けていくことができますが、許すから浮気した事実を忘れてくれるわけではないのです。浮気したことを後悔しているから、許してやり直そうとすることがありますが、簡単にはいきません。しかしレアなケースではありますが、すっかり元通りの関係に戻せることもあるのです。浮気した本人が心から悔いて許しを求めた場合、謝罪を受け入れ許しを与えることができます。しかしこれも簡単なことではありません。なぜなら、浮気を繰り返される可能性もゼロではないからです。

新たな関係に発展する

驚くかもしれませんが、パートナーの浮気を機に、二人の結びつきがより強まるケースがあります。互いをより深く知ることで、感情的にも肉体的にも結びつきが強まるのです。彼らは互いを失うことを恐れ、浮気していた側とされていた側がよくよく話し合って何が問題であったか明らかにすることで、事態を収拾することができるのです。これは本当にレアなケースですが、可能性がないことではありません。

決別する

これは避けがたく、また、よく理解できる選択です。浮気は、倫理的に守るべき両者間のパートナーシップを裏切る行為です。パートナーの感情や自尊心、人格を著しく傷つける行為です。多くの人は許すことができませんし、また、許されるべきではありません。ほとんどの場合、浮気をすればパートナーとの関係は壊れます。

浮気が発覚した後にどうすれば良いのか

失恋3

実のところ、最善とか最悪と言える対応策はありません。一番良いのは、感情のバランスをとって、自身を冷静に保つように努めることです。浮気された痛みは時間が経っても忘れられませんし、癒えることもありません。どこかでその事実を受け入れ、自分自身に折り合いをつけなくてはならないのです。常に誰かに裏切られるかもという不安がつきまといます。浮気したパートナーを許すことで少しは気持ちが落ち着きますが、誰でもできるわけではありません。重要なのは、一度休憩して、心の回復を待ってあげることです。

もしあなたが、浮気はこの一度だけで次からは決して起こらないと考えることができるなら、ぜひ次のチャンスを探してください。誰にでも次のチャンスがあるのです。しかし、浮気した人は、自分の行いを心から反省し、信頼を取り戻すための努力が必要です。

もし浮気したパートナーを許せて、これからも関係を続けることができると思うなら、許してあげましょう。逆に、自尊心を粉々にされ心がバラバラになってしまったと考えるなら、浮気したパートナーと距離を置いて関係を終わらせてください。そろそろ絶望から立ち直りましょう。目の前に希望に満ちた世界が広がっているのですから。

あなたへおすすめ