より幸せに過ごす為の/8つのアドバイス

· 10月 8, 2015
憎しみやネガティブな感情を持たないようにしましょう。あなたの夢や希望をかなえる邪魔になるだけです。

幸せとは、人間が持っている感覚で最も充実したものだといえるかもしれません。

良い事も悪い事も含めて日々我々に起こる様々な出来事を経験し乗り越えていくための力を与えてくれます。

人が悲しくなったり、落ち込んだりするのは当たり前のことですが、そのような毎日の中でも、活動的で幸せなに過ごすことができます。

すべてはあなた次第です。

今回は、より幸せに日々を過ごせるように考え方を変えるコツをご紹介します。

こちらもご覧ください:幸せになるための古代の知恵3つ

新しい事を探してみましょう

毎日同じ生活を送っていると、退屈になったりうんざりして、楽しみを見いだせなかったりしますよね。

そんな時には、周りの環境を変えてみてはどうですか?

新しいスポーツを始めてみたり、行ったことのない場所に行ってみたり、友達の輪を広げてみたり、長い事会っていない友人を訪ねてみても良いですね。

rollerblade

 

今挙げたことをイメージしてください。

どうですか?

今よりもっと楽しい毎日を過ごせそうではないですか?

新しい服を着てみたり、髪を切ったりヘアカラーを変えたり、今までとは違った事をするとなんだか生まれ変わった感じがしますよね。

こうした変化は、他人のためにするのではなくて、自分がしたいからする、どういう自分になりたいのかを考えるのが何より大切です。

堂々として心地よくより輝いた自分。それ幸せに反映していくのです。

こちらもご覧ください:自分を好きになる方法

自分自身の判断

judgement

社会に、皆が共に過ごして行くためのルールが必要なのはもちろんですし、既成概念があるのも当然です。

しかしそれとは別に、あなたの個人の考え方や生活スタイルもあります。

そんな個人の意思をきちんと主張することができていますか?

幸福な気持ちは、これら社会のルールに従っていさえすれば得られる訳ではありません。

自分に自信を持ってください。

家族や友人はあなたが必要な時にあなたに最善なアドバイスをくれるでしょうが、最終的な判断はあなたにあるのです。

周囲の人をありのままに認める

hand-2

私たちの周りには、自信をなくさせたり、イライラさせたり、気持ちよく「はい、いいよ」って了承出来ない人がたまにいますね。

そんな人が友人や家族、そして職場の中にいるのなら、寛容と我慢が最適な対応ではないでしょうか。

幸せになろうとしているのに、怒ったり腹立たしい気持ちを持っていては、それが遠のいて行ってしまいますからね。

人は皆、良い所と悪い所を持ち合わせています。

こうした周りの人の悪態などには注意を引かれないようにして、あまり気にしないようにするといいでしょう。

悪い感情は抱かないように

heart-3

悪い感情やネガティブな感情は、あなたの体や精神を傷つけてしまうため、こうした感情はなるべく持たないようにすると良いでしょう。

ネガティブなものは体に入れないようにして、あなたを傷つけるような人からは距離を置きましょう。

ネガティブな感情は、夢や希望をかなえる障害物といえますが、簡単に克服できるものでもあるのです。

プランを立てましょう

Keikaku wo tateru

もし、あなたが、どこからともなく良い事や幸せが舞い込んでくるのをいつも待っているようでは、幸せな生活や充実した毎日は遠いのではないでしょうか。

短期、長期的なゴールを決めてみてください。

今後数年で仕事、家庭や経済状態を含めてどんな生活を送りたいのか、考えてみましょう。

笑いましょう

smile

喜びと共に生きる、というのは幸せでいることにもっとも重要です。

笑うと、体内で血管の拡張を刺激してストレスと闘ってくれるエンドルフィンが放出されます。

毎日の一秒一秒を大切に楽しんで過ごしましょう。

他人の成功を喜び、さまざまな状況のポジティブな面を見ていくようにして、人生がどれだけ美しいか感じてみましょう。

楽しい事は100%楽しむ

family-2

お金があったり、旅行したり、快適さに囲まれていることだけが幸せではありません。

日常の小さなことで私たちを幸せだと感じさせてくれることはいくらでもあります。

好きな物を食べたり、映画やお酒を楽しんだり、お風呂でリラックスしたり、家族や大切な人ともっと一緒に過ごしたりなど、こうしたささいなことが、あなたの人生はあなたが思っているよりもずっとステキなんだと教えてくれることでしょう。

加工食品を避け自然な食品を口にする

加工食品は、慢性疾患を引き起こしたり、ストレスを増加させたり肥満や消化不良を起こします。

また、仕事や勉強の質を下げたりもします。