愛は所有することではない

6月 17, 2018
誰かを愛するというのは、相手を所有することではないと理解すると、恐怖感や服従なしに、充実した関係を築いて楽しむことができます。

恋に落ちると、相手が自分の人生の大部分を占め、相手から離れたくないように感じます。この感情は時として必要な感情ですが、相手を所有しようとせず、心から愛することを学ぶ必要があります。

誰かを愛するあまり相手の行動や人生までもコントロールしたいと感じることがあります。しかし相手の考え方や性格を変えることで、二人の関係が安定するという危険な考えに陥るリスクがあります。

まず、あなたの愛が有毒な愛か健康な愛かを評価しなければなりません。

愛があなたの中で苦痛を引き起こしている場合、その関係をおそらく終わらせなければならないという事実を受け入れる必要があります。

別れ

別れ

別れは非常に苦痛であることを誰もが知っています。 別れを経験するときには多くの悲しみが伴います。

相手と別れるときはできるだけ相手を思いやる方法で関係を終わらせることをおすすめします。不可能に思えるかもしれませんが、相手をできる限り傷つけないように別れることが大切です。

心から愛している人と別れなくてはいけないという事実を受け入れるのは難しいかもしれません。 しかし、相手はあなたの所有物ではないため、愛することは所有権を意味するものではないとを理解しなければなりません。

愛情のある関係は、両者の相互決定で成り立つべきです。相手が愛情のある関係を望んでいないとき、またあなたが相手との関係を望んでいないとき、関係を強要することはできません。

相手が愛情のある関係を望んでいないなら、それを放棄するという選択をする必要があります。

愛する人と別れるときに直面する感情

愛する人を手放すことはとても苦痛であり、 克服しなければならない様々な感情が伴います。

本当の愛であればこそ、どうして相手と別れなくてはいけないのかを理解することは困難です。

愛する人と別れるときに直面する感情は、不眠症などの精神面の問題から心臓の問題などの身体的な苦痛まで様々な不快な症状を引き起こします。

不快な症状のいくつかをご紹介します:

  • 頭痛
  • 食欲減少
  • 気分の低下
  • 深刻なうつ症状

最高の決断:愛は所有するものではない

最高の決断

愛する人との別れから完全に回復するためには、苦しみを伴いますが、そのプロセスをすべて経験しなくてはいけません。

別れの悲惨さの中で毎日の生活を送るのではなく、悲しみのすべてを経験して立ち直ることが大切です。

何が起こったのかをしっかりと理解し、愛する人の幸せを願うことが大切です。

別れを受け入れるのは簡単なことではありませんが、苦しみの中で毎日の生活を送るよりも、かつて愛した人の幸せを願う方がはるかに良いことを理解してください。

別れとそのプロセスを受け入れることで、別れに直面して正しい決断を下すことができます。

時間の経過とともに落ち込んでいた気持ちが癒されます。 愛した相手が自分の人生の一部ではなくなっても、あなたが愛している人の幸せは心の慰めになります。

相手との関係で学んだことや経験は非常に貴重であり、時間の経過とともに美しい思い出だけが残ります。

あなたの愛した相手のおかげで、あなたは本当の愛を知ったことを忘れないでください。

愛が永遠に続くように感じることもありますが、現実の世界では常にそうであるとは限りません。

新しい関係を始めるときは、常に肯定的な考えから始め、相手を所有しているわけではないと思い出してください。

人生には多くの出来事やプロセスがあり、愛する人との関係はその中で起こる出来事の一つです。

二人の関係が始まったときに、別れを想像するのは難しいかもしれませんが、いつか訪れるかもしれない最悪の状況に備えておくことが大切です。

人生とは一連の出来事であり、自分の人生に起こる出来事に後悔することなく、毎日を楽しく過ごしてください。

一時的な別れまたは一生の別れ

別れのとき

人生の中では、驚くような出来事が起こります。一度別れた二人が再び結びつくことがあります。

運命というものがあるならば、お互いの道はいつも一つに戻ります。

最も大切なことは、過ちを分析して学び、二人の関係が再開するときの強みと見なすことです。これにより別れた二人が再び愛し合うことになった場合でも、二人が別れていたときに失われた情熱を取り戻すことができます。

また二人の別れが一生の別れとなったとしても、相手を常に尊敬し、素晴らしい愛を体験することができたことを感謝することが大切です。

 

あなたへおすすめ