健康的に見えて実は体に悪いスナック5選

最近はいろんなお店でたくさんのダイエット商品を見ます。しかし、「健康的」と謳うスナックの多くは、実際には超加工食品です。この記事で詳細をご覧ください!
健康的に見えて実は体に悪いスナック5選

最後の更新: 17 10月, 2021

超加工されている食品は、ファーストフードやレトルト食品だけではありません。「健康的」と謳うスナックの中には、実際にはそれほど健康的ではないものがあるとご存知でしたか? この記事では、実は超加工された5つの実は体に悪いスナックを紹介します。

そのような製品を認識して、食べる量を制限できるようにすることが重要です。なぜそういった食事の仕方をお勧めするかというと、超加工食品を多く食べると、肥満や、心臓血管の問題や糖尿病などの非感染性疾患を引き起こす可能性があるためです。

超加工食品

超加工食品とは、人工的に風味付けされた成分や添加物が数多く含まれている食品です。さらに、それらは添加された糖、安定剤、および防腐剤を含む傾向があります。

加工された食品と聞くと、ファーストフード、パッケージ食品、そしてエナジードリンクを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、実際にはもっと多くの製品が超加工されており、健康的な製品を装っているものもあります。

健康を気にして、 健康的な食事をしたいという願望は、社会でますます一般的になっています。そして、その注目度のために、食品業界は健康的な製品を促進する機会を見出してきました。さまざまな製品が健康的だと謳います。

実に多くの製品が、身体的および精神的健康を促進する栄養素を含むと強調しています。しかし、実際の成分に注意を払って見ましょう。一見健康的でも、超加工されたスナックがたくさんあることを忘れないでください。

超加工食品 スナック

実は超加工された5つの「健康的な」食品

すでに見てきたように、これらのタイプの製品は非常によく見られます。注意して食べるべき製品をいくつか挙げます。

1.グラノーラやエナジーバー

これらはおそらく最も一般的なフィットネス食品の1つであり、軽食として食べる人も多くいます。エネルギーを補給するための便利かつ持ち運びが簡単な方法だからです。

これらの製品の成分1つ1つは問題ではありませんし、むしろそれ自体は健康です。 問題は、これらのバーが蜂蜜、シロップ、ブドウ糖や果糖の形で大量の糖分を隠していることです。

したがって、このスナックは瞬時にエネルギーをチャージするには最適ですが、腹持ちは悪く、長い間満腹を感じるのは難しい食品です。

こちらもお読みください: 砂糖が精神力を改善するってホント?

2.プロテインバー

グラノーラバーとは異なり、プロテインバーはタンパク質含有量が高くなっています。したがって、運動後に食べたり、タンパク質摂取量を増やすために食べられることが多いです。

ほとんどの場合、プロテインバーは牛乳または卵由来のタンパク質で作られています。しかし、中には、多くの砂糖と飽和脂肪を含んでいるものもあります。時には、チョコレートバーよりも多くの砂糖が含まれているものさえあります。

3.食物繊維豊富なビスケットやシリアル

ヘルシーなビスケットやシリアルはとても人気があります。食物繊維が多く含まれているだけでなく、砂糖も多く含まれているためです。

さらに、食物繊維が豊富なビスケットに関して言えば、それらの多くには、体に良くないどころか悪影響のトランス脂肪酸が含まれています。

したがって、これらの製品を購入する前に、製品ラベルをよく読んでおく必要があります。気をつけて選べば、健康的として宣伝されているものよりも実は栄養成分が優秀な製品が見つかることも多いと思います。

4.高タンパクの焼き菓子

低糖質ダイエットの人気がますます高まっているおかげで、市場に出回っている最近の製品もそのトレンドに乗っかっています。ダイエットをしている場合や、健康上の問題を避けたい場合は、そんな製品を食べる人も多いでしょう。

タンパク質が多いと謳うけれど実は超加工食品の中には、ドーナツ、クッキー、パン、クロワッサン、ロールパン、そしてあらゆる種類のおいしい甘いスナックがあります。

その何が問題かと言うと、まず、人工的に追加されたフレーバーと防腐剤がたくさん含まれている点です。想像以上の量が含まれていることがほとんどです。

2番目の問題はそれらの栄養成分です。一般的なバージョンよりも多くのタンパク質を含んでいたとしても、全体的な栄養価はあまり健康的ではありません。一見健康そうに見えるので、つい食べ過ぎることになり、かえって健康に害を及ぼす可能性があります。

5.プロテインシェイク

長い間、プロテインシェイクを飲むのはアスリートだけでした。しかし、最近では、ボディメイクや料理をする時間がない人を対象として売り出されています。

作りやすく、持ち運びに便利で、すぐに飲むことができます。しかし、ものによっては、エナジーバーやプロテインバーと同じ栄養素の問題があるものもあるのです。

こちらもお読みください: 美味しいパパイヤスムージーのレシピ3選

超加工食品を避けるべき理由

何年もの間、栄養と健康の専門家たちにより、超加工食品を過剰に摂取することについて警告されてきました。なぜこの問題は脚光を浴びているのでしょうか? 懸念の理由は何なのでしょう? なぜ避ける必要があるのでしょうか?

まず、栄養価が問題です。とるべき栄養の不足と言うべきでしょう。健康を保ち幸福度を促進するために必要とする基本的な栄養素がほぼ含まれていません。これらの栄養素は例えば、炭水化物、健康的な脂肪、繊維、ビタミン、ミネラルです。

代わりに、これら超加工食品には、大量の塩分、添加糖、飽和脂肪およびトランス脂肪酸が含まれています。また、カロリーが多い傾向があります。

そして、これらの製品に関連するマーケティングは、消費者にたくさん食べることを奨励しています。その結果、一見健康そうな商品を皆が買い求めて消費するのです。

そして、継続的な摂取は、長期的な健康問題につながる可能性があります。過去数十年にわたって、科学的エビデンスは、超加工食品と有害な結果との関連性を示してきました。

たとえば、2020年に公開された論文では、下記の問題が明らかになりました。

  • 太りすぎや肥満の有病率が高く、肥満度指数も高い。
  • メタボリックシンドロームとそのすべての要因のリスクの増加:高血圧、高血糖、高血中脂質。
  • 心血管疾患、動脈疾患、脳血管疾患の発生率が高い。
グラノーラバー 超加工食品を避けるべき理由

実は超加工された「健康的な」スナックを食べたくなったら

超加工食品は、糖分、低品質の脂肪、塩分が多く含まれていることが知られています。 また、食物繊維、ビタミン、ミネラルは十分に含まれていません。

昨今、多くの企業が、自社の製品が健康的な栄養素の優れた供給源であり、健康と幸福を促進すると謳っています。ただし、これらの栄養素はスナックではなく新鮮な食品から摂取するのが常に最善です。

スナックを適度に食べることは有害ではなく、むしろ健康に役立つかもしれないことを覚えておいてください。自分で購入して食べている製品に注意を払い、毎日の食事の一部にはしないようにしましょう。

これらのスナックを時々食べたい場合は、製品ラベルを読んで、成分を賢く選択することをお勧めします。状況によっては、簡単に作ることができ、持ち運びが簡単な自家製の代替品を探すのもお勧めです。

こちらの記事もおすすめです。
職場に持って行きたい健康的なスナック6選
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
職場に持って行きたい健康的なスナック6選

健康的な食生活を目指していても、仕事中にお腹が空いた時についつい不健康な食品に手を出してしまうことがあります。でも心配は無用です。手軽に用意ができて、職場に持っていくことができる美味しいスナックがあります。今回は、職場に持っていきたい健康的なスナックを6つご紹介します。



  • Elizabeth L, Machado P, et al. Ultra-Processed Foods and Health Outcomes: A Narrative Review. Nutrients. Junio 2020. 12(7):1955.
  • Fiolet Th, et al. Consumption of ultra-processed foods and cancer risk: results from NutriNet-Santé prospective cohort. The BMJ. Febrero2018. 360:k322.
  • Marti A. Ultra-Processed Foods Are Not “Real Food” but Really Affect Your Health. Nutrients. Agosto 2019.11(8):1902.
  • Rauber F, et al. Ultra-Processed Food Consumption and Chronic Non-Communicable Diseases-Related Dietary Nutrient Profile in the UK (2008⁻2014). Nutrients. Mayo 2018. 10(5):587.